最新記事

新興国

次の投資フロンティアはシリアだ

原油、急増する人口、安定した通貨、少ない債務……潜在力は大きい

2009年12月21日(月)15時06分
バートン・ビッグズ(ヘッジファンド「トラクシス・パートナーズ」マネジングパートナー)

 イランと長年の友好関係にあるシリアは、かつてジョージ・W・ブッシュ米大統領から「悪の枢軸国」と名指しされた。しかしここにきて、孤立状態を脱する準備が整いつつあるように見える。

 これは中東の平和と繁栄を考える上で重要な変化であり、実際にシリアに新たな時代が訪れるとすれば、その原動力となるのは若き大統領バシャル・アサドだろう。

 中東の和平交渉はシリア抜きでは実現できない。かつてヘンリー・キッシンジャー元米国務長官は、エジプト抜きでは戦争は起きないが、シリア抜きでは和平は実現しないと述べた。この言葉は今の時代にも当てはまる。

「成長の地」といえば新興国市場だが、10倍株が生まれるのは既に株が高値で取引されている既存の新興国市場ではなく、未開の「フロンティア」市場だ。1、2年先にはシリアもその仲間入りする可能性はあるが、手を出すのはまだ早い。今のところ非居住者が買えるシリアの銘柄はないからだ。

 しかし、やがて状況は変わるだろう。外国直接投資(FDI)、インフラ整備、健全に機能する株式市場の確立が循環的に進み、魅力を増していけば、シリアにとっても投資家にとっても大きな利益を生む可能性がある。

 シリアは古代オリエント文明の中心地で、「肥沃な三日月地帯」と呼ばれる農耕地帯に位置する。見事な景観と古代遺跡が今も残されている一方で、周囲はイラク、レバノン、イスラエル、トルコ、ヨルダンといった手ごわい国々に取り囲まれている。

 それでも、シリアに潜在する経済的な魅力は大きい。まずは原油があること。急増する人口は2000万人を超え、若者が多い。企業家精神あふれる経済はやや未熟ではあるが拡大を続けており、対外債務も少ない。通貨シリア・ポンドは安定しており、財政赤字もほんの僅かだ。

現実的なアサド大統領

 実質GDP(国内総生産)成長率は年6〜7%。世界銀行の最新調査では「犯罪が少ない」国の1位に挙がっているが、「官僚制度とインフラに問題が多く、融資を受けにくい」国にも選ばれている。

 国外で成功を収めた在外シリア人たちは、次々と母国へ金を送り込んでいる。観光資源も計り知れない。外国人が訪れることの少ない首都ダマスカスは、青空市場とモスク(イスラム礼拝所)が彩る昔ながらのアラブの古都だ。

 私は国外に住む著名なシリア人の協力でシリアを訪れ、アサド大統領をはじめ、経済担当の副首相、金融相、実業家、学者、銀行家などと面会することができた。

 会合は儀礼的なものではなく、お粗末なプレゼンテーションもいくつかあったものの、議論は率直で白熱した。大半のシリア人はアメリカが一方的にイスラエルの肩を持っていると捉えており、アメリカによる経済制裁や9月にニューヨークでの国連総会に出席しようとしたアサドのビザ申請が却下されたことに憤っていた。

 アサドは魅力的な人物だ。かつてはロンドンで若き眼科医として活躍していたが、兄が自動車事故で死亡したのを機に帰国。30年間圧制を敷いた父親の死後、00年に大統領に就任。40代半ばだが雄弁で見識があり、カリスマ性もある。

 アサドは政府が国民一人一人の所得水準を上げ、雇用を支援しなければならないことを率直に認めている。経済の緩やかな自由化と和平に取り組む自分は、過激派にとっては敵だとも語った。発電所やダム、学校、道路を造るには国外からの投資が欠かせないことも認識している。

初の証券取引所が誕生

 幸いにもFDIの投資先としてシリアは魅力的な国だ。通貨は安定しており、対外債務も国内債務も極めて少ない。昨年のFDIは20億ドルほどだったが、その大半はアラブ諸国からの投資だった。

ニュース速報

ビジネス

ルフトハンザ救済案、ドイツ政府と欧州委が暫定合意=

ワールド

ミネソタ州黒人死亡、殺人容疑で元警官訴追 検察「最

ワールド

韓国、新型コロナ感染増加でレムデシビル輸入へ 欧州

ワールド

トランプ米大統領、香港の優遇措置撤廃を指示 国家安

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 2

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 3

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 6

    コロナショックで孤立無援のイタリアが恨み節──加速…

  • 7

    ブラジル、新型コロナ感染爆発 1日で過去最多2万641…

  • 8

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 9

    米、香港への優遇措置もはや継続できず 中国による…

  • 10

    中国がWHOに送り込んだプロパガンダ宣伝マン

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月