最新記事

アメリカ社会

量産されるデザイナードッグの悲劇

オバマ大統領一家の愛犬も決まり、犬に「完璧」を求める消費者のニーズは高まる一方。それと比例して、劣悪な環境のパピーミル(子犬製造工場)も増えている。

2009年5月21日(木)19時54分
スザンヌ・スモーリー(ワシントン支局)

大量生産 多くの犬が、不衛生な檻に詰め込まれている(09年2月、テネシー州の飼育場で)Courtesy Anita K. Edson-ASPCA

 現場まで1キロほどに近づいた辺りで、もう異臭が鼻を突いた。保安官事務所の調査員のなかには、防臭マスクを着ける人もいた。

 ずらりと並ぶ小屋の中には、犬の詰め込まれた檻がいくつもあった。排泄物の臭いがすさまじい。真冬だというのに暖房設備もなく、室内は冷え切っている。

 米テネシー州スパータの犬飼育場を保安官事務所が捜査したのは2月のこと。病気の子犬を買わされたという苦情が数多く寄せられたためだ。

 飼育場の1ヘクタールほどの敷地内に、約300匹の犬が見つかった。多くの犬が栄養不良で、寄生虫に感染していた。

 犬の多くは「デザイナードッグ」だった。パグとビーグルを掛け合わせたパグル、チワワとピンシャーの混血チピン──。純血種を交配して人工的につくった犬が、いま人気を集めている。

「市場の盛り上がりは大変なもの」と、スパータの飼育場の調査にも協力した法獣医学者のメリンダ・マークは言う。「みんなデザイナードッグを見て、『聞いたことがない種類だけど、かわいらしい名前ね』と言って買っていく」

 デザイナードッグはカネになる。1000ドル以上の値段が付くことも珍しくなく、押しも押されもせぬビッグビジネスになった。

 犬の劣悪な飼育場と大統領一家は、普通だったら何の関係もないだろう。しかしホワイトハウスに「ファーストドッグ」がやって来たとなれば、話は別だ。

 バラク・オバマ大統領は当選を決めた後のスピーチで、ホワイトハウスで犬を飼おうと2人の娘に約束していた。1月にはテレビのインタビューで、ラブラドゥードルが有力候補だと語った。ラブラドルレトリバーとプードルを交配させたこの犬は、オバマ家の長女マリアのように動物アレルギーのある人に向いているという。

 しかしミシェル夫人のお気に入りは、純血種のポルトガルウオータードッグだった。彼女の意見が通ったのか、「ファーストドッグ」はこの犬種に決まった。

 これによって「101匹わんちゃん現象」が起こると、動物愛護団体は予測している。映画に登場したり、セレブのペットになった犬種は、たちまち爆発的なブームになる。ブリーダー(繁殖業者)にとっては、同種の犬を「大量生産」して儲けるチャンスだ。オバマ家にしてみれば考え抜いた末の決断だったはずだが、これで得をするのはポルトガルウオータードッグを扱う繁殖業者だろう。

 大統領一家の犬選びは、いいタイミングだったともいえる。アメリカでは悪質なブリーダーを規制する動きが強まっている。飼育環境の改善を迫るため法整備を進める州は20を超えている。

 動物愛護団体が特に問題視しているのは、ペンシルベニア州やオハイオ州に住むキリスト教アーミッシュ派やメノー派の繁殖業者だ。現地取材で目にした実態は確かにひどいものだった。

農村では犬も家畜と変わらない

 ペンシルベニア州ランカスター郡の農村地帯を車で走ると、納屋の横にウサギ小屋が並んでいるのが目立つ。だが、中にいるのはウサギではない。子犬だ。

 子犬たちは冬でも戸外に放置されていることが多い。檻の床には金網が張られ、子犬の足が網目にはまり込む。スペースを節約するために檻を積み重ねれば、下にいる子犬は網目からこぼれ落ちる糞尿を浴びる。

 動物愛護団体はこうした飼育場を「パピーミル(子犬製造工場)」と呼んで批判する。卸売りやインターネット販売を目的に、劣悪な環境で子犬を繁殖させる施設のことだ。

 米動物虐待防止協会のボブ・ベーカーによれば、こうした施設の犬は獣医の検診をほとんど受けていない。檻に1日中閉じ込められ、人間と接することもめったにない。「犬を愛すべきペットとして育てるのか、商品として扱うのか。その点が問われている」と、ベーカーは言う。

 ベーカーの推定によれば、パピーミルは全米に5000〜1万カ所ある。そのうち約2000カ所は、アーミッシュ派やメノー派が暮らす農村地帯に点在している。

 農村の文化では、ペットといえども、いずれ殺される家畜とそれほど変わらない存在だ。繁殖を手掛ける農家にも、そんな意識が染み付いているらしい。

 ペンシルベニア州クッツタウンの酪農家エルマー・ジマーマンは08年夏、病気になった犬70匹を射殺した。膨大な治療費を払いたくないからだった。

 多くの州には、こうした行為を取り締まる法律がない。卸売り専門の繁殖業者を対象とする最低限の基準は農務省が定めているものの、インターネットで顧客と直接取引する業者が増えた今は骨抜きになっている。「抜け穴が大き過ぎる」と、農務省のジェシカ・ミルティア広報官は言う。

