最新記事
セレブ

「私はウクライナのラブドール」整形疑惑に反論のミーガン・フォックス、不適切発言で炎上 「日本」にも言及?

2024年2月22日(木)22時00分
千歳香奈子
ミーガン・フォックス

ミーガン・フォックス(2022年6月、ニューヨーク) lev radin-Shutterstock

<「時のカップル」との意外な交友が話題となったミーガン・フォックスだが、4人で写った写真には「別人のよう」「変わった」とのコメントが殺到。これに反論した投稿の内容が話題に>

映画『トランスフォーマー』シリーズなどで知られるミーガン・フォックスが、顔の激変ぶりを指摘する誹謗中傷への反論で、「ウクライナのラブドール(空気で膨らませたセックスドール)」という表現を使用し、「ウクライナの女性を侮辱している」「失礼」と物議を醸している。

【画像】「ウクライナのラブドール」発言で大炎上した問題の投稿写真

事の発端は、2月11日に米ラスベガスで開催されたNFL王者決定戦スーパーボウルの祝賀パーティーで、テイラー・スウィフトとWデートを楽しむ姿がキャッチされたことだった。

テイラーと言えば東京公演を終えてその足でカンザスシティ・チーフスの恋人トラビス・ケルシーを応援するためスタジアムに駆け付けたことが話題となり、チーフスが優勝を決めた後はフィールドで熱いキスを交わして注目を集めた。

ミーガンと恋人のマシン・ガン・ケリーは、そんな「時のカップル」と一緒にアフターパーティーを楽しむ様子がSNSに投稿され、意外な2組の交友がネットをざわつかせた。これまでテイラーのお友達軍団にはいなかったミーガンと一緒に遊んでいたことに驚きの声が上がる同時に、ミーガンが別人のようだと指摘する声が相次いだ。

Xでトレンド入り

仲睦まじく寄り添ってカメラに向かってポーズするテイラーとトラビスの横で、ピースサインするミーガンとマシンの珍しい4ショットがネットで拡散されると、「顔に何をしたの?」「ミーガンだとは思えない」「変わった」など批判が殺到。「キム・カーダシアンかと思った」「整形やめた方がいいよ」などのコメントも寄せられ、X(旧ツイッター)でミーガン・フォックスの名がトレンド入りする騒ぎとなった。

ミーガンはそんな容姿を批判するアンチに向け、「なんてこと、みんな私が違って見えるっていうけど、私には全然そうは見えない」とキャプションを添え、問題の4ショットを自身のインスタグラムに投稿。「携帯電話で撮った暗い写真だから、ウクライナのラブドールみたいに見えたってことね。本物の私は、日本でしか手に入らない超高級でリアルなシリコン製のダッチワイフ(セックスドール)」と綴って反撃した。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

ソニー、米パラマウント買収交渉に参加か アポロと協

ビジネス

ネットフリックス、1─3月加入者が大幅増 売上高見

ワールド

ザポロジエ原発にまた無人機攻撃、ロはウクライナ関与

ビジネス

欧州は生産性向上、中国は消費拡大が成長の課題=IM
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の衝撃...米女優の過激衣装に「冗談でもあり得ない」と怒りの声

  • 3

    止まらぬ金価格の史上最高値の裏側に「中国のドル離れ」外貨準備のうち、金が約4%を占める

  • 4

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画っ…

  • 5

    中ロ「無限の協力関係」のウラで、中国の密かな侵略…

  • 6

    「イスラエルに300発撃って戦果はほぼゼロ」をイラン…

  • 7

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 8

    中国のロシア専門家が「それでも最後はロシアが負け…

  • 9

    休日に全く食事を取らない(取れない)人が過去25年…

  • 10

    ヨルダン王女、イランの無人機5機を撃墜して人類への…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 5

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 6

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 7

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 8

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    ハリー・ポッター原作者ローリング、「許すとは限ら…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中