最新記事

カルチャー

あなたは尾崎豊を本当に「知っている」か? その実像に迫る展示

2022年2月18日(金)16時20分
文:白石菜美 ※Pen Onlineより転載

尾崎の没後30年を機に、3月23日から松屋銀座8階イベントスクエアで「OZAKI30 LAST STAGE尾崎豊展」が開催される ©Teruhisa Tajima, Isotope

<尾崎とは一体どういう人間だったのか。没後30年を機に、3月23日から東京の松屋銀座で「OZAKI30 LAST STAGE尾崎豊展」が開催される>

1992年4月25日、日本のロックシーンを代表するシンガーソングライター、尾崎豊が26歳の若さでこの世を去った。

彼が生前に発表した作品は全部で71曲。自らの心の奥底に潜む感情や社会の矛盾などを綴った歌詞、力強さと繊細さを兼ね備えた歌声、骨太で親しみやすいサウンドメイクが多くの人々に愛され、なかでも「15の夜」「I LOVE YOU」「卒業」「シェリー」といった名曲の数々は、昭和・平成・令和と3つの時代を飛び越えて歌い継がれている。

penozakiyutaka20220218-3.jpg

©Teruhisa Tajima, Isotope

尾崎とは一体どういう人間だったのか、尾崎が歩んできた26年の道のりはなんだったのか、そして尾崎を失ってから人々は尾崎とどう向き合ってきたのか――。

「ひとつの区切り」として、3月23日から松屋銀座8階イベントスクエアで「OZAKI30 LAST STAGE尾崎豊展」の開催が発表された。本展は没後30年を機に、尾崎の歩いた道、尾崎と歩いた道、これから尾崎と歩く道を見つめ直し、語り合うために企画された。

penozakiyutaka20220218-5.jpg

©Teruhisa Tajima, Isotope

会場では生前愛用した楽器や創作ノートや学習机をはじめ、プライベート写真、レコーディング用の楽譜、ステージで使用したセットリストといった貴重な資料を多数展示。

さらにライブ映像やパーソナルスタジオの再現なども加え、日本が生んだ唯一無二のシンガーソングライターの実像に迫る。東京会場のチケットは2月19日に発売予定だ。

penozakiyutaka20220218-6.jpg

©Teruhisa Tajima, Isotope

さらに、生前最後に開催した全国ツアーの各会場のライブを収録したライブアルバムの発売が決定した。

91年に開催された、生前最後の全国ツアー「TOUR 1991 BIRTH」と、アリーナツアー「TOUR 1991 BIRTH ARENA TOUR 約束の日 THE DAY」の全55公演の中からベストテイクをセレクションしたCD2枚組となっている。代表曲をほぼ網羅して収録される予定だ。

penozakiyutaka20220218-2.jpg


『LAST TOUR AROUND JAPAN YUTAKA OZAKI』
初回生産限定盤 SRCL-12085~12086 ¥5,500(税込) CD2枚組
※初回生産限定盤のみ、3方背スリーブ+フォトブック付豪華仕様
通常盤 SRCL-12088~12089 ¥4,500(税込) CD2枚組
(収録予定曲)
十七歳の地図
僕が僕であるために
卒業
I LOVE YOU
シェリー
15の夜
・・・and more!
https://www.sonymusic.co.jp/artist/YutakaOzaki


OZAKI30 LAST STAGE尾崎豊展
会期:3月23日~4月4日>
会場:松屋銀座8階イベントスクエア
東京都中央区銀座3-6-1
開場時間:10時~20時(3月27日、4月3日は19時30分、最終日は17時閉場)
※入場は閉場の30分前まで
入場料:一般 ¥1,500(前売¥1,300)、高校生 ¥1,000(前売¥800)、中学生 ¥800(前売¥600)、小学生 ¥500(前売¥400)、未就学児無料
※すべて税込、前売券は3月22日まで発売
問い合わせ先/松屋銀座
TEL:03-3567-1211
https://ozaki30.exhibit.jp
※開催日時・内容などは変更となる場合があります。事前に確認をお薦めします。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

インフレ抑制が「最優先」、景気後退は招かず=SF連

ビジネス

IMF、米成長見通し下方修正 積極利上げ背景 景気

ワールド

従業員の中絶に絡む交通費を負担へ、米企業が相次いで

ビジネス

米国株式市場=大幅続伸、積極利上げ観測後退

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベットとの対面時間を制限した訳

  • 4

    「あの」河瀬直美監督とは思えない繊細さでマイノリ…

  • 5

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 6

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 7

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 8

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 9

    スリム化は不可欠、「ポスト・エリザベス」の英王室…

  • 10

    今度の参議院選挙で審判を受けるのはむしろ「野党」

  • 1

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 2

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 3

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 4

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 5

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 6

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 7

    大量のシラミがわいた9歳少女は貧血で亡くなった....…

  • 8

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 9

    「毛深すぎる」と専門家も困惑......とんでもなくモ…

  • 10

    こっそりカンボジアに拠点を作った中国人民解放軍に…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月