ニューストピックス

ニューズウィーク日本版アーカイブ&スペシャルリポート

<nobr>マグロが消える日</nobr>

マグロが消える日

絶滅危惧種指定で食べられなくなる?
海の資源激減を招いた「犯人」は

2010.03.11

ワシントン条約の絶滅危惧種に指定され、国際取引が禁止される可能性が高まる大西洋・地中海産のクロマグロ。個体数激減の背景には世界的な美食ブームや環境汚染、地球温暖化などさまざまな要因があり、危機的状況にあるのはマグロだけではない。海の生態系の危うい実態と、危機の背景に迫る

環境

グルメ食材が「絶滅」する日 

スターシェフの登場や輸送網の発達で美食ブームは高まる一方。しかしその陰でマグロや高級和牛、フランスワインなど高級食材が思わぬ危機に [2005年9月 7日号掲載]

2010.03.11
環境

乱獲スパイラルを食い止める第3の道 

海洋汚染と乱獲を防ぐため米商務長官が打ち出した大胆計画に環境保護派もビジネス界も賛同するワケ [2009年9月 2日号掲載]

2010.03.11
環境

魚が消える、海が死ぬ  

歯止めなき乱獲と温暖化による生態系の破壊によって、世界の海の40%は壊滅的なダメージを受けている [2008年3月26日号掲載]

2010.03.11
環境

寿司の国に漂う不安の冷気 

食卓の魚は本当に安全か——世界で水産物輸入量トップの日本に広がる疑念と誤解 [2008年9月 3日号掲載]

2010.03.11
環境

激減ウミガメは保護では救えない 

産卵地を手厚く守っても個体数の減少が止まらないのはなぜか [2008年3月26日号掲載]

2010.03.11
環境

政治になった絶滅危惧種 

絶滅の危機に瀕した動植物の保護はもう科学だけの仕事ではない? アメリカで激化する保護派と産業界の駆け引き [2008年6月25日号掲載]

2010.03.11
環境

白化する死のサンゴ礁の警告 

すでに世界に生息する資源のおよそ3割は回復不可能な状態に [2006年11月15日号掲載]

2010.03.11
環境

川魚に広がるメス化の脅威 

アメリカでは都市の排水が流れ込む川の下流で魚のオスが激減。環境ホルモンの影響が懸念されているが [2007年7月11日号掲載]

2010.03.11
環境

大規模研究が暴く海の資源枯渇の真実 

世界規模の研究で、タラやマグロなど海の大型魚が50年間で90%近く減ったことが判明。放置すれば海の食物連鎖が崩壊し、取り返しのつかない事態に [2003年9月 3日号掲載]

2010.03.11
  • 1

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 2

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 3

    脱北者、北に逃げる。物語で描かれないその素顔

  • 4

    米大統領選、バイデン勝利率は65% ここにきてトラン…

  • 5

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 6

    原爆投下75年、あの日アメリカが世界に核兵器をもた…

  • 7

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 8

    レバノン爆発、爆弾などの「外部介入の可能性も」=ア…

  • 9

    米財務省、香港の林鄭月娥行政長官ら11人に制裁 自…

  • 10

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティ…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 8

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 9

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 10

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 10

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!