最新記事

レイコ・クルック(メーキャップアーティスト)

世界が尊敬する日本人

国境と文化の壁を越えて輝く
天才・鬼才・異才

2009.04.08

ニューストピックス

レイコ・クルック(メーキャップアーティスト)

巨匠たちが頼る「顔面のシェフ」

2009年4月8日(水)18時41分
トレーシー・マクニコル

 10月8日、ニューヨークのメトロポリタン・オペラで幕が開いたモーツァルトのオペラ『魔笛』。舞台の上の魔法の一部は、レイコ・クルックが生み出したものだった。

 パリを拠点に活躍しているクルックは、舞台や映画などの「特殊メーク」の世界に飛び込んで30年以上。バレエのルドルフ・ヌレエフ、映画のベルナー・ヘルツォーク、舞台のジュリー・テイモアといったそうそうたる顔ぶれとも仕事をしたことがある。

 「生粋の日本人で、しかも西洋文化も深く理解している」と、オペラ『蝶々夫人』の映画版を一緒に制作しているフレデリック・ミッテラン監督は言う。「知的で創造的で、ある意味でとても強い。たぐいまれな人だと思う」

 長崎出身のクルックは、45年の原爆投下をよく覚えている。その体験を意図的に作品に投影することはしていないが、日本とカナダで開催した『皮膚の叫び』展を訪れた人たちは原爆を連想したようだ。原爆のトラウマは無意識に影響しているかもしれないと、クルックは認める。あの体験は「私の血管の中に染み込んでいる」。

 謙虚なクルックは、アーティストと名乗ることはしない。だが、別の肩書を自分に与えている。「私は顔面のシェフ」と、彼女は言う。料理人のように、「作品」の最初から最後まですべてに責任をもつからだ。最初の食材選び、つまりキャスティングもするし(「どんな名シェフも、腐った魚ではいい料理が作れないでしょ」)、最後の味見、つまり初日のカーテンコールにも顔を出す。

 ただし、この名料理人に「レシピ」を尋ねても無駄だ。「それはトップシークレット」だと、クルックは言う。

[2004年10月20日号掲載]

MAGAZINE

特集:米ジョージタウン大学 世界のエリートが学ぶ至高のリーダー論

2019-6・18号(6/11発売)

「全米最高の教授」サム・ポトリッキオが説く勝ち残るリーダーになるための処方箋

人気ランキング

  • 1

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

  • 6

    北朝鮮の若者が美貌の「文在寅の政敵」に夢中になっ…

  • 7

    【動画】米軍、イラン革命防衛隊が日本のタンカーか…

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府…

  • 10

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 1

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

  • 2

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 3

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 4

    自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きても…

  • 5

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 6

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 7

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 10

    自殺した人の脳に共通する特徴とは

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 9

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 10

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月