最新記事

モデル

生地越しにバストトップが... エムラタ、ばっさりショートに「透け過ぎ」衣装でベッドにごろり

2023年3月28日(火)18時50分
青葉やまと
エミリー・ラタコウスキー

第95回アカデミー賞授賞式アフターパーティーでのエミリー・ラタコウスキー(3月12日、ビバリーヒルズ) Featureflash Photo Agency-shutterstock

<ファッション誌『ポップ』の撮影風景がインスタグラムで公開されると、思い切った衣装が話題に。新たな髪型にはファンも騒然>

人気ファッションモデルのエムラタことエミリー・ラタコウスキーが、驚きのファッションで雑誌のエディトリアル撮影姿を現した。素肌にシースルーのトップスをまとい、生地越しにバストトップが露わになっている。

ファッション誌『ポップ』の撮影に臨んだエムラタは、全身を清涼感のあるホワイトでコーディネート。透け感のあるシャツをまとい、ボトムスも大胆なシアー素材を着用した。この様子を自身のインスタグラムに投稿している。

ヒールのままマットレスに横たわった彼女は、脚を組んだポーズで力強い視線でカメラを見据えている。ナチュラルに遊ばせたピクシーカットや、切れ長の目を強調したメイクと相まって、全身から自信が満ち溢れるかのようなショットに仕上がったようだ。

【写真】ファン騒然のショートヘアに透け過ぎ衣装でベッドに寝転ぶラタコウスキー

シックなペールブルーのドレスにも注目

31歳の彼女はまた、マットレスの上に転がり、素肌にピローを抱えたりしながら、多くのファッションスタイルを披露した。

そのひとつ、ペールブルーのドレスもまた、このところ流行の透け感を全面に押し出したデザインだ。重なりによって変化する濃淡の生地にブラックのベルトを合わせ、シックなコントラストを演出している。

目を惹くポーズとの組み合わせを、米セブンティーン誌が取り上げている。「エミリーは非常に引き締まった脚を披露し、シアーな衣装でフリー・ザ・ニップル運動を体現する瞬間もあった」と記事は述べる。

新しいヘアスタイル、ファンの反応は?

大胆なファッションもさることながら、ファンはトレードマークだったロングヘアをばっさりと切り落とした新たなヘアスタイルにも注目。

あるファンはインスタグラムの投稿に対し、「新しいボーイフレンド、新しいヘアスタイル。それとも、新しいヘアスタイル、新しいボーイフレンド? いいね(目がハートになった顔文字)」と述べ、髪型の一新を歓迎した。

一方、新たなエムラタのイメージをまだ受け入れられないファンも多いようで、「髪が......」「ウィッグでありますように」とロングを惜しむ声も聞かれるようだ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

再送-イスラエル、ガザ南部で軍事活動を一時停止 支

ワールド

中国は台湾「排除」を国家の大義と認識、頼総統が士官

ワールド

米候補者討論会でマイク消音活用、主催CNNが方針 

ワールド

米石油・ガス掘削リグ稼働数、22年1月以来の低水準
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 3

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 4

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 5

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 6

    FRBの利下げ開始は後ずれしない~円安局面は終焉へ~

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    「ノーベル文学賞らしい要素」ゼロ...「短編小説の女…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中