最新記事

ネット

「フェイスブックフォン」は買いか

噂の「フェイスブックフォン」の正体は、もっとFBを使わせるアプリ

2013年4月16日(火)15時50分
ウィル・オリマス

ハマりそう? 「ホーム」をプリインストールしたHTC端末も登場 Robert Galbraith-Reuters

 先週、噂の「フェイスブックフォン」がついにベールを脱いだ。といっても正確には「電話」ではなく「フェイスブックホーム」というアプリ。アンドロイド携帯の画面にフェイスブックのフィードやメッセージを表示し、フェイスブックを利用しやすくするのが狙いだ。アメリカでは4月12日から、グーグルのプレイストアで無料ダウンロードできる。

 フェイスブックが開発したわけではないが「フェイスブックフォン」も用意されている。HTCやAT&Tと提携し、フェイスブックホームをあらかじめインストールしたスマートフォン「HTCファースト」で、同じく12日発売予定だ。

 「フェイスブックフォン」を買う人がいるとしたら、考えられる動機は5つある。

■安いから HTCファーストは99ドルで買える(AT&Tとの2年契約が前提)。

■フェイスブックをチェックする手間が省けるから アメリカの消費者がスマホなどのモバイル機器を利用する時間のうち、平均18%がフェイスブックの利用に充てられている。フェイスブックホームの「カバーフィード」機能を使えば、電源を入れるとすぐにフェイスブックの内容がホーム画面として表示されるようになる。写真などが交互に表示され、フェイスブック上の最新情報が確認できる。

■チャットが楽しめるから 「チャットヘッド」機能を使えば、友達からのメールや投稿があると相手のプロフィール写真が表示される。フェイスブックのアプリとスマホのメールを行ったり来たりするより簡単で、見た目もいい。

■友達が好きでたまらないから 天気や株価やツイッターやグーグル検索やレストランのレビューサイトよりも、友達がいま何をしているかのほうが気になる──というのがフェイスブックホームの基本前提。ツイッターやグーグル検索などもできるが、ホーム画面はあくまでもフェイスブックだ。

■本当の意味のフェイスブックフォンじゃないから 何より安心なのは、携帯電話の製造や販売、さらにOSの設計はプロに任せていること。HTCファーストの場合はそれぞれHTC、AT&T、グーグルが担当している。

 では逆に買わない理由は? もちろん、フェイスブックにハマっていないから、に尽きる。

© 2013, Slate

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ロ朝が包括戦略条約、有事に相互支援 プーチン氏24

ビジネス

英CPI、5月は3年ぶり2%目標回帰 基調圧力なお

ワールド

マレーシアと中国、経済協力協定更新 デジタル経済な

ワールド

イスラエル、戦争法規違反の可能性 国連が報告書
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 6

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 9

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 10

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中