最新記事

ビジネス

すぐに試せるから支持されている 仕事術を学ぶ「テッパン」のビジネス書3選

2022年6月17日(金)17時50分
flier編集部
ビジネス書

bee32-iStock

<あらゆるビジネスパーソンにとって学びがあり、すぐにでも真似したくなる「仕事術」の極意を教えてくれる3冊の本>

一生懸命やっているけど、仕事の成果が上がらない。同僚に比べて仕事が遅い気がする。新人時代に習った仕事の基本をアップデートできていない。

そんなあなたには、できる人の仕事術を教えてくれる「テッパン」、定番の3冊をおすすめします。気になった仕事術があれば、ぜひ取り入れてみてください。(この記事は、本の要約サービス「flier(フライヤー)」からの転載です)。

意外と真似しやすいトップ社員の仕事術

220617fl_tst02.jpg

AI分析でわかった トップ5%社員の習慣
 著者:越川慎司
 出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
 flierで要約を読む

1冊目にご紹介するのは『AI分析でわかった トップ5%社員の習慣』。5%のトップ社員と95%の一般社員、合計約1万8000人の働き方をリサーチ・分析し、「5%社員」と「95%社員」の違いをまとめた一冊です。

たとえば、社内会議。「5%社員」は、「なるほど」「それいいね」「素晴らしい」といった合いの手が「95%社員」より17%も多く、「〇〇をしよう!」「〇〇をやってみよう」というレッツの言葉で会議を締めていることがわかっています。

「5%社員」の仕事術は意外とシンプルで、真似しやすいものばかり。同じシリーズの『AI分析でわかったトップ5%リーダーの習慣』、『AI分析でわかった トップ5%社員の時間術』もおすすめです!

新人もベテランも参考になる仕事の「教科書」

220617fl_tst03.jpg

仕事の教科書
 著者:北野唯我
 出版社:日本図書センター
 flierで要約を読む

2冊目は、『仕事の教科書』。スタートアップから外資系コンサルティングファームまで、一流企業で活躍してきた北野唯我さんが「自分が若い頃に戻れるなら、つぎはこうする」といえる仕事術をまとめた一冊です。

「教科書」という名の通り、仕事の基本が網羅的にまとめられています。新人からベテランまで、どんな人が読んでも発見があるでしょう。

仕事の極意は「時間の節約」にあり

220617fl_tst04.jpg

マッキンゼーで学んだ速い仕事術
 著者:大嶋祥誉
 出版社:学研プラス
 flierで要約を読む

最後は『マッキンゼーで学んだ速い仕事術』。マッキンゼー出身の大嶋祥誉さんが「仕事時間が減って成果が出る仕事術」を教える一冊です。

たとえば「企画書」の章では、企画書のフォーマットを用意することが勧められます。どんな企画にも対応できるフォーマットを作っておけば、説得力ある企画書が作れるし、時間も節約できるのです。

仕事環境、発想、プレゼンなど、課題ごとに「速い仕事術」を教えてくれる本書。マッキンゼー流の仕事術を使えば、もっと効率的に成果が上げられるはず。

仕事術本のテッパン3冊をご紹介しました。気になったものはありましたか? もっと楽しく、快適に働くためのヒントになれば幸いです。

flier編集部

本の要約サービス「flier(フライヤー)」は、「書店に並ぶ本の数が多すぎて、何を読めば良いか分からない」「立ち読みをしたり、書評を読んだりしただけでは、どんな内容の本なのか十分につかめない」というビジネスパーソンの悩みに答え、ビジネス書の新刊や話題のベストセラー、名著の要約を1冊10分で読める形で提供しているサービスです。

通勤時や休憩時間といったスキマ時間を有効活用し、効率良くビジネスのヒントやスキル、教養を身につけたいビジネスパーソンに利用されているほか、社員教育の一環として法人契約する企業も増えています。

flier_logo_nwj01.jpg

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

イラン、イスラエルに報復 弾道ミサイル「第一波」発

ワールド

米軍、イスラエルへ向かうイラン無人機を撃墜 

ビジネス

アングル:パリ五輪、企業の広告需要回復 デジタルの

ワールド

イラン、100機超える無人機発射 イスラエル軍発表
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
2024年4月16日号(4/ 9発売)

アカデミー作品賞映画がアメリカに突き付けた、埋もれた記憶と核兵器のリアル

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 7

    ロシア軍が戦場に乗り捨てた軍用車の「異形」...後ろ…

  • 8

    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…

  • 9

    『大吉原展』炎上とキャンセルカルチャー

  • 10

    マレーシアの砂浜で、巨大な「グロブスター」を発見.…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 7

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 8

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 9

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 10

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 3

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の瞬間映像をウクライナ軍が公開...ドネツク州で激戦続く

  • 4

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    野原に逃げ出す兵士たち、「鉄くず」と化す装甲車...…

  • 9

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中