最新記事

ネット

サイバー攻撃、中国側のふるった言い分

グーグルに対する攻撃元が中国の学校と特定されたが、中国側は「誰かが乗っ取ってやったことかも」と反論

2010年2月24日(水)17時16分
クリス・トンプソン

人のせい 中国はセキュリティが遅れているから仕方ない?(安徽省合肥市のインターネットカフェ、今年1月) Reuters

 米政府の情報部門がグーグルに対するハッカー攻撃の発信源が中国の2つの学校であることを突き止め、ソフトウェアの開発者も特定した――英米メディアでの報道を受け、中国の国営新華社通信は否定にならない否定記事を掲載した。

 筆者のムー・シュエチュアンは中国政府がサイバー攻撃に一切関わっていない、とまでは主張していない。むしろムーはシンプルにこう伝えている。まだ何一つ確かな証拠はない、と。

 ムーはハッカーのIPアドレスが上海交通大学と山東藍翔高級技工学校のものだと特定されたにしても、それに何か意味があるとは必ずしも言えない、と主張している。何者かが遠隔操作でこの2校のコンピューターにアクセスし、両校を踏み台にグーグルにサイバー攻撃を仕掛けた可能性もある、というのだ。


 いまだにインターネットのセキュリティ技術やサービスが未発達なため、中国のコンピューターはハッカーに乗っ取られやすい。中国人のインターネットユーザーの大半もセキュリティ意識に欠け、十分な防御措置をとっていない。今回判明したハッカーのIPアドレスは、サイバー攻撃が中国人によって、あるいは中国国内から行われたというメディアの主張を裏付けるものではない。


 加えてムーは問題の2校が中国政府や人民解放軍と研究提携している学校であることを深読みしない方がいい、と述べている。どの国の政府にも官学連携の研究プロジェクトくらいある。それを言うなら、アメリカ政府などはサイバーセキュリティやハッキングの専門家までおおっぴらに雇っているではないか。
 

グーグルは中国と交渉再開?

 ムーの主張はこの問題に対する中国政府の主張に沿ったものだ。ハッキングは地球規模の問題で、中国もほかの国と同様に攻撃を受ける。グーグルの一件で怒りをぶつけるのではなく、サイバー世界の共通の敵に協力して立ち向かおうではないか。「効果的な監視と緊密な国際協力がサイバーセキュリティを向上させる道だ。互いを非難しあっても解決にならない」――というわけだ。

 その一方で、ウォールストリート・ジャーナル紙の報道によれば、旧正月休みが終わったあと、グーグルは以前に中国政府と交わした検閲協力は拒否しながらも、中国から撤退せずに居残る道を探るため、当局との話し合いを再開しようとしている。グーグルはこの報道へのコメントを拒否している。

*The Big Money特約
http://www.thebigmoney.com/

ニュース速報

ワールド

米の香港優遇措置撤廃、「無謀で恣意的」と中国共産党

ビジネス

ルフトハンザ救済案、ドイツ政府と欧州委が暫定合意=

ワールド

ミネソタ州黒人死亡、殺人容疑で元警官訴追 検察「最

ワールド

韓国、新型コロナ感染増加でレムデシビル輸入へ 欧州

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 2

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 3

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 6

    コロナショックで孤立無援のイタリアが恨み節──加速…

  • 7

    ブラジル、新型コロナ感染爆発 1日で過去最多2万641…

  • 8

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 9

    米、香港への優遇措置もはや継続できず 中国による…

  • 10

    中国がWHOに送り込んだプロパガンダ宣伝マン

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月