最新記事

経済制裁

ロシア、いよいよデフォルトへカウントダウン 想定されるシナリオまとめ

2022年4月11日(月)16時34分

ロシアはこのほど、国際市場で発行したドル建て国債を初めてルーブル建てで返済する手続きを講じたため、対外ソブリン債で初のデフォルト(債務不履行)を起こす可能性が出ている。写真は2018年10月撮影(2022年 ロイター/Maxim Shemetov)

ロシアはこのほど、国際市場で発行したドル建て国債を初めてルーブル建てで返済する手続きを講じたため、対外ソブリン債で初のデフォルト(債務不履行)を起こす可能性が出ている。

格付け会社S&Pは9日、ロシアが海外債権者への返済義務を果たせない、あるいは果たそうとしないリスクが高まったとして、同国の外貨建て国債格付けを「SD(選択的デフォルト)」に引き下げた。

ロシアは1917年のロシア革命直後以来、対外債務でデフォルトを起こしていない。ロシア国債の格付けは、同国がウクライナに侵攻する2月24日までは投資適格級となっており、デフォルトは最近まで想像不可能な事態だった。

ロシアのデフォルトの可能性について要点をまとめた。

◎ロシアは返済できるか

ロシアは4日、2種類のソブリン債について6億4900万ドルの返済期限を迎えた。しかし米財務省は、ロシアが凍結された外貨準備を使って返済することを阻止した。

ロシアは代替策として、いわゆる非友好国の債権者への返済資金を、ルーブル建てで国家保管振替機関(NSD)の特別口座に振り込む措置に出た。

4日に期限が到来したソブリン債の元利支払いには、30日の猶予期間が存在する。

アナリストによると、ロシアには返済の手段も能力もある。エネルギー輸出で数十億ドルの収入を得ているほか、外貨準備の約半分が凍結されているとはいえ、凍結されていない外貨準備も数億ドル分残っている。

国際金融協会(IIF)のデピュティ首席エコノミスト、エリーナ・リバコワ氏によると、これは「支払い意志(WTP)のある状態」と見なせそうだ。

米財務省は、米銀がロシアの支払いを代行する「コルレス銀行」になることは禁じていない。5月25日まではロシアのソブリン債の返済に関する支払いができるよう、認可を与えた。

こうしたことを総合すると、ロシアは意志さえあればまだ返済が可能なようだ。

◎デフォルトの種類

デフォルトとは、最も基本的なレベルで言えば契約違反だが、この言葉には幅広いシナリオが含まれ得る。

国際通貨基金(IMF)の債務再編専門家の論文によると、返済デフォルトとは、猶予期間が過ぎても元本、利払い、その他の債務を支払わないことを指す。

しかし行政上のミスなどで起こる技術的なデフォルトもあり、これらは一般に市場参加者から重視されず、速やかに修復することが可能だ。

不適切な通貨、この場合はルーブルで返済することは、返済不履行に当たると法律専門家は指摘する。

ロシアは、このデフォルトの概念を否定している。ペスコフ大統領報道官は6日、「理論上のデフォルト状態を作り上げることは可能だが、それは純粋に人為的な状態だ」とし、「実際にデフォルトになったという根拠はない」と切り捨てた。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

アングル:「何もかも高い」、米国への旅行者がドル高

ワールド

アングル:コロナで豪ネットギャンブル大盛況、損失は

ワールド

ロシアの4州「併合」宣言をG7非難、ウクライナはN

ビジネス

中国、国有銀に不動産業界の支援を要請 840億ドル

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング