最新記事

ビジネス

すぐに試せるから支持されている 仕事術を学ぶ「テッパン」のビジネス書3選

2022年6月17日(金)17時50分
flier編集部

bee32-iStock

<あらゆるビジネスパーソンにとって学びがあり、すぐにでも真似したくなる「仕事術」の極意を教えてくれる3冊の本>

一生懸命やっているけど、仕事の成果が上がらない。同僚に比べて仕事が遅い気がする。新人時代に習った仕事の基本をアップデートできていない。

そんなあなたには、できる人の仕事術を教えてくれる「テッパン」、定番の3冊をおすすめします。気になった仕事術があれば、ぜひ取り入れてみてください。(この記事は、本の要約サービス「flier(フライヤー)」からの転載です)。

意外と真似しやすいトップ社員の仕事術

220617fl_tst02.jpg

AI分析でわかった トップ5%社員の習慣
 著者:越川慎司
 出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
 flierで要約を読む

1冊目にご紹介するのは『AI分析でわかった トップ5%社員の習慣』。5%のトップ社員と95%の一般社員、合計約1万8000人の働き方をリサーチ・分析し、「5%社員」と「95%社員」の違いをまとめた一冊です。

たとえば、社内会議。「5%社員」は、「なるほど」「それいいね」「素晴らしい」といった合いの手が「95%社員」より17%も多く、「〇〇をしよう!」「〇〇をやってみよう」というレッツの言葉で会議を締めていることがわかっています。

「5%社員」の仕事術は意外とシンプルで、真似しやすいものばかり。同じシリーズの『AI分析でわかったトップ5%リーダーの習慣』、『AI分析でわかった トップ5%社員の時間術』もおすすめです!

新人もベテランも参考になる仕事の「教科書」

220617fl_tst03.jpg

仕事の教科書
 著者:北野唯我
 出版社:日本図書センター
 flierで要約を読む

2冊目は、『仕事の教科書』。スタートアップから外資系コンサルティングファームまで、一流企業で活躍してきた北野唯我さんが「自分が若い頃に戻れるなら、つぎはこうする」といえる仕事術をまとめた一冊です。

「教科書」という名の通り、仕事の基本が網羅的にまとめられています。新人からベテランまで、どんな人が読んでも発見があるでしょう。

仕事の極意は「時間の節約」にあり

220617fl_tst04.jpg

マッキンゼーで学んだ速い仕事術
 著者:大嶋祥誉
 出版社:学研プラス
 flierで要約を読む

最後は『マッキンゼーで学んだ速い仕事術』。マッキンゼー出身の大嶋祥誉さんが「仕事時間が減って成果が出る仕事術」を教える一冊です。

たとえば「企画書」の章では、企画書のフォーマットを用意することが勧められます。どんな企画にも対応できるフォーマットを作っておけば、説得力ある企画書が作れるし、時間も節約できるのです。

仕事環境、発想、プレゼンなど、課題ごとに「速い仕事術」を教えてくれる本書。マッキンゼー流の仕事術を使えば、もっと効率的に成果が上げられるはず。

仕事術本のテッパン3冊をご紹介しました。気になったものはありましたか? もっと楽しく、快適に働くためのヒントになれば幸いです。

flier編集部

本の要約サービス「flier(フライヤー)」は、「書店に並ぶ本の数が多すぎて、何を読めば良いか分からない」「立ち読みをしたり、書評を読んだりしただけでは、どんな内容の本なのか十分につかめない」というビジネスパーソンの悩みに答え、ビジネス書の新刊や話題のベストセラー、名著の要約を1冊10分で読める形で提供しているサービスです。

通勤時や休憩時間といったスキマ時間を有効活用し、効率良くビジネスのヒントやスキル、教養を身につけたいビジネスパーソンに利用されているほか、社員教育の一環として法人契約する企業も増えています。

flier_logo_nwj01.jpg

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシアの4州「併合」宣言をG7非難、ウクライナはN

ビジネス

中国、国有銀に不動産業界の支援を要請 840億ドル

ワールド

ロシア、ドル建て債利払いをルーブルで実施=財務省

ビジネス

S&P、英格付け見通し「ネガティブ」に 財政赤字縮

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 4

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 5

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシア脱出に長蛇の車列、16キロの大渋滞が衛星写真…

  • 8

    プーチンが部分動員したロシア兵、もうウクライナに…

  • 9

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 10

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 10

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月