最新記事

SNS

フェイスブックの身勝手な「心理実験」

無断でユーザーの心理実験をしたことについて「よくある製品テスト」と言ってのける神経は大丈夫か

2014年7月15日(火)15時07分
ウィル・オリマス

罪の意識なし 謝罪にならない謝罪をするサンドバーグCOO Adnan Abidi-Reuters

 明るい投稿を増やすとユーザーの投稿も明るく、暗い投稿を増やすと暗くなる──フェイスブックが米コーネル大学らと12年にユーザーに無断で行っていた心理実験が最近になって報じられ、物議を醸している。COO(最高執行責任者)のシェリル・サンドバーグは先週、ユーザーに対して謝罪した。

「実験」では、フェイスブック上のニュースフィードに表示される友人の投稿を勝手に削除するなどの操作がなされていた。暗い内容の投稿を減らせば本人の投稿は明るい話題になるかなどの心理状況を調べるためだ。

「この調査は企業がよく行う製品テストの一部であり、それ以上でもそれ以下でもない。問題は説明が不十分だったことだ。その点については謝罪する。ユーザーを動揺させるつもりはなかった」と、サンドバーグは語った。

 これは実験に対する謝罪ではない。調査の何が「説明不十分」だったというのか。調査の前提や方法、結果については、学術誌に詳細に発表されている。

 そして「ユーザーを動揺させるつもりはなかった」とは、どういう意味か。この実験の目的はまさに、フェイスブックが一部のユーザーを動揺させることではなかったか。

 人間を対象とした学術研究の基準で考えれば、この実験を非倫理的とみる人がいてもおかしくはない。企業の技術開発の基準で考えれば問題ないという見方もできる。どちらにしろ、意図的でなかったものなど何一つない。

 サンドバーグの謝罪の言葉には誠実さが感じられず、筋も通らない。そこから彼女の意図をくみ取るには、行間を読まなければならない。
サンドバーグの本音は、フェイスブックはそもそもこの調査の結果を発表しなければよかった、ということではないか。

 サンドバーグの声明のもう1つの解釈は、本当は申し訳ないとはまったく思っていないということだ。多くの人が憤慨しているので、何かを言わなくちゃ、と思っただけかもしれない。

© 2014, Slate

[2014年7月15日号掲載]

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ロ朝が包括戦略条約、有事に相互支援 プーチン氏24

ビジネス

英CPI、5月は3年ぶり2%目標回帰 基調圧力なお

ワールド

マレーシアと中国、経済協力協定更新 デジタル経済な

ワールド

イスラエル、戦争法規違反の可能性 国連が報告書
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 6

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 9

    トランプ前大統領、選挙演説での「異様な容貌」に支…

  • 10

    SF映画の世界...サウジ皇太子が構想する直線型都市は…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中