最新記事

米社会

シニアもセックスに夢中

高齢男性の40%、女性の17%が定期的にセックス。ベビーブーマーが老人ホームを「性の楽園」に変える日も近い

2010年11月9日(火)13時48分
ジョン・タッカー

『ラブ・ランチ』で、65歳の女優ヘレン・ミレンが演じたのは初老の売春宿の女主人。熱いベッドシーンを披露しただけでなく、ミレンは映画のプロモーションのためトップレスでニューヨーク誌に登場、ネット上で称賛を浴びた。

 ミレンはセックスに積極的な今どきの高齢者の象徴だ。「高齢者はセックスに関心があり、おそらく実際にセックスするケースも増えている」と、シカゴ大学老化研究センターのナタリア・ガブリロバは言う。ガブリロバらの研究によれば、75~85歳の男性の40%近く、女性の17%近くが定期的にセックスをしており、さらにそのうちの男性の71%、女性の51%が質の高い性生活を送っているという。

 全米退職者協会(AARP)の調査では、45歳以上の40%が1カ月に最低1回はセックスをしている。カリフォルニア大学サンフランシスコ校の研究は、高齢の女性の場合、セックスの回数が減るのは性欲がないからではなく、健康上の理由が原因かもしれないと示している。

 これまでセックスに関する研究で高齢者が見落とされてきた背景には、高齢者に対する差別もあるようだ。「高齢者はセックスをしないと研究者が決め付けていた可能性がある」と、調査を実施したカリフォルニア大学サンフランシスコ校のアリソン・ホアンは言う。

 研究報告を待つまでもないという声もある。「疑う余地はない。高齢者はこれまでになくセックスをするようになっている」と、『ドクター・ルースの50代からのセックス』の共著者ルース・ウェストハイマーは言う。

 ウェストハイマーによれば、タブーはなくなり、多くの高齢者が高齢者なりのセックスの方法を見つけている。例えば、男性ホルモンのテストステロンは午前中に多く分泌されるので、朝食の直後にセックスをするのもその1つだ。

 少なくとも女性にとっては、60歳からのセックスのほうがいい面もある。「かえってのびのびとできるかも。予定外の妊娠にもびくびくしなくて済む」と、コラムニストのコニー・シュルツは更年期についてのコラムで書いている。

 もうすぐ老人ホームにはベビーブーム世代が押し寄せる。この世代は上の世代より自信もカネもあって健康で、価値観もリベラルだ。AARPの調査によると、45歳以上の男女で婚外交渉に反対する人はわずか22%(10年前は41%)。老人ホームにカウチと暖炉と「取り込み中」のサインを完備した「愛の巣」を用意すベきとウェストハイマーは提案している。

老人ホームでコンドーム

 とっぴとも思えるこの発想に、老人ホームは理解を示し始めている。ニューヨークの介護施設「ヘブルーホーム」は、高齢者(認知症やアルツハイマー病患者も含む)の性的権利とニーズを尊重する。ここではポルノを見てもOK、セックス中のカップルの部屋に入ってしまったスタッフは黙って部屋を出て行く。「臨床ケアは生活の質を重視すべき」だと言う責任者のロビン・デッセルは、いつかコンドームを配る日が来るかもしれないと考えている。「ここはホームであって病院じゃない。大切なのは楽しく生きること」

 エンターテインメント業界も変わり始めている。アリゾナ州の高齢者タウンを舞台にしたリアリティー番組『サンセット・デイズ』では、バイブレーターやノーパンの話題も登場する。ニック・ファクラー監督の映画『やさしい嘘と贈り物』では、当時80歳のマーティン・ランドーが75歳のエレン・バースティンとベッドイン。ジュリー・クリスティー主演の映画『アウェイ・フロム・ハー 君を想う』も、愛とアルツハイマー病の問題に取り組んでいる。

「ハリウッドは新たな市場に気付いた」と社会学者のペッパー・シュワーツは言う。「高齢のカップルが主役でも大丈夫と納得した」

ミレンが75歳でヌードになっても、きっと誰も文句は言わないだろう。

[2010年10月13日号掲載]

ニュース速報

ワールド

第3四半期の韓国GDP改定値、前期比+2.1% 小

ビジネス

米ズーム、売上高見通しが予想上回る 第3四半期は利

ビジネス

カナダ、2022年からデジタル税導入を計画 大手I

ビジネス

米、今後数カ月「厳しい」局面に ワクチン巡りなお課

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、バイデンのリードが拡大に

  • 3

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝罪 

  • 4

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 5

    夢の国ディズニーで働くキャストの本音

  • 6

    「実は誰も会った人がいない」韓国政界で囁かれる文…

  • 7

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 8

    「夢の国」ディズニーの......リストラが止まらない

  • 9

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 10

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 4

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 5

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 6

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 7

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 8

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

  • 9

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 10

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 10

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月