最新記事

医療

身体の中に病院を作る!? 血中でデータ通信する「ナノマシン」が現実に

Could IoT nanoswarms be coming soon?

2016年10月12日(水)06時15分
ライアン・マシュー・ピアソン (c) ReadWrite[日本版]編集部

ナノマシンが体内で活躍する日も近い? (c) ReadWrite[日本版]編集部

 80年代に長期的なヒットを飛ばしたRPG『Cyberpunk 2020』や、最近だと『Eclipse Phase』など(日本で有名なのはガンダムだろう)で使われていた大量のナノマシンをあなたは覚えているだろうか。

 かつてゲームやアニメの中で活躍していたナノマシンは、それらを通じてナノマシンの危険性や可能性を我々に間接的に伝える役目を果たしていたが、今ではすっかり取り上げられなくなり、まるで死語のような扱われ方をしている。

 しかし、最近また注目を集め始めている「ナノテクノロジー」によって、目に見えない極小サイズのワイヤレスマシンが現実のものになったらどうだろう。SFの世界でしか起こりえなかったことが、現実に起こるかもしれないとしたら? あのナノマシンが互いにコミュニケーションを取りあうことができたら、どんな使い方が考えられるだろうか。

 先日、まさにこの研究に取り組んでいる科学者たちがいることが明らかになった。彼らが研究しているのは、人のDNAの100倍ちょっとの大きさで、血液の流れに乗ってデータを運ぶことができるナノサイズのデバイスである。

 ナノテクノロジーは、世界的に超高齢化社会を迎えつつある現在、医療への応用に大きな期待を寄せられている。この技術を活用することで診断から治療まで、医者は患者の体のいたるところをリアルタイムで解析できるようになる。現在の検査は放射線など体に有害となりうるものを使用しなければならないが、これが人体に無害で賢い「ナノデバイス」に取って代われる日が来るかもしれないのだ。

 ちなみに日本だと、東京大学大学院工学系研究科マテリアル工学専攻教授の片岡一則(かたおか・かずのり)氏が、ナノテクノロジーを基軸とした医薬工分野の融合、イノベーションの創出を目指している。

ニュース速報

ビジネス

米テスラのマスク氏、会長とCEOの兼任やめる計画な

ビジネス

日銀ETF購入策に神経質な市場、ステルステーパリン

ビジネス

トヨタ、中国での生産能力を2割増強へ=関係筋

ワールド

中国・河南省でアフリカ豚コレラ2例目確認=農業農村

MAGAZINE

特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

2018-8・14号(8/ 7発売)

日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

※次号は8/21(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

  • 2

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 3

    「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

  • 4

    オーストラリアは忘れまい、しかし許そう

  • 5

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 6

    元米兵捕虜が教えてくれた、謝罪と許しの意味

  • 7

    ISISの「奴隷」にされた少女が、避難先のドイツで元…

  • 8

    死んだ人の遺骨も、ブッダと同じ「仏」と呼ばれるの…

  • 9

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 10

    遂に正体を表した習近平──南北朝鮮をコントロール

  • 1

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

  • 2

    亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

  • 3

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 4

    イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

  • 5

    「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

  • 6

    死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

  • 7

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 8

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 9

    「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

  • 10

    ランボルギーニなど高級車をペチャンコに! ドゥテ…