最新記事

企業統治

乗っ取り王アイカーンがいい奴に変身?

株主を軽視するデルやアップルといった大企業を制裁する金と勇気があるのはこの男だけ

2013年8月29日(木)16時49分
ダニエル・グロス(ビジネス担当)

相場師 大企業の強欲CEOを相手に荒稼ぎするアイカーン Heidi GutmanーCNBC/Getty Images, Peter WeberーPhotographer's Choice/Getty Images (Crown)

 じりじりと上がっては下がる冴えない株式市場でこの夏、頻繁に名前が浮上する投資家がいる。カール・アイカーンだ。80年代には乗っ取り屋として恐れられた彼は76歳の今、SNSを使いこなし、強欲な経営陣を追い詰めている。

 アイカーンは金持ちで(彼の投資会社の総資産はざっと70億・)、辛辣で頭が切れる。投資家説明会でのお家芸は、株主利益を軽んじる企業統治の構造的欠陥についての長広舌だ。

 そのアイカーンが今年に入り注目度の高い企業買収や経営問題に首を突っ込み、しばしば創業CEOたちとも渡り合って俄然、株を上げている。

 まずは経営不振のパソコンメーカー、デル。創業者兼CEOのマイケル・デルが、MBO(経営陣が参加する買収)で会社を非公開にして再建する計画を提案すると、アイカーンが立ち上がった。デルらが株主に提案している買収価格は安過ぎる、一般株主はだまされていると、MBO反対を呼び掛けたのだ。

 デル側も買収価格を引き上げるなど株主に歩み寄っているが、アイカーンの返答は「デルとの戦争は終結から程遠い」。MBOの是非を問う株主投票は3度も延期され、来月の臨時株主総会での対決が注目されている。

 デルの前には、栄養補助食品メーカー、ハーバライフの経営実態をめぐる論争に乗り込んだ。ヘッジファンドを運営するウィリアム・アックマンがハーバライフのビジネスはねずみ講同然だと公言して空売りを仕掛けると、アイカーンは健全なビジネスモデルだとかみついた。

 さらに同社の株価は安過ぎたとして大量に株式を取得。1月にはビジネス専門チャンネルCNBCの生放送で、後世まで語り草になるであろう罵り合いをアックマンと演じた。

 春から夏にかけての株価は、アイカーンに味方した。他の投資家が追随するにつれて株価は急騰し、アイカーンの儲けは数億・に膨らんだ。負けたアックマンのほうは大損だ。

アップルの株価も急騰

 アイカーンの最大の功績は、8月半ばに発した短いメッセージかもしれない。かつて投資家にもてはやされたアップルの株価は、昨年9月〜今年5月の間に約40%も下落。投資家たちはアップルに、1450億・に達する手元資金を配当か自社株買いで株主に還元するよう求めていた。そうすれば株価回復にも役立つはずだ。

 アップルはそうした声をほとんど無視した。所詮、一般株主の要求がアップルのような大企業に聞き届けられることなどめったにない。だがアイカーンなら話は別だ。

 彼はアップル株を買い、株主として声を上げ始めた。先週、アイカーンはツイッターでこうつぶやいた。「アップルのティム・クックCEOといい話し合いができた。より大規模な自社株買いをすぐ実施すべきだという点についてだ。近くまた話をすることになった」

 このツイートが出る前に475ドルで取引されていたアップル株は、数分で485ドルに急騰し、翌日には7カ月ぶりに500ドルを超えた。アイカーンが圧力をかけているというニュースだけで、アップルの企業価値が220億ドルも増加したのだ。

 今どき140文字でこれほどの影響力を行使できる人間は、アイカーンぐらいのものだろう。

[2013年8月27日号掲載]

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

再送-イスラエル、ガザ南部で軍事活動を一時停止 支

ワールド

中国は台湾「排除」を国家の大義と認識、頼総統が士官

ワールド

米候補者討論会でマイク消音活用、主催CNNが方針 

ワールド

米石油・ガス掘削リグ稼働数、22年1月以来の低水準
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 3

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 4

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 5

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 6

    FRBの利下げ開始は後ずれしない~円安局面は終焉へ~

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    「ノーベル文学賞らしい要素」ゼロ...「短編小説の女…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中