最新記事

映画

マライア・キャリーはヌードで眠る

話題の映画『プレシャス』でソーシャルワーカーを演じたキャリーが語る、撮影秘話とプライベートライフ

2010年2月9日(火)16時27分

ひげは嫌だった ハリウッドでの特別上映会で(09年11月) Associated Press / YouTube

 歌手のマライア・キャリー(39)の女優としてのキャリアは、01年の失敗作『グリッター きらめきの向こうに』で終わった......と思ったら大間違い。アメリカ社会の暗部を描く話題作『プレシャス』ではソーシャルワーカーを熱演し、注目されている。本誌ラミン・セトゥデが話を聞いた。

----あなたはずっと前から演技をやりたいと......。

 そう、ずっとやりたかった。あら、途中で割り込んでごめんなさい。母がオペラ歌手だと人の話を遮りがちになるの。ディーバみたいな母のまねをして。

----演技の勉強は?

 昔からやってる。『グリッター』よりも前から。誰も責める気はないけど、あの映画は脚本も完成していないのに撮影を始めたのよ。

----『プレシャス』は苦労した?

 自分らしさをまったく出せないということ以外に?

----自分らしさとは。

 しゃべるときは手をよく動かすし、表現も大げさだし。今回演じた女性はタフでドライなの。

----しかもノーメークだった。

 ノーメーク以下よ。目と鼻の下の赤み......それに、うっすらひげが生えてたのに気付いた? あれだけは嫌だった。あれは私のノーメークの顔じゃないのよ。読者にそう伝えてくれる?

----夫のニック・キャノンが朝に目にするものではないってこと?

 あんなひげが生えてたら、ニックは私と一緒にいないわよ。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

スペインの新型コロナ死者1万3798人に 増加ペー

ワールド

アフリカ債務削減で踏み込んだ対応を、ガーナ財務相が

ワールド

アングル:緊急事態宣言で日本に5兆円の経済損失、巨

ワールド

財政状況は厳しくなるが、今は経済再生が優先=麻生財

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    「コロナ後の世界」は来るか?

  • 4

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 5

    新型コロナの物資配給に「社会的距離ゼロ」のバング…

  • 6

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 7

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 8

    「感染者ゼロ」北朝鮮の新型コロナウイルス対策

  • 9

    コロナウイルスで露呈した中国の本性(一応、ジョー…

  • 10

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 7

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 10

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月