最新記事

ビットコイン

ビットコイン価格は近く半分になる...だが、それで終わりではないと著名投資家

Bitcoin Price Prediction: Plunge To $20,000 Possible, Minerd Says

2021年4月24日(土)18時22分
マイケル・クエト

wenjin chen-iStock

<急上昇していたビットコインの調整は続き、価格は下がると専門家は予想。だが長期的には、今よりはるかに値上がりするという>

過去7カ月間、ビットコインは1万600ドルから6万5000ドルまで上昇し続けてきた。だが著名な投資家は、この最初にして最大の暗号資産(仮想通貨)の価値が半分以下にまで落ち込むと予想している。ただそれは、長期的にさらなる高値に上昇する過程であるとも語っている。

投資運用会社グッゲンハイム・パートナーズのインベストメンツ部門会長兼グローバルCIO(最高投資責任者)であるスコット・マイナードは、ビットコイン価格は急激すぎる値動きによって近く大規模な調整期間に入ると考えている。

CNBCのインタビューに対して彼は「ビットコイン価格は2万~3万ドルに落ち込む可能性があると考えている。50%の値下がりだ」と語った。

とはいえ彼は、投資家たちはこの調整について心配し過ぎる必要はないとした。仮想通貨では、これくらいの下落は何も新しい現象という訳ではないからだ。「ビットコインの面白いところは、これくらいの下落は過去にも何度も経験しているということだ」と、マイナードは言う。「より長期的な強気相場における通常の進化だ」

マイナードは、この最も需要の高い仮想通貨の価格は、最終的に40万~60万ドルにまで達するのではないかと楽観的に予想している。昨年12月、彼はブルームバーグに「我々の基礎的な分析は、ビットコインには40万ドルの価値があると示している」と語った。

大手企業による採用が続く

「これはGDPにおける金(ゴールド)の割合と同じように、希少性と相対的な価値に基づいている。知ってのとおり、ビットコインには金と似た特性が多くあり、同時に送金については他に類を見ない価値を持っている」

大手の機関投資家や金融機関によるビットコインの採用が続いていることも、価格を吊り上げるだろう。3月にはテスラがビットコインによる支払いを認め、4月20日にはシェアオフィス・コワーキングスペースの提供で急成長した米企業WeWorkが、仮想通貨による支払いを受け入れる方針を示した。

ビットコイン投資家のビル・ミラーはCNBCのインタビューで、彼も17年のようなバブルについて心配はしていないと語った。当時、ビットコイン価格は約2万ドルに達した後、80%も急落した。

「(ビットコインの)供給は年に2%増えているが、需要はより急速に増えている。それだけ分かっていればいい。そのことが意味するのは、さらなる値上がりに向かうということだ」と、ミラーは語っている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ノルドストリームガス漏れ、4カ所目発見=スウェーデ

ワールド

米、太平洋諸島とパートナーシップで合意 巨額援助提

ワールド

米エネルギー業界、景気後退や供給不足長期化を懸念=

ワールド

インドネシアGDP、第3四半期は5.4─6%増の予

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 8

    チャールズ皇太子が、メーガン妃を「タングステン」…

  • 9

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 10

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月