最新記事

ゲーム

ライバルを圧倒したプレステ4の寛大さ

新製品でプレステと正面対決したXbox Oneが犯した「3つの敗因」とは?

2013年6月28日(金)15時01分
ウィンストン・ロス

完勝 世界最大級の見本市でプレステ4が次世代ゲーム機の王者に Gus Ruelas-Reuters

 先週ロサンゼルスで開催された世界最大級のゲーム見本市、エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ(E3)。その熱気たるや、先の大統領選挙も顔負けだった。

 この見本市に「出馬」したのはマイクロソフトのXbox Oneとソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)のプレイステーション4。Xboxが8年ぶり、プレイステーションが7年ぶりの新製品発売を予告して以来、ゲーマーたちはその発表を待ち受けていた。その期待度は、リーマン・ショック後の景気後退による購買力の減少もものともしない勢いだ。

 そして待ち望んだ瞬間がやって来た。勝負は、プレイステーション4の圧勝だった。堂々たるゲーム機の王者の誕生だ。

 ゲームのニュースサイト、IGNが8万4000人のユーザーを対象に行った人気投票によると、75%がプレイステーション4を一番のゲーム機に選んだ。その差はあまりに圧倒的だったので、Xbox Oneに投票した人はマイクロソフトの「さくら」扱いされたくらいだ。

 なぜプレイステーション4は勝利したのか。関係者によれば、勝因は3つある。「ネットにつながなくていい」「ゲームソフトの交換や中古ソフトの売買ができる」、そして「価格」だ。

「ネットにつなぐ」のは当然と思われるかもしれないが、ゲームの世界ではこれが勝敗を分ける大問題なのだ。Xbox Oneの場合は「少なくとも1日1回」のネット接続を求められる。だがそうなると、絶海の孤島とか山奥のキャンプでは遊べないことになる。

ゲーマーの「怒り」を回避

 友達同士のソフト交換や中古ソフトの売買についても、両社の立場は大きく異なる。Xbox Oneでは、欲しいゲームは新品を買うしかない。ゲーマーはこれに憤慨している。年内に過激なゲーマーによる大規模なデモ行進が予定されているほどだ。ところがSCEの立場はまったく違う。「ゲームソフトの交換も中古の売買も、どうぞご自由に」だ。

 最後は価格。会場は既にSCEの寛容さに感動していたが、ゲーマーが最も気にするのは価格だ。マイクロソフトはXbox Oneの価格を499㌦に設定すると手の内を見せていた。SCEは同じ価格で勝負しても勝っただろう。だがSCEはもっと寛大だった。発表されたプレイステーション4の価格はライバル機より100ドルも安い399ドル──もちろん会場には衝撃が走った。

 SCEはどこで「勝利のレシピ」を手に入れたのか。SCEアメリカのハードウエア・マーケティング担当副社長のジョン・コラーは、3つの決断の背景にはユーザーたちとの大議論があったと語る。

 中古ソフトの売買については「利用者の側に立つ」。利用者は中古ソフトを売って新しいソフトを買うことが多く、コラーは「中古ソフトの売買は新製品の売り上げにもつながる」と言う。そして、これを禁じたらゲーマーが猛反発することも分かっていた。「顧客を怒らせるのは、当社の望むところではない」

 ネットにつなげなくても遊べる、というのも同じ考えからだ。「ゲームソフトを本体に入れるだけ。それ以上、利用者に負担をかけたくない」。コラーは価格の話には触れたがらない。だが価格はライバル社のそれが発表される前から決まっていたと言う。「価格は徹底した過去の情報分析からはじき出した。だから消費者の心を打つ」

 これまでのゲーマーたちの反応からすれば、まさに「心を打つ」という表現がピッタリだ。

[2013年6月25日号掲載]

ニュース速報

ワールド

米最高裁判事の増員検討へ、バイデン氏が大統領令で委

ワールド

中国、アリババに27.5億ドルの罰金 独禁法違反で

ワールド

アングル:女性の経済政策リーダー続々、コロナ禍克服

ビジネス

アングル:メキシコ対ブラジル、投資家振り回した大統

MAGAZINE

特集:岐路のビットコイン

2021年4月13日号(4/ 6発売)

大企業や金融大手が次々と参入を開始。膨らみ続けるバブルははじけるのか、それとも?

人気ランキング

  • 1

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 2

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 3

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:シドニー

  • 4

    「よい誤解」だから許される? 日本の「ハーフ観」…

  • 5

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 6

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 7

    あなたが仕事を始めないのは「やる気が出るのを待って…

  • 8

    「日本のお金で人殺しをさせないで!」ミャンマー国…

  • 9

    今年のアカデミー賞候補はハズレなし! 一方で過去…

  • 10

    障がいを持ち、産みの親に捨てられた少女を偉大なア…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 4

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 5

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

  • 6

    マスクなしでスーパーを埋め尽くす「買い物テロ」に…

  • 7

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 8

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 9

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 3

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 4

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 5

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 6

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 7

    親指の爪ほどの貝がインフラを破壊する 侵略的外来…

  • 8

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 9

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 10

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月