最新記事

オランダ

大麻店はオランダ人限定で観光に打撃

合法大麻販売店「コーヒーショップ」の外国人の利用を禁じる方針を示したオランダ政府だが、観光業界は猛反発

2011年6月8日(水)17時18分

自由の象徴? ロッテルダムの「コーヒーショップ」で大麻をふかす男性 Jerry Lampen-Reuters

 オランダ政府は先月、大麻が合法で販売されている通称「コーヒーショップ」について、外国人の利用を禁じる方針を発表した。反対派は、「オランダの観光業にとって自殺行為だ」と猛反発している。

 政府はウェブサイトでこの決定を発表。目的は「犯罪や迷惑行為、外国人によるドラッグツーリズム」を減少させることだ。

 さらに政府は「大麻許可証」の導入も検討している。コーヒーショップを会員制のクラブに変え、18歳以上の成人オランダ人のみに利用を制限する、というもの。安全・司法省の報道発表には以下のように記されている。


 コーヒーショップの利用は許可証を所持する会員に限られ、1店当たりの会員数の上限も定める。会員は成人のオランダ国民に限定する。


 政府はこの規制はドイツやベルギー国境で頻発している密輸を取り締まるためにも必要だとしている。


 オランダは麻薬密輸行為の取り締まりを強化する。対象となる犯罪組織の割合は20%から40%へと2倍に増加する見込みだ。


 コーヒーショップの外国人規制はオランダの南部地域で今年中に施行され、2012年には全国で実施される。

かえって治安は悪化する?

   首都アムステルダムの観光産業は、徹底抗戦を誓う同市の市長を担ぎ、規制に反対の声をあげている。アムステルダム観光局は、規制は外国人差別に当たると主張している。同観光局は「大麻などのソフトドラッグが以前のように路上で違法に販売されるようになり、犯罪や危険な事件を増加させることになる」ことも懸念する。

「オランダ政府はオランダの国全体のためを考えてこの規制を決定したが、アムステルダムにとっては望ましくない」と同観光局の広報担当者マクタルド・リグトヴットはCNNの取材に対して語った。

「私たちはコーヒーショップを積極的に推進しているわけではない」とリグトヴットは言う。「それでも、この地でソフトドラッグを購入して使えるというアイデアそのものが、アムステルダムの魅力の1つであり、かの有名な自由の精神を表してもいる」
 
 ロイターの報道によると、アムステルダムの歓楽街に推定220店舗あるとされるコーヒーショップの一部は、既に閉鎖し始めているという。

 強硬策に出たオランダ政府だが、国内の麻薬使用は「ここ10年ほどほぼ安定した状態にある」としている。

GlobalPost.com特約

MAGAZINE

特集:嫌韓の心理学

2019-10・15号(10/ 8発売)

日本人はいつから韓国が嫌いになったのか? 心理学とメディア分析で「嫌韓」を分析

人気ランキング

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    保守がネット右翼と合体し、いなくなってしまった理由(古谷経衡)

  • 4

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 5

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパーク…

  • 6

    台風19号、東日本直撃し各地で氾濫被害 千曲川は堤防…

  • 7

    台風19号、関東中心に記録的な風雨 2人死亡

  • 8

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 9

    プレゼンでスティーブ・ジョブズから学ぶべきでない3…

  • 10

    台風19号接近、東海・関東地方で河川が氾濫危険水位に…

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    なぜ韓国の若者は失業に苦しみ続けるのか

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    北朝鮮漁民は「100年前の船」で無謀な出漁......日本…

  • 6

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 7

    『ジョーカー』怒りを正当化する時代に怒りを描く危…

  • 8

    ツイッター動画が人生を変えた......ホームレス・シ…

  • 9

    「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

  • 10

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパーク…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 6

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 7

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月