最新記事

テクノロジー

噂のハッカー集団、アップルを試し撃ち?

ソニーやCIAを震撼させた国際的なハッカー組織が、万全のセキュリティを誇るアップルに掛けた「小規模」攻撃の真意とは

2011年7月5日(火)18時04分

鉄壁 iCloud発表から間もない攻撃のタイミングには不安もよぎったが(6月6日) Beck Diefenbach-Reuters

 7月3日、ハッカー集団が「アンタイ・セク(反セキュリティーの略語)」と称したサイバー攻撃をアップル社に仕掛け、サーバーから盗んだ個人情報をネット上に公開してみせた。世界各国で相次ぐ政府機関や企業を狙ったサイバー攻撃が、ついにIT業界の頂点に君臨するアップルにも及んだわけだ。

 犯行を行ったのは、各国の政府関連サイトを狙う国際ハッカー組織「アノニマス」と、ソニーやCIA(米中央情報局)を攻撃し、先月突然に解散を発表した「ラルス・セキュリティー」という2つのハッカー集団。彼らはアップルの社内関係者のユーザー名とパスワードや、同社のサーバへのリンクを含む文書などもネット上に流出させた。

 狙われたのは、アップルの顧客情報ではなく、同社がオンライン調査用に使っているサイト。攻撃を受けた翌日、このサイトにアクセスするとエラーメッセージが表示され、接続できない状態となった(アップルの広報担当者はコメントを拒否した)。

 流出した情報は、アップルの音楽配信サービス「iTunes」が保有する2億人以上のクレジットカード情報につながるものではなかった。同社が推進するクラウド・コンピューティングのiCloudとも連動していない。それでも今回の攻撃は、ラルズ・セキュリティーの解散発表後も大企業を狙ったサイバー攻撃が続くことを示していると、英フィナンシャル・タイムズ紙は指摘する。

「他で忙しいから心配するな」のメッセージ

 アノニマスは盗んだ情報をテキスト共有サービス「ペーストビン・ドットコム」に公開した上、そのリンクをツイッターに流し、次のようにつぶやいた。「大して本気ではなくとも、アップルも標的になり得るということだ。だが心配するな。我々はもっと他のことで忙しい」

 アップルに関する噂をまとめたサイト「9to5マック」では、今回の情報漏えいは大した被害ではないという見方が一般的だ。だが、今回の攻撃は今後に向けた「警告」だという見方もできる。

 ハッカー集団は「他で忙しい」ため、今のところアップルに厄介なトラブルをもたらす意図はないというが、だからといって今後もずっと安心とは限らない。ツイッターの文面には、アップルがハッカーを苛立たせる行動に出れば、より大規模な攻撃を仕掛けるというメッセージが込められていると、ニュースサイト「ZDネット」は指摘する。


 アップルが何らかのきっかけを提供すれば、同社は今後ますますハッカーの標的とされるだろう。iTunesの顧客情報を持っている同社は、悪意に満ちたハッカーにとって格好の標的だ。アップルが大規模なハッカー攻撃を受ければ、ソニーやAT&T、CIAへの攻撃とは比べ物にもならない大ニュースになるだろう。


 もっともフォーチュン誌は、サイバー攻撃がアップルにとって深刻な脅威となるという説を一蹴している。


 スティーブ・ジョブズがiCloud計画を発表してから1カ月も経たない中でのサイバー攻撃の報道は、確かに不安を掻き立てた。(中略)だがiTunesのデータベースのセキュリティーは、アノニマスやラルズ・セキュリティーの侵入を許したソニーやCIAとは比べ物にならないほど鉄壁だ。

 立ち上げから8年経った今も、iTunesやアップル・ストアがハッキング被害を受けたという確たる情報はない。先週末の騒ぎも、被害からは程遠いレベルだった。


GlobalPost.com特約

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米バークシャー、中国BYD株を再び売却 3980万

ビジネス

ECB、市場の円滑な機能注視=独仏利回り差拡大でラ

ワールド

プーチン大統領18日訪朝、24年ぶり 関係強化の動

ビジネス

武田薬品のてんかん治療薬、後期治験で主要目標達成で
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 5

    FRBの利下げ開始は後ずれしない~円安局面は終焉へ~

  • 6

    顔も服も「若かりし頃のマドンナ」そのもの...マドン…

  • 7

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 8

    なぜ日本語は漢字を捨てなかったのか?...『万葉集』…

  • 9

    中国経済がはまる「日本型デフレ」の泥沼...消費心理…

  • 10

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 9

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 10

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中