 射殺のニュースが広がると、ジマーマンの農場の周辺では抗議活動が相次いだ。動物好きで知られるエド・レンデル州知事が旗振り役となり、飼育場の環境改善を義務付ける法律も制定された。

 ペンシルベニア州では今年10月から、檻の床を金網にしたり檻を積み重ねたりすることが違法になる。飼い主には年2回、獣医に犬を診てもらうことが義務付けられる(もちろん犬を射殺することも違法になる)。

 他の州も後に続いている。ペンシルベニアと同様の法律を定めたり、制定を予定している州は、ノースカロライナやオクラホマなど20以上に及ぶ。

 アーミッシュ派の繁殖業者は、こうした動きを歓迎していない。自分たちのやり方に問題があるとも思っていない。

 本誌記者は3月、ジマーマンの農場を訪れた。本人は顔を出そうとしなかったが、父親は匿名を条件に取材に応じ、息子の行動を擁護した。「射殺なら一瞬で終わる。獣医のところで(処置をして)15分も苦しい思いをさせるよりはましだろう?」

人気の交配種「コッカプー」とは

 騒動のせいで、一家は繁殖業を廃業したという。「儲かってたんだがね」と、父親は残念そうに話す。彼に言わせれば、新しい規制はコストを異常に高めるだけだ。「また仕事を取り上げられた。日本とかメキシコとかが、いつも私らの仕事を奪っていくんだ」

 アーミッシュ派やメノー派の繁殖業者がすべて犬を虐待しているわけではない。これらの宗派以外の業者なら大丈夫というわけでもない。いい例が2月に強制捜査を受けたテネシー州の飼育場だ。経営者らはまだ起訴されていないが、懲役刑になる可能性もある。

 ジマーマン家の売れ筋はデザイナードッグだった。特に力を入れていたのが、コッカースパニエルとトイプードルを掛け合わせたコッカプーだ。「毛が抜けないから家が汚れない」と、父親は言う。

 ブリーダーが交配種を好む理由はほかにもある。「交配種は登録しなくていいから、事務仕事の手間が省ける」と、ペンシルベニア州で取材したある業者は言う。

 交配種のブリーダーには、ぼろ儲けしているという批判も付きまとう。「檻を買ったら、後は人件費とワクチン代だけで済む」と、アメリカ動物愛護協会のキャスリーン・サマーズは言う。年に数十万ドルを稼ぐアーミッシュ派の業者がいるともいわれている。

 犬の繁殖業にはほかにも問題がある。ペンシルベニア州の動物愛護団体メインライン・アニマル・レスキューのビル・スミスによれば、犬を虐待している疑いのある飼育場の一部は有機乳製品も生産している。高いカネを出して買った牛乳やヨーグルトが、犬の詰め込まれた不潔な檻の横で作られていると分かったら、消費者は身震いするだろう。

 本誌記者は、乳製品を生産しているペンシルベニア州の犬飼育場B&Rパピーズを取材した。看板には有機乳製品大手のホライゾン・オーガニックに製品を納入しているとあり、ウォルマートをはじめとする大手小売店で売られているという。

 B&Rパピーズは過去2年間、当局から注意勧告を受けている。檻が不潔で、病気や寄生虫を持つ犬もいて、狂犬病の予防接種も怠っていたという。

 B&Rが犬の繁殖業を営んでいることをホライゾン・オーガニックに知らせると、同社は現地に職員を派遣して事実を確認し、B&Rとの取引を停止した。だが同社によればB&Rはその後、「犬の繁殖業から手を引き、すべての犬に適切な受け入れ先を見つける」と約束した。B&Rを経営するジョン・ストルズファスは本誌の取材に対し、既に受け入れ先は見つかったので、「ホライゾン社に牛乳を納入することに問題はない」と語っている。

ニュース速報

ビジネス

中国SMIC、売上高予測を上方修正 第1四半期は増

ビジネス

アングル:日銀、米国発株安を静観 金融市場の「フロ

ビジネス

1─3月期の世界債務残高が2年半ぶり減少、途上国は

ビジネス

直ちに補正予算編成を考えているわけではない=麻生財

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 2

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大学などの研究で判明

  • 3

    インドのコロナ地獄を招いた張本人モディの、償われることのない重罪

  • 4

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 5

    インドで新型コロナ患者が、真菌感染症(ムコール症…

  • 6

    コカ・コーラ、マッキンゼー、ソニー...... ミャンマー…

  • 7

    インドの空港倉庫に国際支援物資置き去り 「どこに…

  • 8

    米物価上昇が意味すること

  • 9

    バブルを生きた元証券ウーマンが振り返る日経平均の3…

  • 10

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 4

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 5

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 6

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月