最新記事

BOOKS

JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

2018年12月12日(水)11時35分
印南敦史(作家、書評家)

16~17歳の女の子の口から「お客さん」とか「路上で立ちんぼするしかない」などという言葉が出てくることのほうが「マジありえない」気もするが、これは現実の一端であるようだ。

別のページで著者は、12歳でグレて家出してから3年後、非合法の売春組織に流れ着いた少女について「立派な売春婦になっていた」と記している。言葉は直接的だが、それは至って正論でもある。逆から見れば、ここに出てくる少女たちには「裏オプ=売春」という感覚が欠如しているということである。

著者は取材した少女たち全員に、「裏オプなんかするのはやめなさいと助け船を出すNPOなんかの支援団体についてはどう思う?」と質問してきたのだそうだ。その結果、少女たちの主張は言葉のニュアンスこそ違えど、「ほっといてほしい」「いい迷惑」だと一貫していたのだという。理由は簡単。支援団体が動くことでJKビジネスが規制され、働き口を失ってきた過去が少女たちにはあるからだ。

彼女たちからすれば、自分たちに売春する場所を与えてくれる大人だけが正義であり、支援や問題解決を盾に近づいてくる大人は、摘発して場を荒らす警察と同じだということ。そのような視点は、自分のような取材者にも向けられていると著者は感じたそうだ。

印象的なのは、著者が「裏オプ」のことを、麻疹(はしか)のような感染症に似ていると表現していることだ。


 予防接種を家庭環境における親との関係に置き換えるとわかりやすい。親の愛情を予防接種とすれば、愛情はないよりもあったほうが感染は低くなる。人混みに近づかないなどの予防法も、夜な夜な繁華街で遊ばせないという親の監視に置き換えられる。
 だが、この予防法である家庭環境は、ふとしたことで綻ぶ。
 一九歳のノゾミは寵愛を無関心と判断して親を見限り、裏オプに舵を切った。十七歳のミワは寵愛をジャニタレに求めた。周囲に感染者がいると、家庭環境に関わらず、貢ぐ相手を見つけて嘘をついてまで裏オプしてしまう。ひとたび感染すれば、熱が冷めるまで誰の意見を聞くこともない。大人に抱かれるなか、カネの魔力に溺れ、いつしか目的がカネを得ることにすり変わるという合併症を引き起こしていく。
 そうして少女たちは麻疹のように裏オプを患ってきたのである。それは、時を経て大人になり、就職や性風俗業界への転身をするなど、いずれまた発症する可能性を秘めつつも治るものではある。だがこじらせた少女たちの行く末はどうなるのかと言えば、生涯この"病"と付き合っていくことになるわけだ。(252~253ページより)

そして著者は、いまや日本列島全体が"売春島"の様相を呈していると結論づけている。冒頭で触れた前著のタイトルが、こういうところで応用できてしまう現在の日本には恐ろしさ......というよりも気味の悪さを感じずにはいられない。


『裏オプ――JKビジネスを天国と呼ぶ"女子高生"12人の生告白』
 高木瑞穂 著
 大洋図書

[筆者]
印南敦史
1962年生まれ。東京都出身。作家、書評家。広告代理店勤務時代にライターとして活動開始。現在は他に「ライフハッカー[日本版]」「東洋経済オンライン」「WEBRONZA」「サライ.jp」「WANI BOOKOUT」などで連載を持つほか、「ダ・ヴィンチ」などにも寄稿。新刊『読んでも読んでも忘れてしまう人のための読書術』(星海社新書)をはじめ、ベストセラーとなった『遅読家のための読書術――情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣』(ダイヤモンド社)、『世界一やさしい読書習慣定着メソッド』(大和書房)、『人と会っても疲れない コミュ障のための聴き方・話し方』(日本実業出版社)など著作多数。

20230214issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2023年2月14日号(2月7日発売)は「南進する中国」特集。南太平洋諸国に外交攻勢をかけ、カネをばらまく習近平外交。シーレーン確保だけではない中国の狙いとは?

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米一般教書演説、自社株買い課税や超富裕層増税に注目

ビジネス

ECB、政府預金の付利引き下げ 国債不足懸念の後退

ワールド

トルコ・シリア地震、死者7800人超える 救助活動

ワールド

米国務省、ポーランド向け長距離ロケット発射装置・実

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:南進する中国

2023年2月14日号(2/ 7発売)

南太平洋諸国に外交攻勢をかけカネをばらまく中国の狙いはシーレーン確保だけではない

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク、ワーストはソマリア...日本は?

  • 2

    DHCと虎ノ門ニュースが残した厄介な「右派市場」

  • 3

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の旧型も、いざウクライナへ?

  • 4

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 5

    カンガルーに影響されすぎたヤギに「歩き方がおかし…

  • 6

    キャサリン妃が初めて着用──メーガン妃「最後の公務…

  • 7

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 8

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 9

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 10

    「完璧なマナー」「一流」 ウィリアム皇太子、メーガ…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 6

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 7

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 8

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 9

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク…

  • 10

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月