コラム

1冊9000円で聖書までグッズ化...煩悩まみれのトランプが販売する「バイブル」の内容は?

2024年04月17日(水)14時44分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
ドナルド・トランプを描いた風刺画

©2024 ROGERS-ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<議事堂乱入・選挙不正・機密文書改ざん・業務記録改ざんと4つの刑事裁判の被告になっているトランプ前大統領。偽善の人が慈善を説く本を売る滑稽さ(パックンの風刺画コラム)>

男性はネクタイを締め、制汗スプレーで脇をリフレッシュ。女性は香水をつける。2人はウオッカで乾杯した後、ステーキをいただく。その後は下着と眼鏡だけの姿になり、マットレスでボードゲームを楽しむ。

何の変哲もないデートに思うかもしれないが、これはとても特別な夜のプランだ。なぜならネクタイからボードゲームまで、登場するものは全てトランプブランドのものだから!

トランプ前米大統領は不動産業で知られるが、実は昔から自分の名前を貸し出し、さまざまな商品のライセンス契約で儲けていた。残念ながら商品のメーカー側が儲からず、ほとんどは販売中止に。だからこの素敵なシナリオは今なら難しそうだ。

しかし、トランプは最近ライセンス方式ではなく、自社でトランプグッズを販売している。食器、ワイン、アパレル、ペット用品など幅広い品ぞろえなので、内容を調整すればトランプ三昧デートも夢ではない。しかも、もし2人の愛が成就して結婚すれば、「トランプ聖書」で結婚式を挙げることもできる!

発売中のトランプ聖書の中身は普通の聖書と一緒。おまけで米憲法とある曲の歌詞も付いてくる。どれもネットでタダで読めるが、これはただの無料コンテンツの詰め合わせではない。お値段約60ドル(約9000円)もする無料コンテンツの詰め合わせだ。

風刺画では、トランプが被告の4つの刑事裁判を往年の映画でもじって、慈善を説く本を偽善の人が売るおかしさを表現。それぞれの元ネタは『Deep Throat』『Naked Gun』『DebbieDoes Dallas』『Hush...Hush, Sweet Charlotte』。

直訳すると「深い喉」「裸の銃」「デビーがダラスとヤる」「お静かにシャーロットちゃん」と、どれもエロそうなタイトルだ(邦題は上から順に『ディープ・スロート』『裸の銃を持つ男』『デビー・ダズ・ダラス』『ふるえて眠れ』)。しかも1番目と3番目は実際にポルノ映画だ。

それぞれ議事堂乱入、選挙不正、機密文書改ざん、業務記録改ざんに関する裁判の風刺だ。偶然なのか、4つ目の訴訟にもポルノ女優が関わっているね。

Good newsはキリストからの「良い知らせ」つまり「福音」のこと。それを自分のために利用する人がまた大統領になるかもしれないのはどう考えてもBad Newsだけどね。

ポイント

4 XXX HITS!
超エッチなヒット作4連発!

DEEP COUP, NAKED FRAUD, DONALD DOES DOCUMENTS, HUSH...HUSH, SWEET STORMY
深いクーデター、裸の詐欺、ドナルドが書類をヤる、お静かにストーミーちゃん(ストーミーはトランプの不倫相手でポルノ女優のストーミー・ダニエルズ)

HAVE YOU HEARD THE GOOD NEWS?
良い知らせ(福音)を聞きたくはないか?

I'M SO CONFUSED!
なにがなんだか分からない!

プロフィール

パックンの風刺画コラム

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

ドイツ銀、S&P500年末予想を5500に引き上げ

ビジネス

UAE経済は好調 今年予想上回る4%成長へ IMF

ワールド

ニューカレドニア、空港閉鎖で観光客足止め 仏から警

ワールド

イスラエル、ラファの軍事作戦拡大の意向 国防相が米
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:インドのヒント
特集:インドのヒント
2024年5月21日号(5/14発売)

矛盾だらけの人口超大国インド。読み解くカギはモディ首相の言葉にあり

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『悪は存在しない』のあの20分間

  • 4

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 5

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 6

    「裸に安全ピンだけ」の衝撃...マイリー・サイラスの…

  • 7

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 8

    中国の文化人・エリート層が「自由と文化」を求め日…

  • 9

    「すごく恥ずかしい...」オリヴィア・ロドリゴ、ライ…

  • 10

    日本とはどこが違う? 韓国ドラマのオリジナルサウン…

  • 1

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 2

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 3

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する悲劇の動画...ロシア軍内で高まる「ショットガン寄越せ」の声

  • 4

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 5

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 6

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 7

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 8

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 9

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 10

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 1

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 2

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story