最新記事

K-POP

韓国、アイドルオーディション番組「PRODUCE 101」ヤラセ問題でK-POP離れ進むか

2019年11月13日(水)19時48分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネーター)

韓国アイドルのオーディションは出来レースだった? 写真は事件について報じる韓国の報道番組より MBC -YouTube

<AKBや吉本も巻き込んだ韓国の人気番組でヤラセが発覚>

オーディション番組は世界的に人気のあるTV番組ジャンルの一つだ。贔屓の出場者をテレビの前で応援し、勝ち進んでいくたびに視聴者は一緒に頑張っている錯覚に陥り、感情移入もしやすい。そんな数あるオーディション番組の中、韓国の『PRODUCE 101』という番組が注目を集めている。日本でも吉本興業がフォーマットを購入した日本版が9月から放送されていてご存じの方もいるかもしれない。また、シーズン3の『PRODUCE 48』では日本のAKB48とコラボし、日韓合同のアイドル誕生として多くの注目を集めた。

そんな人気番組が今、韓国内で波紋を呼んでいる。今月5日、この番組を作ったケーブル局Mnetのプロデューサー(PD)2名の逮捕状が発行され拘束されたのだ。さらに12日行われた警察発表により、この2名の他に制作陣、芸能事務所等の関係者8名を追加で検察に送致すると発表している。視聴者からの投票数を裏で操作していたのではないかという疑惑が発表されたからだ。

「プロデューサーは国民の皆様」

このオーディション番組が従来の番組と違う点は、視聴者が実際に投票し、100人近くいる候補者の中から最終的にデビューするアイドルを応援できるシステムにある。エンタメ業界のプロが審査員が務めることが多かった今までのオーディション番組に対して、視聴者が投票できる仕組みは画期的だった。特に、デビューメンバーを決定する最終回は生放送され、視聴者は携帯で有料メッセージを送信しリアルタイムに投票する。番組中、司会者や出場者は視聴者のことを「国民プロデューサー様」と呼び、画面から投票を訴えかける。

日本ではアイドル育成ゲームが多く販売されているが、この番組はまさにリアル育成ゲームともいえる。自分がプロデューサーになったかのように、お気に入りの出場者を応援しながら投票し、あたかも自分が育てて、最終的にデビューさせてあげた気分に浸れる。思い入れたっぷりのアイドルグループの誕生だ。彼らはグループとしての活動は期限付きながら、CDアルバムを発売し、その全てがヒットしている。

そんなオーディション番組の根幹を覆す「ヤラセ」が発覚したことで、韓国国内では連日ニュースで大きく報道されている。PDらはシーズン3と4については投票数操作を自白し、現在1と2、さらに同局制作の『アイドル学校』という番組にもヤラセ疑惑の調査が進行中だ。2人は芸能事務所から40回以上総額1億ウォン(約9400万円)相当の接待を受けて、投票数の裏工作を行ったことを認めていると伝えられた。

ニュース速報

ビジネス

英就業者数、9─11月は1年ぶり大幅増 失業率は4

ワールド

新型肺炎の死者6人に、感染者は中国国外も合わせ30

ビジネス

アングル:日銀に広がる景気強気論、リスク要因多くF

ワールド

第2段階合意で関税の全面撤廃ない、米財務長官が見解

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 3

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは? 韓国に広がる男女間ヘイトの炎

  • 4

    世界の富裕層上位2100人が最貧困層46億人より多くの…

  • 5

    ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にい…

  • 6

    バグダディを追い詰めた IS被害女性ケーラ・ミュラー…

  • 7

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    ヘンリー王子「王室引退」への不満と同情と

  • 10

    ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 4

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 5

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 6

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 7

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 8

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 9

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機…

  • 10

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    韓国の自動車が危ない?

  • 5

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 6

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 7

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月