注目のキーワード

最新記事

Google

最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

Man Finds Beautiful Image of His Late Parents Holding Hands on Google Maps

2021年6月18日(金)18時08分
ケイト・ファウラー

BanksPhotos-iStock

<手をつないで歩く両親、家族に隠れてタバコを吸う母...。在りし日の一瞬を切り取った写真は、特別な感動を与えてくれる>

Googleマップにストリートビューの機能が導入されたのは2007年のこと。もともとは、ドライバーの運転を手助けすることが目的のサービスだが、それよりもずっと感動的な使い方を考え出した人がいる。この世を去った大切な家族や友人の、生前の姿を見つけるというものだ。

ストリートビューは、特殊なカメラを積んだ車などがあらゆる道に赴いて写真を撮影することで、世界中の街並みを見ることができるサービス。ここに、時間が止まったかのように保存されている画像を何度も開いている人が世界にはたくさんいる。

38歳のショーン・ドハーティは、ツイッターで人気の「ざんげ」アカウント@fessholeの投稿を見たことをきっかけに、2009年に撮影されたGoogleマップの美しい写真をシェアした。そこに写っていたのは、今は亡き彼の両親が手をつないで自宅前を歩く姿だ。

210618gm_sv01.jpg

Google Mapsに残る手をつないで歩くドハーティの両親の写真 SEAN DOCHERTY

ドハーティと同じく、大切な人の思いがけない瞬間を見つけ出した人は少なくない。ストリートビューを開き、左上の時計マークをクリックすると、Googleマップの古い画像を確認することもできる。

ドハーティは両親を、それぞれ2010年と2013年に亡くしている。しかし彼は2014年、Googleマップで2人の姿を発見した。

「まるで、自分が両親のすぐ横を車で通りすぎているような感じだった」と、ドハーティは本誌に語った。彼は、@fessholeが投稿した「父親が亡くなる前に撮影されたストリートビューを開き、父がまだいた世界をあちこち動き回っている」というツイートを見て、「両親が写っている画像が存在する自分はとても幸運なのだと思った」という。

手をつないでいる瞬間だった幸運

「私は一人っ子で、両親も祖父母もみんなこの世を去った。どんなに小さな思い出でも、私にとってはかけがいのないものだ。私には幸い、息子がいる。そうでなければ、完全にひとりぼっちになっていただろう」とドハーティは続けた。

Googleマップの撮影車がドハーティの両親の姿をとらえたのは、母親が末期の大腸癌と診断された直後で、外出できなくなる数カ月前のことだったという。「普通に自宅の前を歩いている2人を目にできるなんて最高だ。一緒にいる姿が、かわいらしく見える」

大切な人が同じ世界に存在しているところを、再び発見できるだけでもラッキーだろう。それがドハーティの場合、両親が何気なく手をつないでいる瞬間なのだから、どれだけ幸運なことだろうか。「2人が手をつないでいるあの瞬間が撮影される確率は、ほとんどゼロだったに違いない。だから、本当にありがたく思っている」

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

アングル:水のボトル6本で2000円、カナダ極北部

ビジネス

中国新規融資、7月は6790億元に急減 コロナや不

ワールド

ウクライナ「デフォルト状態」、S&Pとフィッチが格

ワールド

北朝鮮、マスク着用や距離確保の規制解除 「コロナ勝

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 2

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 3

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパーのパートも断られたシングルマザーに残された選択肢

  • 4

    【写真】発見された希少種と見られる甲殻類と、発見…

  • 5

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 6

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 7

    超人気インド人女優が公開した家族写真 プールサイ…

  • 8

    【動画】抜群のプロポーションも健在! ハイディ・ク…

  • 9

    ロシアの進軍を止める?最強兵器「ハイマース」

  • 10

    【動画】ロシア軍も押し返すハイマースのすべて

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 6

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 7

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 8

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 9

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月