最新記事

漫画

戦国武将マンガの金字塔『花の慶次』、原哲夫はジャンプ連載時「苦しかった記憶しかない」

2023年1月21日(土)18時00分
写真:宇田川 淳 文:高野智宏 ※Pen Onlineより転載

©隆慶一郎・原哲夫・麻生未央/コアミックス 1990

<戦国一の傾奇者を描いた『花の慶次』。作品を通してその名が世に知れ渡ったのが、武将・前田慶次だ。男気あふれる彼の魅力と、1990~93年の連載時の制作秘話を、漫画家の原哲夫に訊いた>

※明智光秀はなぜ「本能寺の変」を起こしたのか? 「関ヶ原の戦い」で真の裏切り者は誰だったのか? 戦国時代には多くの謎が残され、そんな歴史の悪戯が人々の興味関心を惹きつけることで、それらを題材としたエンターテインメント作品も数多く生まれてきた。あらゆる角度から戦国武将の実像に迫ったPen最新号「戦国武将のすべて」より。

特装版は、原哲夫による『花の慶次』が表紙
Amazonでの購入はこちら
楽天での購入はこちら


『花の慶次―雲のかなたに―』は、『週刊少年ジャンプ』(集英社)で1990年春から3年間にわたり連載された、戦国時代後期を舞台とした漫画作品だ。

主人公は、滝川益氏の次男にして前田利久(としひさ)の養子となった、前田慶次こと前田慶次郎利益(けいじろうとします)。天下一の傾奇者(かぶきもの)と謳われた慶次の、信念を貫き「傾(かぶ)く」、自由な生き様を描いた活劇である。

時代小説作家・隆慶一郎の『一夢庵風流記(いちむあんふうりゅうき)』を原作に、漫画を手がけたのは、『週刊少年ジャンプ』黄金期の礎を築いた作品のひとつ『北斗の拳』の作者・原哲夫だ。

「病床ながら隆先生は原作を引き受けてくださり『雲のかなたに』の副題もいただいたのですが、数カ月後に亡くなられました」

隆の漫画連載はかなわなかったが、病室で聞いた隆の言葉で、原さんは決意を新たにする。

「実は慶次に関する史実は、ほんのわずかしか存在しません。しかし先生は、『だからこそ作家が自由に創作できる』と。私も原作のままでなく、行間を描いてこそ、漫画家の仕事だと思っていましたので、先生の言葉に深く共感し、改めて意欲が湧きました」

penbusho20230121-hananokeiji-2.jpg

原哲夫●漫画家。東京都出身。『北斗の拳』『花の慶次―雲のかなたに―』『蒼天の拳』などの人気作を手がけ、現在も『月刊コミックゼノン』(コアミックス)で連載中の『前田慶次 かぶき旅』の原作に携わる。絵本『森の戦士ボノロン』のプロデュースも務める。www.haratetsuo.com

『花の慶次』の魅力といえば、慶次の強さと優しさ、そしてなにより、圧倒的な格好よさに尽きる。

「僕自身、読後感の爽やかな勧善懲悪なヒーローものが好きなのです。主人公も男の理想像を具現化した存在として、魅力的に描くことが私の使命だと思いました。私は男の"華"を描いているのです」

身の丈六尺五寸(約197cm)の体躯を誇り、鉄製の朱槍(しゅやり)を軽々と振り回し敵をなぎ倒す豪傑である一方、命をかけて傾き通す慶次は、まさに男が男に惚れるヒーローそのもの。その戦いや言動、そして振る舞いに心躍らされた読者も多いことだろう。

しかし、当時は"ジャンプ黄金期"と称される時代。実は原さんにとって、連載していた3年間は毎週が試練であったようだ。

「当時、少年漫画誌で時代劇はタブーでした。その常識を破ったことに意義はあったと思うが、やはり読者アンケートでは上位を狙えず打ち切り候補でした。状況を打破しようと慶次の顔を変えたりと試行錯誤もしましたが、常に苦しかった記憶しかないですね」

『北斗の拳』で一世を風靡した人気漫画家から一転、毎週、打ち切りの恐怖と戦いながら執筆を続ける苦境へ。そんな原さんを支えたのが、佐賀鍋島藩士の山本常朝(つねとも)による、藩主に仕える武士の心得などを記した口伝集『葉隠(はがくれ)』だ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、米国によるウ軍への戦車供与非難 「ロと同じ

ワールド

イスラエルのユダヤ教礼拝施設で銃撃、7人死亡

ビジネス

NY外為市場=ドル対ユーロで小幅高、米経済指標受け

ワールド

アングル:印首都で石炭使用禁止、バイオマス移行迫ら

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:実録 中国海外警察

2023年1月31日号(1/24発売)

他国の主権を無視し現地の民主派を取り締まる中国「海外110」の驚くべき実態を暴く

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前とここまで酷似する不気味な符合

  • 3

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を嗅いだ子犬、臭すぎてえずく

  • 4

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 7

    米ロの主力戦車「エイブラムス」と「T90」の性能を比…

  • 8

    かつてはオバマ夫妻と「同列」だったヘンリー&メー…

  • 9

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 10

    「子供に興奮する変態」と批判され...「肉体は8歳」…

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の「肌見せすぎ」ファッションに批判

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 7

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 8

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 9

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 10

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 3

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを切る犬の表情がこちら

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 8

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 9

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 10

    「バンコクのゴミ捨て場で育った......」 ミス・ユ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月