最新記事

市場

世界の金融中心地はNYでなく香港か

ニューヨークとロンドンの両方が初めて負けたのは、単に金融危機のせいではない

2012年1月31日(火)12時41分
リン・ラ

欧米への警鐘 金融センターとして躍進を遂げた香港 Bobby Yip-Reuters

 香港が初めてニューヨークとロンドンを抜いた。世界経済フォーラム(WEF)が先週発表した11年の「金融市場発展度」番付で、香港が首位に躍り出た。

 アジアの都市として初の快挙。ロンドンかニューヨークがトップに選ばれなかったのも、これが初めてのことだ。

 金融市場発展度は、効果的な金融仲介サービスや金融市場をもたらす政策や機関の評価、資本と金融サービスへのアクセスの良さなどを基に算出される。

 この指標はまた長期的な金融政策も分析し、各国で改革すべき分野を指し示してもいる。

 アメリカとイギリスは依然として金融危機からの回復途上にあり、両国の窮状は企業の資本へのアクセスを滞らせている。その一方で昨年4位だった香港は、IPO(新規株式公開)や保険など銀行業以外の金融サービスで健闘した。

 WEFのケビン・スタインバーグCOO(最高執行責任者)いわく、「欧米の金融センターが短期的課題に集中する現状は理解できるが、この番付は、長期的には欧米の指導的地位が脅かされるかもしれないと警鐘を鳴らしている」。

[2011年12月28日号掲載]

ニュース速報

ワールド

中国の香港出先機関、米制裁を批判「こっけいでばかげ

ワールド

コロナ対策協議、合意なければ権限行使する=トランプ

ワールド

アングル:「銭湯文化」を救う日本の新世代、コロナ禍

ワールド

アングル:トランプ氏TikTok「分け前」要求、法

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 5

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 6

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 7

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 8

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 9

    中国はファーウェイ5Gで通信傍受する、英米の歴史か…

  • 10

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 5

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 6

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月