最新記事
アート

自然をキャンバスに壮大なアートを生み出すランドアーティストたち 生分解性の絵具でサステナブルな活動

2024年2月6日(火)11時20分
岩澤里美(スイス在住ジャーナリスト)
欧州の2大ランドアーティスト、サイープの「Beyond Crisis」とデイヴィッド・ポパの「Born of Nature II」

欧州の2大ランドアーティスト「サイープ」と「デイヴィッド・ポパ」の巨大な作品は目が釘付けになる。左)Saype, Beyond Crisis, Leysin, Switzerland, 2020 ©Valentin Flauraud for Saype、右)David Popa, Born of Nature II, Emäsalo, Finland, 2021 ©David Popa

<広々とした大地をキャンバスにしたアートが私たちに伝えるものとは?>

いまやアートの世界でも、サステナビリティは無視できない話題といっていいだろう。サステナビリティをテーマにしたアート展やデザイン展は多く、環境に配慮した材料を使って制作するアーティストも増えている。

ヨーロッパ在住の2人、「サイープ」と「デイヴィッド・ポパ」の巨大な作品は目が釘付けになる。作品の全体像が見えるのは、頭上高くからドローンで撮影したときだ。2人とも生分解性のペイントを使っており、作品は短期間で消える。美しい自然をキャンバスにシンプルな色味で描く、2人のランドアートの世界をぜひ知ってほしい。

元看護師のサイープは、山や公園がキャンバス

フランス出身のサイープ(Saype)は、世界を飛び回り、山、海岸沿い、公園に生分解性のペイントをスプレーで吹き付けて絵を描く。昨年12月には、雪山を舞台にし、子ども2人がロープで支え合う姿を描いた作品も発表した。毎回、描く場所の草や土や砂の状況を見て、最適な色調にしている。サイープが描くプロセスはマス目が頼り。マス目の補助線を引いておいた原画を見ながら、小さい杭を等間隔で打って作った地面のマス目に原画を拡大していく。

以前サイープにインタビューした時、「少しでも間違うと絵全体の安定感が崩れるので、失敗はできません。とてつもない集中力を必要とします」と話していた。

最初に話題を呼んだ作品は、2作目のランドアート(2016年作)だった。スイスの山肌の1万平方メートルに描いた男性像「Qu'est-ce qu'un grand Homme ?」で、当時、草の上の作品としては世界最大だと絶賛された。サイープは、アトリエで通常サイズのキャンバスに描くことを基本にしていたが、その後、屋外の作品を次々と手掛けていった。作品への反響は常に大きく、ランドアーティストとして自他共に認めるようになった。

サイープがアートに目覚めたのは14歳の頃。才能はすぐに開花したが、アート以外の分野で経済力を付けるべきという母親のアドバイスで看護師の道に進んだ。看護の仕事は、趣味で続けていた絵への情熱をさらに燃やした。人が亡くなることに接していて人生の意味をとことん考えるようになり、自分の手で何かを生み出していくことが自分にとっては大切だと悟ったのだという。

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

独IFO業況指数、1月85.5に上昇 「経済は低位

ワールド

キリバスで中国警察が活動、犯罪データベース作成など

ワールド

ロシアの核戦力、95%が近代化済み=プーチン大統領

ビジネス

ECB23年決算、過去最大79億ユーロの損失 利払
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が語る「敗北のシナリオ」

  • 4

    F16はなぜウクライナに届かない?──NATO事務総長が答…

  • 5

    アウディーイウカ制圧後、ロシア軍の攻撃は激減、戦…

  • 6

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 7

    トランプもバイデンも、日本製鉄のUSスチール買収に…

  • 8

    アゾフ旅団がロシア軍陣地を「闇討ち」...暗視カメラ…

  • 9

    中国、景気停滞の次は余剰在庫のダンビング輸出? …

  • 10

    米大統領選、バイデンが撤退ならミシェル・オバマが…

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 5

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 6

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 7

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 10

    本物のプーチンなら「あり得ない」仕草......ビデオ…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中