最新記事

米司法

検察官と寝た裁判官のトンデモ死刑判決

テキサス州で殺人事件の裁判を担当した裁判官と検察官は愛人同士だったことが判明。当の死刑囚は最高裁に再審を求めたが──

2010年4月26日(月)18時18分
ダーリア・リスウィック(司法ジャーナリスト)

権威失墜 最高裁はなぜ死刑囚の上訴をたった1行で棄却したのか Molly Riley-Reuters

 米最高裁は4月19日、チャールズ・ディーン・フッド(40)の上訴をたった1行の、署名すらない文書をもって棄却した。フッドは、90年に2人を殺害したとして有罪判決を受けたテキサス州の死刑囚。死刑の確定後しばらく経って、フッドの裁判を担当した裁判官と検察官が数年に渡る不倫関係にあったことが発覚した。ともに既婚者である2人は、フッドの弁護人に対してさえ不倫の事実を否定していた。

 裁判官と検察官が宣誓の下で、不倫関係を認めるに至ったのは08年のこと。しかし昨年9月、テキサス州刑事控訴裁はフッドからの上訴を「この件を持ち出すには遅すぎた」という理由で棄却した。秘密の関係が明るみに出る以前に、フッド側がどうやって利益相反の問題を訴えることができたのかについては説明されなかった。

 フッドは今年2月、陪審員への説示が適切でなかったという理由でテキサス州控訴裁での新たな量刑審問を認められている。しかし、検察側は再び死刑を求める方針を明らかにしている。いずれにしても、フッドの判決をやり直してもこの裁判の根本的な問題を解決することにはならない。

 つまり、不倫関係にある検察官と裁判官が行なう裁判を、公平と思う人がどこにいるのかということだ。これは、裁判所が言及するのを避け続けている問題でもある。

大金もセックスも判決への影響力は同じ

 昨年6月、最高裁は「ケーパートン対マッシー」の裁判で非常に重要な判決を下した。この裁判では、ウェストバージニア州最高裁の裁判官が、裁判官選挙の資金として300万ドルの献金を受けた相手が被告となった上訴審を辞退すべきだったかどうかが争われた。

 裁判官の意見が5対4と二分される中、多数意見を出したアンソニー・ケネディ判事は、本件における利害対立は「度を超えており」、当該裁判官が裁判を辞退しなかったことは「適正手続きの保障」という合衆国憲法上の権利を損なったとした。

 最高裁に上訴したフッドが問いかけているのはこういうことだ----裁判官は大金と同様、素晴らしいセックスによっても公正な判断を失う可能性があるのではないか?

 フッド側は、裁判官と検察官との「長期に渡る深い性的関係と、その後の親密な友人関係により、彼女(裁判官)が彼(検察官)の職業的・個人的利益をくみ取り、それを自分自身の利益と考えるようになった」と申し立てた。さらに、裁判官に対する金銭的援助が表沙汰になっていたケーパートン裁判とは違い、テキサス州の裁判官は不倫関係を隠していたのだからもっと問題があると主張した。

 ケーパートン裁判がミステリー作家ジョン・グリシャムの小説になるほど衝撃だったとしたら、フッド裁判は映画化されてもいいくらい強烈な話だ。裁判官と検察官が秘密の愛人関係にあるとき、公正な司法制度が保たれるわけがない。そのことを認めるのに、フッドが有罪か無罪か、死刑が有効かどうかを問題にする必要はない。

 テキサス州法は、裁判官の「公平性が合理的にみて疑問視される場合」もしくは「係争対象や当事者に対して個人的な先入観や偏見を持っている場合」には、当該裁判から外れるよう定めている(問題の裁判官は後に、自分は当該裁判を外れるべきだったと認めている)。

殺人犯には1行の価値しかないのか

 フッド裁判の真相は実にひどい。だからこそ最高裁への上訴は、権威ある法曹倫理家30人のほか、元FBI(米連邦捜査局)長官のウィリアム・セッションズやテキサス州の知事や司法長官を務めたマーク・ホワイトなど著名な裁判官や検察官が支持している。

MAGAZINE

特集:ファクトチェック文在寅

2019-7・30号(7/23発売)

歴史や貿易問題で日本との真向対決をいとわないリベラル派大統領の知られざる経歴と思考回路

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    山本太郎現象とこぼれ落ちた人々

  • 7

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月