最新記事

「胎児殺しの悪魔」と呼ばれて

編集者が選ぶ2009ベスト記事

ブッシュ隠居生活ルポから
タリバン独白まで超厳選

2009.12.15

ニューストピックス

「胎児殺しの悪魔」と呼ばれて

「命を脅かされても人工妊娠中絶手術を行い続ける一医師の信念と行動は、とても興味深く、読み応え充分」(本誌・川崎寿子)

2009年12月15日(火)12時05分
セーラ・クリフ

「合法的な人工中絶を支持するアメリカ人は国民の約半分といわれるが、反対派は脅迫や暴力、殺人を犯してでも手術を行う医師を攻撃する。『撃たれる確率が91%から89%に減っても大差ない』と言い切る産科医の信念に、自由の国アメリカの矛盾を見た」(本誌・山田敏弘)

「丹念な長期取材からしか生まれない圧倒的なリアリティーと、建前を超越した視点に心を動かされました」(本誌・佐伯直美)


命を脅かされながらも人工妊娠中絶の手術を続けるリロイ・カーハート医師の素顔

 09年5月、日曜日の午前10時過ぎ。ネブラスカ州オマハの近くにあるクリニックの医師リロイ・カーハートの携帯電話が鳴った。しかし人工妊娠中絶の手術の最中で出られなかった。

 カーハートが手術後に携帯電話をチェックすると、電話をかけてきたのは、カンザス州ウィチタにいる医師仲間ジョージ・ティラーのクリニックの看護師長だった。日曜日の午前中に連絡が入るとは珍しい。患者についての相談か緊急事態だろうと思った。カーハートが電話をかけると、看護師長がすすり泣きながら言った。「ジョージが死んだの」

 ティラーは後期中絶を手掛ける産婦人科医師。その彼が教会で銃撃されて死亡したという。カーハートは翌日、車で5時間かけてウィチタに行くことになっていた。彼は交代でティラーを手伝う3人の医師の1人で、5年前から定期的に通っていた。

 カーハートはティラーの家族に会って、クリニックの今後について相談しなければ、と思った。でもすぐに出掛けるわけにはいかない。クリニックの待合室では多くの女性が順番を待っている。「彼の死を悲しむ暇はなかった」とカーハートは言う。その日の予約リストには10人以上の名前があった。カーハートは次の中絶手術に取り掛かった。

 カーハートは自分のことも殺したいと思っている者がいるのを承知している。ティラー殺害の数日後の夜遅く、カーハートの娘は両親が殺されたという事実無根の連絡を受けた。クリニックにも不審な手紙が届き、白い粉が同封されていたこともある。カーハートが中絶手術を行うようになった80年代後半以降、こんな嫌がらせは後を絶たない。

 ネブラスカ州では91年に、中絶を希望する女性が未成年の場合は医師が親に知らせることを義務付ける法案が議会を通過。その日にカーハートの農場で火事が起き、馬17頭、犬と猫が1匹ずつ焼死した(出火原因は不明)。火事の翌日、中絶医は殺されて当然だという手紙が届いた。

 クリニック前の歩道は家畜の糞尿の肥料で汚され続けている。脅迫、暴力、親友の殺害----だがカーハートはくじけない。今もガレージの上には「ネブラスカ妊娠中絶・避妊クリニック」という大きな看板を掲げている。「(中絶反対派の活動家たちは)私たちに戦争を仕掛けている」と、カーハートは言う。「意見の違いといったレベルを超えている。反撃しなければならない」

軍の外科医から中絶医へ

 中絶手術を行う医師は全米に約1800人いる。カーハートが標的にされるのは後期中絶を手掛ける数少ない医師だからだ。米疾病対策センターによると、妊娠中期後半を過ぎてからの中絶は全体の1・3%にすぎない。

 アメリカで激しい議論の的になっているのがこの時期の中絶だ。09年5月の世論調査によると、回答者の68%が妊娠初期の中絶の権利を支持。しかし中絶の時期が遅くなるほど支持者は減っていく。胎児に母体の外でも生きていく力が備わっている可能性のある妊娠24週前後の中絶ともなると、激しい反対にさらされる。子宮外でも生きられるまで胎児が成長しているのに中絶がやむを得ないとされるのは、どのような場合か。誰がそれを決めるのか。胎児に重大な障害が発見されたら中絶すべきなのか。胎児が母体の外で生きられる可能性が50%のときは? 30%なら?

 カーハートは患者と接しながら、こうした問題と日々向き合っている。彼はティラーのクリニックで妊娠後期に入ったレイプ被害者を診察したことがある。その女性によると、胎動を感じるたびにレイプの恐怖がよみがえるという。彼女は3度も自殺を試みた。カーハートは手術を行うことに同意。「自殺したいとまで追い詰められているのなら、本人のために中絶を考えなければならない」

 カーハートはティラーが殺害された日の前日、妊娠7カ月の女性を診察した。子供を産まなければならないとしたらどうするかと質問すると、「自殺するとは言わず、養子に出すと言った」ため、手術を断った。

MAGAZINE

特集:沖縄ラプソディ

2019-2・26号(2/19発売)

報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    日本、オランダ、ついにアメリカも 培養肉の時代がやって来る

  • 3

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻させるかもしれない

  • 4

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    習近平が仕掛ける「清朝」歴史戦争

  • 7

    「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい

  • 8

    ブラック・ユーモアを忘れた日本は付き合いにくい

  • 9

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 10

    いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かった…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 5

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 6

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 7

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 8

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 9

    アリアナのタトゥー炎上と日本人の「不寛容」

  • 10

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 10

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月