最新記事

テクノロジー

電気自動車の「本命」がハイウエーにやって来る

シリコンバレーが生んだテスラの中型セダン「モデルS」は自動車業界に革命を引き起こせるか

2012年9月13日(木)15時20分
ウィル・オリマス(スレート誌記者)

走る優越感 車線変更のため加速すると、周囲の車が道を空けた Noah Berger-Reuters

 マンハッタンのハイウエーで米電気自動車(EV)メーカー、テスラモーターズの「モデルS」の試乗を行った。私が車線変更を試みると、預言者モーセの前で海が2つに割れるかのように、周囲の車が道を空けた。

 アクセルを踏み込むと、今までの車では得られなかった興奮が味わえた。車が何の物音も立てずに疾走を開始する。たった4.4秒のうちに、時速約100キロに達する加速性能を備えているのだ。 

 自分のことを、物質的な富で優越感に浸るような人間だとは思いたくない。でも忍者のように音もなく走る私の車を、BMWのドライバーが指をくわえて眺めているとしたら痛快だ。

 その昔、周囲の馬車を尻目に走ったT型フォードさながら。テスラ初の量産車である中型セダン「モデルS」はわずか15分間の試乗で十分な自己満足に浸ることができる。

 サンノゼ・マーキュリー・ニューズ紙のトロイ・ウルバートンも試乗記にこう書いた。「今や私も高級クラブの会員だ。テスラの新型EVを運転した少数派の1人なのだから」

 ボンネットを開けても、20世紀の車と違ってチューブやファン、パイプ、金属部品などは見当たらない。そのスペースは「フロントのトランク」という意味でフランクと呼ばれる。ちょっとした荷物などを放り込めるので便利だ。ハンドルの横には、カーナビなどの機能を持つ17インチのタッチスクリーンを搭載している。

 モデルSはデトロイトではなくシリコンバレー製。流れるようなラインのスタイルといい、すっきりとしたデザインといい、まるでアップル製品の自動車版ともいえそうだ。

 ただしアメリカの自動車業界や保守派は、テスラは「高価なおもちゃ」作りのために連邦政府から4億6500万ドルもの低利融資を受けた、と批判を浴びせている。なかなか専門家に試乗させない方針も問題視されている。

 モデルSが抱える主要な問題点は、価格の高さといえそうだ。一番安いタイプでも4万9900ドルもする(米政府の税控除適用後)。最高級タイプとなると、9万7900ドルにもなる。

 モデルSの出荷は6月に始まったが、廉価なタイプが市場に出回るのはしばらく先になる。8万7900ドル以上の高級タイプが1000台以上出荷された後のことだ。

© 2012, Slate

[2012年8月 8日号掲載]

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

バイデン大統領、米大統領選から撤退表明 「ハリス氏

ワールド

トランプ氏、「ハリス氏のほう負かしやすい」 バイデ

ワールド

トランプ氏、演説で民主党あざける 暗殺未遂後には習

ワールド

イスラエル軍、イエメンのフーシ派拠点空爆 テルアビ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 2
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デップの姿が話題に...33歳年下「新恋人」との写真も
  • 3
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 4
    見落とされがちな「女の子のADHD」15の徴候とは?
  • 5
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 6
    メーガン妃の「狂気的なオーラ」が注目を集める...そ…
  • 7
    ロシア防空ミサイルが「ドローン迎撃」に失敗...直後…
  • 8
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 9
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 10
    酔った勢いで彫った「顔のタトゥーは似合わない」...…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 4
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 7
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 8
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 9
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 10
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中