最新記事

映画

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』人類史を書き換える世界の創造

Godzilla’s World

2019年5月30日(木)18時00分
アンドルー・ウェーレン

(画像はコンセプトアート) COURTESY OF WARNER BROS. PICTURES / (c) 2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

<架空の古代から人類絶滅が迫る未来までを描く壮大な舞台>

スコット・チャンブリスはSF映画『スター・トレック』や『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』の世界観を、設定やデザインを統括するプロダクションデザイナーとして実現させた人物。その彼にとっても全く新しい挑戦だったのが『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(日本公開は5月31日)だ。なにしろ、人類の架空の過去から、怪獣が闊歩する未来へつながる1つの世界を丸ごと創造しなければならなかったのだから。

「そこにはどんな物語があるのか。その世界の特質は何か。それらを最も正確に、あるいは精緻に伝えるにはどうしたらいいか」。デザインを決めるときはこれらの問いを指標にすると、チャンブリスは語る。

本作では、登場する怪獣――予告映像の1つで芹沢猪四郎博士(渡辺謙)が話すところによれば、その数は「17で、まだ増える」――のデザインも率いた。各種の怪獣が覇権を競い合って暴れ回るのにふさわしい舞台を設定すること。それが、監督のマイケル・ドハティと共に取り組んだ課題だ。

「ゴジラを含めて、自然との間にあるバイオダイナミックな関係をそれぞれの怪獣で視覚化した」。循環型の有機農法を意味する「バイオダイナミック」という単語を使って、チャンブリスはそう説明する。「怪獣が持つ要素の全ては自然の一環だ」

本作のゴジラが放射熱線を吐く際に生物発光によって光るのも、噴火した火山から現れるラドンの翼の一部が常に燃えているのもそのためか。チャンブリスいわく「怪獣が本領を発揮する前に、その特質が内側から目に見える形で出現する」。

初のハリウッド版ゴジラ映画『GODZILLA』(98年)では、ゴジラの食習慣や変異の過程が過剰に説明されていた。それに対して『キング・オブ・モンスターズ』は、リアリティーだけを追求しても説得力は生まれないと心得ている。

「怪獣の造形に当たっては、現代の観客にとってほんの少し分かりやすくなるような特徴を与えた」と、チャンブリスは言う。「より説得力のあるものにするというより、今の時代に通じやすいものにするということだ」

モスラもキングギドラも

本作は東宝の『三大怪獣 地球最大の決戦』(64年)などに出てきたエフェクトのいくつかを徹底的に再現する。一例がゴジラの敵、キングギドラが放つ引力光線の描写だ。とはいえ新たな怪獣も登場させ、ルーツである日本の映画シリーズの枠を超えて怪獣の世界を拡大している。「既存の怪獣の起源に厚みを与えられるよう気を配った」

ニュース速報

ワールド

同盟強化やコロナ対策の連携で一致、菅首相が米大統領

ワールド

トランプ氏、TikTokのオラクル提携案を支持 提

ワールド

アングル:伊の黒人デザイナー、ファッション業界の人

ワールド

米最高裁リベラル派ギンズバーグ判事死去、大統領選控

MAGAZINE

特集:誤解だらけの米中新冷戦

2020-9・22号(9/15発売)

「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う── 米中関係史で読み解く新冷戦の本質

人気ランキング

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 3

    安倍晋三は「顔の見えない日本」の地位を引き上げた

  • 4

    日本は世界に誇るべき「社会主義国」です

  • 5

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 6

    「年収1000万超え」カリスマタクシー運転手の仕事術 …

  • 7

    ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

  • 8

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 9

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 10

    安倍晋三の真価とは......日本は「あまり愛されなか…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 3

    「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベルだった

  • 4

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 5

    韓国の世代間格差と若者の怒り

  • 6

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 7

    EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    伝説のジャーナリストのトランプ本『怒り』に同業者…

  • 10

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 6

    手に乗る大きさのゾウの仲間、約50年ぶりにアフリカ…

  • 7

    中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

  • 8

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 9

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月