最新記事

世界に挑戦する日本人20

12歳になった天才ドラマーYOYOKA、 ロックの本場アメリカへ行く

2022年9月1日(木)09時40分
長岡義博(本誌編集長)

YOYOKAの才能はアメリカに向かう Yoshimi.

<本誌が2019年に最年少で「世界が尊敬する日本人100」の1人に選んだ天才ドラマー、YOYOKAがロックの本場アメリカに挑戦することを決めた>

YOYOKA(相馬世世歌)を「世界を揺さぶる9歳天才ドラマー」として本誌が「世界が尊敬する日本人100」の1人に選んだのは2019年のこと。それから3年が経ち、YOYOKAは本気で世界を揺るがす旅に出ることにした。家族全員でロックの本場であるアメリカ西海岸に移住することを決めたのだ。

20220906issue_cover200.jpgレッド・ツェッペリンの名曲のドラミングをオリジナルメンバーである故ジョン・ボーナムばりのグルーブ感と技術で再現したYouTube動画が世界の度肝を抜く/その演奏を見たツェッペリンの元ボーカル、ロバート・プラントがコメント/人気が世界に広がり、アメリカの人気トーク番組『エレンの部屋』にゲスト出演......と、快進撃を続けていたYOYOKAを止めたのは、新型コロナウイルスだった。

20年と21年のプランはほぼすべてキャンセルになり、ライブができず、海外にも行けない。「それが(彼女の)フラストレーションで、そばで見ていてやるせなかった」と、父親の章文は言う。21年11月に久しぶりに家族でアメリカに行き、ロサンゼルスで生き生きと演奏するYOYOKAの「ここが自分がいるべき場所で、挑戦しないと後悔する」という言葉を聞いて、「チャレンジしなければ親として失格」(章文)と、母親と長男を含めた家族4人での西海岸移住を決めた。

レッド・ツェッペリンに続いて伝説的ロックバンド、ディープパープルのドラマーであるイアン・ペイスと動画でコラボ。ロサンゼルスの伝説的ライブバーでは、先に演奏した腕に入れ墨のある巨漢のプロドラマー、ジョー・トラバースに負けない音を鳴らし、観客を感動させた。アメリカのアーティストビザ取得のため推薦状を書いた1人は、共演者のシンディ・ローパー......「YOYOKA伝説」を裏付けるエピソードには今も事欠かない。

アメリカに渡るため、章文は務めていた札幌市の公務員の仕事を辞めた。一般的な日本人にとって円安ドル高の今、アメリカで暮らすことは大きな出費を強いられる。日本にはクラシック音楽以外、かつ15歳より若い才能の海外挑戦を援助するシステムがほぼなく、相馬家の当面の暮らしはこれまでの貯蓄と日本のリモートの仕事、音楽活動は渡米支援で始めたクラウドファンディングやスポンサー契約で賄う。

正確で力強いドラミングを磨きつつ、通っていた北海道の小学校の図書室で6年間に1000冊以上の本を読み、表彰されたYOYOKA。ロックの中心地であるアメリカでトップアーティストと共演し、学んだ英語を使って自分の言葉で発信する、そして「アメリカの多様性を作詞作曲に生かす」――という目標も、手の届かないものとは決して思わせない。

12歳になった天才ドラマーの生み出すグルーブが、アメリカから世界を揺さぶる日は遠くない。

相馬世世歌
Yoyoka
●ドラマー

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

バイデン・トランプ両氏、南部国境訪問へ 移民問題が

ワールド

対ロ制裁、第三国銀行追加で資金の流れ減退=米財務副

ワールド

ヨルダン国王、ラファ地上戦の危険性を警告 即時停戦

ワールド

スウェーデンNATO加盟へ、ハンガリー議会が承認
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃の反応が...「触らないで!」動画に注目集まる

  • 3

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の華麗な「王室プロトコル」にファンがうっとりため息

  • 4

    トイレ内に「隠し部屋」への秘密通路を発見...ドアの…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    「豊胸手術をしなければよかった」...ヴィクトリア・…

  • 9

    ウクライナで兵力動員が難航...著名部隊「ダビンチ・…

  • 10

    飛行機内で乗客がテイラー・スウィフトの曲を「大合…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の…

  • 6

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 7

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 8

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 9

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中