最新記事

言語学

「あなた」はもはや日本語ではない

2020年5月8日(金)12時45分
平野卿子(ドイツ語翻訳家)

DNY59-iStock.

<本来、日本語では「あなた」と呼びかけていいのは、対等か目下の相手に限る。部下は部長に対して「あなたはどうされますか?」ではなく、「部長はどうされますか?」と言うのが普通だ。だが最近は、外国語の影響で大きく変化している>


「親愛なる、エテリ・トゥトベリーゼ。誕生日おめでとう。私にとってあなたはベストのコーチであり、世界におけるメンターでもあります。あなたは美しさ、女性らしさを備え、(......)私の成長を促進してくれます」(ヤフーニュース 2019年2月25日)

ロシアのフィギュアスケート選手アリーナ・ザギトワの発言を読んで(むろん翻訳だが)、ああ、やっぱりと思った。こういう「あなた」は翻訳記事に多いのだが、それだけではない。

近頃よく送られてくるダイレクトメールにも「あなたへのおすすめ」「あなたが最初です!」なる表現をしばしば目にする。なぜ見ず知らずの相手に「あなた」と言われなければならないのかと、少しむっとする。というのも本来、「あなた」は対等、もしくは目下の相手に使う言葉だからだ。

そもそも、日本人は「あなた」「彼ら」など、欧米語でいうところの「人称代名詞」を使わない傾向がある(わたしは日本語には人称代名詞はないと考えているが、ここでは触れない)。なかでも、「あなた」を違和感なく自然に使える場面は日本ではとても少ない。

だから、多くの日本人は、相手の名前(「○○さん」)や役職(「××部長」)、職名(「植木屋さん」)などで呼ぶのである。

しかし、言葉は時代と共に変化していくことは言うまでもない。いや、誤用をきっかけに活性化され、豊かになっていくこともある。とはいえ、それが相手に不快感を与える場合はまずいと最近まで思っていた。

ドラマで「わたくしはあなたの執事」、テレビ局にメールした

ところが、公園で飼い犬にしきりに「あなた」と呼びかけている人を見て、ストンと胸のつかえが下りた。最近よく使われるようになった「あなた」は、実は「You」なのだということに思い至ったのである。

そういえば、こんなこともあった。「お仕えする奥様」のために執事が大活躍するドラマを見ていたとき、彼が「わたくしはあなたの執事ですから」と言ったのを聞いた私は、「お仕えする人に向かって『あなた』と言うのはいかがなものか」という旨のメールをしたのだ(テレビ局にメールしたのは生まれて初めてだ)。

その後、「あなた」は「あなたさま」に変わっていた。このドラマのように主人と奉公人という関係では、言葉は時代と共に変わるというわけにはいかない。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

デンマーク首都のモールで銃撃、3人死亡 22歳男訴

ワールド

警官が黒人男性射殺、約60発の銃弾 米オハイオ州で

ワールド

米テキサスとオハイオの州最高裁、中絶制限・禁止を支

ビジネス

中国と香港「スワップコネクト」開始へ、半年後にまず

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 3

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を堂々と話すのが上達への近道だ

  • 4

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 5

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 6

    スリランカ、ガソリンほぼ尽きる 給油所に人の波...…

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    ロシア人バレリーナ、死体で発見。ウクライナ侵攻後…

  • 9

    右足のない人骨は古代中国「五刑」の犠牲者だった...…

  • 10

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 3

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 4

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 5

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 6

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を…

  • 9

    【映像】韓国ユン大統領、NATOにまさかのNGカット掲…

  • 10

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 3

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 10

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月