最新記事

ツイッター

あなたのつぶやきが永久保存される意味

米議会図書館がすべての公開ツイートを保存すると発表したが、これは誰にとって歓迎すべきことなのか

2010年4月19日(月)15時57分
バレット・シェリダン(本誌記者)

歴史的つぶやき 何げないたわ言もすべて後世に残る Mario Anzuoni-Reuters

 つぶやきはどう死ぬのか。素早く、静かに、死ぬ。ツイッター利用者なら誰でも知っているだろうが、この延々と流れ続ける「ツイート・ストリーム」は寿命が短い。どんなメッセージも数時間で賞味期限が切れてしまう。

 そんな状況が4月14日に一変した。米議会図書館がすべての公開ツイートを保存すると(もちろんツイッターを通じて)発表したのだ。そう、すべてのつぶやきだ。あなたの義姉が朝食に作ったブリトーについての退屈なレビューも、俳優ジョン・ラロケットによる140字の音詩も、すべて後世のために保存されることになった。

 これは、ほとんどすべての人にとって朗報だろう。ツイッター社にとっては勝利だ。ライバルを出し抜いて正統性のお墨付きを得たのだから。議会図書館にとってはPRの大成功だ。偏狭な官僚機構がデジタル時代に適応できることを世界に示したのだから。

 そして何より、研究者や歴史家にとっては強力な道具になる。ツイートの大半はたわ言だが、賢明なデータ解析者は膨大な情報──ツイッター社のある幹部はこの情報群を「地球の鼓動」と呼ぶ──の中から真実を探り出すことができるだろう。

2028年大統領の過去も丸見え

 個々のツイートも歴史家の注目を集めるかもしれない。議会図書館は、バラク・オバマが08年の大統領選で勝利したときのツイートは保存する価値があると指摘する。もし例えば現在の若いツイッタラーの1人が28年に大統領になったとしたら、歴史家は(そして醜聞を探り出すジャーナリストも)過去のツイート記録が残っていてよかったと思うだろう。

 実は、議会図書館の決定に少し当惑している唯一の集団は──政府が何かをしていることに怒る草の根保守派運動「ティーパーティー」参加者を除けば──ツイッター利用者たち自身かもしれない。私たちの思考、文章、画像、アイデアがどこかのデジタル倉庫に永久に保管される世界が急速に近づいている。私たちの大半は頭ではそれを認識しているが、行動は必ずしも伴わない。まだ中途半端な状態だ。

 走り書きのツイートが論議を呼ぶ事例が既にちらほら出ている。例えば、オバマ大統領がラッパーのカニエ・ウェストを「あほ」呼ばわりしたことをABCニュースの記者がツイートして問題になった。

 2028年の大統領候補者たちは、若き日の自分が残したデジタル足跡にメディアがアクセスするのを嫌がるかもしれない。しかし、選択の余地はなくなりつつある。

MAGAZINE

特集:顔認証の最前線

2019-9・17号(9/10発売)

世界をさらに便利にする夢の技術か、独裁者のツールか── 新テクノロジー「顔認証」が秘めたリスクとメリットとは

※次号は9/18(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

  • 2

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本との関わりは?

  • 3

    外国人への憎悪の炎が、南アフリカを焼き尽くす

  • 4

    アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

  • 5

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 6

    【韓国政治データ】次期大統領としての好感度ランキ…

  • 7

    2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来…

  • 8

    香港デモはリーダー不在、雨傘革命の彼らも影響力は…

  • 9

    「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

  • 10

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 1

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

  • 2

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

  • 3

    「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」への反響を受け、もう一つカラクリを解き明かす

  • 4

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 5

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 6

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 7

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 8

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 9

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

  • 10

    韓国男子、性との遭遇 日本のAVから性教育での仏「過…

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 3

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 9

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

  • 10

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月