最新記事

日韓関係

韓国政府、国際機関による調査を提案 日本の「対北朝鮮制裁違反」指摘に反論

2019年7月12日(金)18時05分

韓国は、同国が国連の対北朝鮮制裁に違反し、日本から輸入した半導体材料を北朝鮮に輸出しているとの指摘が日本政府高官からでていることについて、事実関係を確認するための国際機関による調査を提案した。写真は都内で撮影。左が日本政府側。(2019年 ロイター)

韓国は12日、同国が国連の対北朝鮮制裁に違反し、日本から輸入した半導体材料を北朝鮮に輸出しているとの指摘が日本政府高官からでていることについて、事実関係を確認するための国際機関による調査を提案した。

韓国国家安保室の金有根(キム・ユグン)第1次長は会見で、国連の対北朝鮮制裁決議と戦略物資や軍民両用の技術に関する国際的な輸出管理の枠組みを完全に順守してきたと説明。

「日本の高官が最近、明らかな根拠も示さず、韓国政府が輸出管理に違反し制裁を順守していないといった無責任な発言をしていることに深い遺憾の意を示す」と述べた。

その上で、日本政府の主張を裏付ける根拠となる事実があるか判断するため、国連安全保障理事会の専門家もしくはしかるべき国際機関による公平な調査を提案した。

調査で韓国側の非が見つかれば、謝罪し、是正措置を即時講じるとした。だが、韓国側に問題ないと判定された場合は「日本は韓国政府に謝罪するだけでなく、輸出規制を直ちに撤回しなければならなくなる」と述べた。

[ソウル 12日 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2019トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

MAGAZINE

特集:ファクトチェック文在寅

2019-7・30号(7/23発売)

歴史や貿易問題で日本との真向対決をいとわないリベラル派大統領の知られざる経歴と思考回路

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    山本太郎現象とこぼれ落ちた人々

  • 7

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…