最新記事

映画

外国語映画初のアカデミー作品賞受賞『パラサイト』 ポン・ジュノの栄光を支えた二人の翻訳者とは

2020年2月12日(水)12時30分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

アカデミー賞授賞式でオスカーを手にするポン・ジュノ監督とシャロン・チェ Mario Anzuoni - REUTERS

<アカデミー賞史上初、外国語映画で作品賞を受賞した話題作の大ヒットには、エンドロールにクレジットされていない二人のサポートがあった>

2月9日の夜、第92回アカデミー賞授賞式が行われた。粒ぞろいの素晴らしい作品がノミネートされた中、注目を浴びていたのは韓国映画『パラサイト 半地下の家族』だった。ここに来るまで、カンヌ国際映画祭最高賞パルム・ドールや、ゴールデングローブ賞、ロサンゼルス映画批評家協会賞など名だたる映画賞の主要タイトルを総なめにしてきたこの怪物作品。今回6部門でノミネートされたアカデミー賞では一体どれだけ受賞することができるのか、韓国映画、いやアジアの映画史上初めての出来事に、多くの人が固唾をのんで受賞式を見つめたはずだ。

結果は、皆さんもうご存じのことだろう。確実に取るだろうと言われていた国際長編映画賞はもちろん、監督賞、作品賞、脚本賞の4つの栄冠に輝いた。今年で101年となる韓国の映画史を塗り替えたのはもちろんのこと、外国語映画(非英語作品)がアカデミー賞作品賞を受賞したのは、92年の歴史上初の快挙である。

このように、韓国から世界の人々へ『パラサイト』という素晴らしい作品が伝わり、認められるようになったのは、監督、俳優、多くのスタッフの力はもとより、この作品にかかわったすべての人々のおかげだ、今回は、そんな影の立役者を紹介したい。

CNNも認めたポン・ジュノ監督の「アバター」

映画「パラサイト」が世界から注目されるようになるにつれ、海外の映画祭はもちろん、舞台挨拶やTV番組にも出演することが多くなったポン・ジュノ監督。彼の出演が増えるたびに同じように注目を集めるようになっていったのが、もはやポン・ジュノ監督専属ともいえる通訳担当のシャロン・チェ(韓国名최성재、チェ・ソンジェ)さんだ。

ボン・ジュノ監督が、彼女のことを「ほぼ自分のアバター」だと称するほど、韓国語で話す監督の意思をより的確に通訳している。今回のアカデミー賞授賞式でも、監督の横にぴったりと連れ添い、脚本賞、国際長編映画賞、監督賞、作品賞と4度も舞台に上がり、世界の名だたる映画人たちを前にしても臆することなく堂々とした通訳ぶりで注目された。

韓国のネット上ではすっかり有名人となったシャロン・チェさんは、若干24歳。去年5月に行われたカンヌ映画祭からポン・ジュノ監督の通訳として参加し、その後、監督と一緒に世界を飛び回っている。アカデミー賞作品を受賞したポン・ジュノ監督が「明日の朝までお酒飲みまくる準備はできた」とスピーチすると、授賞式のニュースを報じたCNNは「とてもよく頑張った通訳のチェさんにも飲ませてあげてくださいね」と付け加えて話題となった。

ニュース速報

ワールド

東京で新たに143人感染、累計1000人超す=報道

ワールド

OPECプラス会合、9日に延期 ロシアとサウジが対

ワールド

新型コロナ、仏英で死者が過去最多 伊・スペインは拡

ワールド

8割以上が緊急事態宣言を支持=孫氏ツイッター調査

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 6

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 7

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 8

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 9

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 10

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 9

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 10

    ついに日本は終わった

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月