最新記事

インド

星座で破談は当たり前──親が相手の親とチャットする、インド版「お見合いアプリ」の憂鬱

Marriage by App

2022年11月4日(金)16時25分
ニランジャナ・ラジャラクシミ

アプリに表示されるプロフィールも通常は親が書いている PHOTO ILLUSTRATION BY YUKAKO NUMAZAWAーNEWSWEEK JAPAN; SOURCE IMAGES: KAILASH KUMAR/ISTOCK, OJOEL/ISTOCK, ILLUSTRATION BY KATYAU/ISTOCK (BACKGROUND)

<今も90%以上がお見合いのインドでも、婚活アプリは普及している。しかし、利用しているのは当事者ではなく、親。「親の承諾」が不可欠なインド式結婚の伝統とは?>

私はニューヨークで1人暮らし。この週末は寝坊できると思っていたのに、父(インドにいる)からの電話で起こされた。アプリを開いて、男の経歴を読んでみろという。

「またか」と思ったけれど、私は新たな花婿候補のプロフィールに目を通した。そこに書かれている考え方や興味が、本人のものとは限らないのを承知の上で。

インドでは、こういう「お見合いアプリ」を最も熱心に利用しているのは若い人ではない。その両親だ。

当事者である私たちに、希望の相手を選ぶ権利はほとんどない。両親が年齢や職業、星座などの条件で絞り込んで候補を選び、相手(の親や親族)とチャットして、これはと思った候補のプロフィールをわが子に転送する。

そこでようやく、当事者である私たちが相手とチャットを始めるか、あるいは会ってみるかどうかを決められる。でも話が順調に進んで婚約する場合、また両親の最終的な承諾を得なければならない。

インドでも出会い系の「ティンダー」を使う若者は多いが、親世代は出会い系のアプリを信用しない。インドの文化や伝統に反すると考えているからだ。

インドでは今も、結婚の90%以上が見合い結婚だとされる。結婚相手を紹介するウェブサイトも、20年ほど前からある。

お見合いアプリも数多くあるが、一番人気は「バーラト・マトリモニー」と「シャーディ」だ。スマホの画面をスワイプして候補者を絞り込める点は出会い系アプリと似ているが、お見合いアプリではカーストや星座など、ひどく「客観的」な条件で相手を絞り込める。

プロフィールには写真と経歴が表示されるが、経歴はたいてい親が書いている。親と子が共同でアカウントを管理できるようになっていて、候補者の絞り込みにはどちらからもアクセスできる。

こうしたアプリのホームページには、そこを利用して結ばれ、幸せになったというカップルの「実例」が山ほど掲載されている。当社のアプリを利用して永遠のパートナーに出会った人はこんなにいます、と言いたいのだろう。

まあ、ありふれた売り言葉だが、まんざら嘘ではなさそうだ。新型コロナウイルスのパンデミックで、こうしたアプリの利用者が増えたという報道もある。ありそうなことだ。でもその前に、見合い結婚の是非に関する価値観の相違という問題がある。

お見合いアプリについて、私がばかげていると思う機能の1つは、星座で候補者を絞り込める機能だ。最近も「バンブル」というサイトが、星座による絞り込み機能を追加している。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

スウェーデン中銀、追加利上げ巡り見方分かれる=議事

ビジネス

10月全世帯の実質消費支出、前年比+1.2%=総務

ビジネス

10月実質賃金2.6%低下、物価高で7カ月連続マイ

ワールド

南ア大統領、金銭疑惑巡る専門家委報告書に異議 法廷

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに注目!

  • 4

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 5

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 8

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 9

    偏差値が測定できない「ボーダーフリー大学」が象徴す…

  • 10

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 8

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 9

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 10

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが…

  • 5

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 6

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 7

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月