最新記事

カルチャー

この男がいなければ... 知られざる「聖火台」成功の立役者、武井祥平らがPenクリエイター・アワードを受賞

2021年11月27日(土)16時25分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

Photos:Hiroshi Iwasaki(左); 齋藤誠一(右)

<このエンジニアがいなければ、東京五輪のあの聖火台は成功しなかった――。これまでほとんど光が当たることのなかった人物、武井祥平とはいったい何者なのか>

開催の是非を含め、さまざまな激論の中で行われた東京オリンピック・パラリンピックが終わって2カ月半がたつ。

オリンピックの開会式で、大坂なおみ選手が登場したことには、多くの人が驚いただろう。大トリとも言える場面。聖火のトーチを手に、大坂は「富士山」を表現したステージの階段を上り点灯を行ったが、あの「太陽」のような球体の聖火台を覚えているだろうか。

聖火台をデザインしたのは、日本を代表するデザインチーム、nendoだ。上下2段、計10枚の外装パネルが花びらのように開き、中心に火が灯るという「動き」がポイントだった。

しかし聖火台は、実はある人物なしには完成しなかったという。これまでほとんど光の当たることのなった、その陰の立役者は、聖火台の機構設計を担当したエンジニアの武井祥平。

聖火台のスムーズな動きを実現したのは、超高精度のアルミ材加工を担ったトヨタ自動車を中心とする企業の技術力と、武井によるエンジニアリングの技術だったのである。

pen-takei20211127-2.jpg

武井祥平●1984年、岐阜県生まれ。2012年東京大学大学院情報学環・学際情報学府修士課程修了。同年、クリエイティブスタジオnomena設立。we+やsiroの松山真也らと組んだチーム、KAPPESとしてミラノサローネで作品を発表して頭角を現す。企業から作家まで幅広く協業している。https://nomena.co.jp Photo:齋藤誠一

そんな武井祥平が、このたび発表された「Penクリエイター・アワード2021」を受賞した。

合計で数百キログラムになるパネルの重量やモーターの性能など、さまざまな制約があるなか、武井は複雑で滑らかな聖火台の動きを実現。さらに天候に左右される屋外で、確実に火を灯した。

多くの検証と改善を重ね、聖火台をつくり上げた技術力が、アワード受賞の理由だという。

聖火台以外にも、nendoをはじめさまざまなデザイナー、アーティストの作品を実現させる機構を手がけてきた武井。

11月27日発売のPen誌2022年1月号「クリエイター・アワード」特集では、そんな彼のクリエイションの原点から聖火台の制作秘話までが語られている。

武井の言葉。

「回転軸を組み合わせて聖火台のそれぞれのパネルを動かすわけですが、内部に入れる機構が多ければ多いほど動きが複雑になります。しかし実際には、メカを入れられるスペースはとても限られている。球体が開き、それがまた閉じて球体となるためには、あらゆる要素の検証が必要でした」
(Pen誌2022年1月号より)

pen-takei20211127-3jpg.jpg

Photo:Hiroshi Iwasaki

pen-takei20211127-4.jpg

Photo:Hiroshi Iwasaki

「よりよい未来のために」をテーマに、外部から審査員を招き、厳選な選考を行ったという「Penクリエイター・アワード2021」では、武井のほかに、ファッションデザイナーの黒河真衣子、現代アートチームの目[mé]、クリエイティブ・ラボのanno lab、美学者の伊藤亜紗、福祉実験ユニットのヘラルボニー、デザイナーのwe+の計7組が受賞者となった。

これからの時代をつくる、そんな可能性に満ちあふれたクリエイターたちの名が連なっている。

(参考記事)エンジニアリングの力で、東京五輪の聖火台を成功に導いた【Penクリエイター・アワード 武井祥平】

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

物価上昇に負けない賃上げ、政府として後押ししたい=

ビジネス

独10月鉱工業生産指数は前月比-0.1%、予想より

ワールド

米国防権限法案、8億ドルの対ウクライナ追加支援盛り

ビジネス

米NYT従業員、8日に24時間スト 会社が交渉継続

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、戦争どころではない現状

  • 3

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物語る、凄惨な攻撃の爪痕

  • 4

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 5

    野良犬を自爆犬にしてウクライナに送る案がロシアで…

  • 6

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 7

    欧州を目指すアフリカからの密航者が急増、巨大タン…

  • 8

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 9

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 10

    急逝した異色の日本画家・加藤弘光は、なぜ世界を目指…

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 6

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 7

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 8

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 9

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 10

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月