最新記事

米司法

検察官と寝た裁判官のトンデモ死刑判決

テキサス州で殺人事件の裁判を担当した裁判官と検察官は愛人同士だったことが判明。当の死刑囚は最高裁に再審を求めたが──

2010年4月26日(月)18時18分
ダーリア・リスウィック(司法ジャーナリスト)

権威失墜 最高裁はなぜ死刑囚の上訴をたった1行で棄却したのか Molly Riley-Reuters

 米最高裁は4月19日、チャールズ・ディーン・フッド(40)の上訴をたった1行の、署名すらない文書をもって棄却した。フッドは、90年に2人を殺害したとして有罪判決を受けたテキサス州の死刑囚。死刑の確定後しばらく経って、フッドの裁判を担当した裁判官と検察官が数年に渡る不倫関係にあったことが発覚した。ともに既婚者である2人は、フッドの弁護人に対してさえ不倫の事実を否定していた。

 裁判官と検察官が宣誓の下で、不倫関係を認めるに至ったのは08年のこと。しかし昨年9月、テキサス州刑事控訴裁はフッドからの上訴を「この件を持ち出すには遅すぎた」という理由で棄却した。秘密の関係が明るみに出る以前に、フッド側がどうやって利益相反の問題を訴えることができたのかについては説明されなかった。

 フッドは今年2月、陪審員への説示が適切でなかったという理由でテキサス州控訴裁での新たな量刑審問を認められている。しかし、検察側は再び死刑を求める方針を明らかにしている。いずれにしても、フッドの判決をやり直してもこの裁判の根本的な問題を解決することにはならない。

 つまり、不倫関係にある検察官と裁判官が行なう裁判を、公平と思う人がどこにいるのかということだ。これは、裁判所が言及するのを避け続けている問題でもある。

大金もセックスも判決への影響力は同じ

 昨年6月、最高裁は「ケーパートン対マッシー」の裁判で非常に重要な判決を下した。この裁判では、ウェストバージニア州最高裁の裁判官が、裁判官選挙の資金として300万ドルの献金を受けた相手が被告となった上訴審を辞退すべきだったかどうかが争われた。

 裁判官の意見が5対4と二分される中、多数意見を出したアンソニー・ケネディ判事は、本件における利害対立は「度を超えており」、当該裁判官が裁判を辞退しなかったことは「適正手続きの保障」という合衆国憲法上の権利を損なったとした。

 最高裁に上訴したフッドが問いかけているのはこういうことだ----裁判官は大金と同様、素晴らしいセックスによっても公正な判断を失う可能性があるのではないか?

 フッド側は、裁判官と検察官との「長期に渡る深い性的関係と、その後の親密な友人関係により、彼女(裁判官)が彼(検察官)の職業的・個人的利益をくみ取り、それを自分自身の利益と考えるようになった」と申し立てた。さらに、裁判官に対する金銭的援助が表沙汰になっていたケーパートン裁判とは違い、テキサス州の裁判官は不倫関係を隠していたのだからもっと問題があると主張した。

 ケーパートン裁判がミステリー作家ジョン・グリシャムの小説になるほど衝撃だったとしたら、フッド裁判は映画化されてもいいくらい強烈な話だ。裁判官と検察官が秘密の愛人関係にあるとき、公正な司法制度が保たれるわけがない。そのことを認めるのに、フッドが有罪か無罪か、死刑が有効かどうかを問題にする必要はない。

 テキサス州法は、裁判官の「公平性が合理的にみて疑問視される場合」もしくは「係争対象や当事者に対して個人的な先入観や偏見を持っている場合」には、当該裁判から外れるよう定めている(問題の裁判官は後に、自分は当該裁判を外れるべきだったと認めている)。

殺人犯には1行の価値しかないのか

 フッド裁判の真相は実にひどい。だからこそ最高裁への上訴は、権威ある法曹倫理家30人のほか、元FBI(米連邦捜査局)長官のウィリアム・セッションズやテキサス州の知事や司法長官を務めたマーク・ホワイトなど著名な裁判官や検察官が支持している。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

独IFO業況指数、1月85.5に上昇 「経済は低位

ワールド

キリバスで中国警察が活動、犯罪データベース作成など

ワールド

ロシアの核戦力、95%が近代化済み=プーチン大統領

ビジネス

ECB23年決算、過去最大79億ユーロの損失 利払
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が語る「敗北のシナリオ」

  • 4

    F16はなぜウクライナに届かない?──NATO事務総長が答…

  • 5

    アウディーイウカ制圧後、ロシア軍の攻撃は激減、戦…

  • 6

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 7

    トランプもバイデンも、日本製鉄のUSスチール買収に…

  • 8

    アゾフ旅団がロシア軍陣地を「闇討ち」...暗視カメラ…

  • 9

    中国、景気停滞の次は余剰在庫のダンビング輸出? …

  • 10

    米大統領選、バイデンが撤退ならミシェル・オバマが…

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 5

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 6

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 7

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 10

    本物のプーチンなら「あり得ない」仕草......ビデオ…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中