最新記事

オランダ

大麻店はオランダ人限定で観光に打撃

合法大麻販売店「コーヒーショップ」の外国人の利用を禁じる方針を示したオランダ政府だが、観光業界は猛反発

2011年6月8日(水)17時18分

自由の象徴? ロッテルダムの「コーヒーショップ」で大麻をふかす男性 Jerry Lampen-Reuters

 オランダ政府は先月、大麻が合法で販売されている通称「コーヒーショップ」について、外国人の利用を禁じる方針を発表した。反対派は、「オランダの観光業にとって自殺行為だ」と猛反発している。

 政府はウェブサイトでこの決定を発表。目的は「犯罪や迷惑行為、外国人によるドラッグツーリズム」を減少させることだ。

 さらに政府は「大麻許可証」の導入も検討している。コーヒーショップを会員制のクラブに変え、18歳以上の成人オランダ人のみに利用を制限する、というもの。安全・司法省の報道発表には以下のように記されている。


 コーヒーショップの利用は許可証を所持する会員に限られ、1店当たりの会員数の上限も定める。会員は成人のオランダ国民に限定する。


 政府はこの規制はドイツやベルギー国境で頻発している密輸を取り締まるためにも必要だとしている。


 オランダは麻薬密輸行為の取り締まりを強化する。対象となる犯罪組織の割合は20%から40%へと2倍に増加する見込みだ。


 コーヒーショップの外国人規制はオランダの南部地域で今年中に施行され、2012年には全国で実施される。

かえって治安は悪化する?

   首都アムステルダムの観光産業は、徹底抗戦を誓う同市の市長を担ぎ、規制に反対の声をあげている。アムステルダム観光局は、規制は外国人差別に当たると主張している。同観光局は「大麻などのソフトドラッグが以前のように路上で違法に販売されるようになり、犯罪や危険な事件を増加させることになる」ことも懸念する。

「オランダ政府はオランダの国全体のためを考えてこの規制を決定したが、アムステルダムにとっては望ましくない」と同観光局の広報担当者マクタルド・リグトヴットはCNNの取材に対して語った。

「私たちはコーヒーショップを積極的に推進しているわけではない」とリグトヴットは言う。「それでも、この地でソフトドラッグを購入して使えるというアイデアそのものが、アムステルダムの魅力の1つであり、かの有名な自由の精神を表してもいる」
 
 ロイターの報道によると、アムステルダムの歓楽街に推定220店舗あるとされるコーヒーショップの一部は、既に閉鎖し始めているという。

 強硬策に出たオランダ政府だが、国内の麻薬使用は「ここ10年ほどほぼ安定した状態にある」としている。

GlobalPost.com特約

MAGAZINE

特集:世界はこう見る日韓不信

2019-1・29号(1/22発売)

徴用工判決にレーダー照射......中国が台頭する東アジアで終わりなき争いを続ける日本と韓国への「処方箋」

人気ランキング

  • 1

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 2

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの新譜は...

  • 3

    「世界中が怒りを感じている」上位26人が下位38億人分の富を保有。富裕層があと0.5%でも多く税金を払えば、貧困問題は解決するのに

  • 4

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 5

    偶然ではない、日韓は「構造的不仲」の時代へ

  • 6

    ネイティブが話す「本物」の英語は世界の職場で通じ…

  • 7

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 1

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 インドネシア、違法飼育の容疑で日本人を捜索

  • 2

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 5

    タイ洞窟からの救出時、少年たちは薬で眠らされ、両…

  • 6

    北方領土が「第二次大戦でロシア領になった」という…

  • 7

    人の頭を持つ男、指がなく血の付いた手、三輪車に乗…

  • 8

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 9

    タイ洞窟の少年たちは見捨てられる寸前だった

  • 10

    「お得意様」は気づいたら「商売敵」に 中国の猛追へ対…

  • 1

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 2

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 3

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 4

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 5

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 6

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 7

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 8

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

  • 9

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月