コラム

ツイッター「永久追放」された米議員の「陰謀論」、どれだけひどかった?(パックン)

2022年01月25日(火)18時06分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
マージョリー・テイラー・グリーン下院議員(風刺画)

©2022 ROGERS-ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<「コロナは危険じゃない」「ワクチンで大勢死亡」などと発信した議員は、これまでにもさらに驚くべき発言を連発していた。仰天の発言録を紹介>

共和党の有名な政治家がツイッターアカウントの永久凍結を食らったが、そんなツイッターの名前の由来はご存じだろうか? 「鳥の鳴き声」という意味のtwitter(ツイッター)から付けられたそうだ。ロゴマークも鳥だし、「ツイートする」も、鳴き声の擬音語tweet由来だ。

風刺画で鳥に化けているのはその有名政治家、MTGことマージョリー・テイラー・グリーン下院議員。だが、彼女の鳴き声はtweetではなく、Quckooだ。これは陰謀論「Qアノン」とcuckoo(カッコウの鳴き声)を組み合わせた造語。カッコウは昔からバカな人、狂人の例えに使われる。連邦議員をそんな鳥に例えて失礼じゃないかって? では、グリーンの過去の発言を見て、失礼かどうかを検証しよう!

■58人が射殺されたラスベガスの乱射事件は銃規制賛成派の自作自演のでっち上げだと示唆した。

■84人が亡くなったカリフォルニア州の山火事はロスチャイルド家と知事が仕組んだと示唆した。放火の手段はもちろん宇宙からのレーザー! ......100円ライターでよくない?

■国防総省本庁舎のペンタゴンに旅客機が衝突した9.11テロ攻撃の存在を「証拠は見当たらない」と否定した。確かに、無数の映像や画像、目撃情報、現場の建物、機体、184人の遺体ぐらいしか証拠はなかったね。

■ヒラリー・クリントンは複数のジャーナリストやジョン・F・ケネディJr.の死に責任がある殺人鬼だとほのめかした。

■クリントンなど民主党の重鎮が秘密結社で児童買春や人肉食をしているとするQアノンの主張に賛同し、「民主党は児童性愛、悪魔崇拝などに関わっている!」という記事を執筆した。

風刺画のMTGは鳩時計(英語でcuckoo clock)の仕掛けで、共和党の頭の中から飛び出ている。が、彼女の発言を疑問視する共和党員もいる。彼らがクリントンが悪魔を崇拝しているなんて考えられない。クリントン本人が悪魔だと思っているからね......。

最後は、ツイッターから追放された理由となったものだ。

■「太っていなければ新型コロナウイルスは危険じゃない」や「ワクチン接種で大勢が死んでいる」などの誤報を発信した。

では、検証結果。狂気的な発言の上、公衆衛生対策を妨害する危険な主張を重ねるMTGをカッコウに例えるのは失礼か? はい。失礼だ! カッコウにね。

ポイント

WHO NEEDS TWITTER?
ツイッターなんか誰が必要?

GOP
米共和党の愛称である Grand Old Party(古き良き党)を略したもの。ゾウは党のシンボル。

 20220705issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年7月5日号(6月28日発売)は「広がるインフレ 世界経済危機」特集。ウクライナ戦争、急激なインフレ、食料・エネルギー不足、そして米バブル崩壊。「舵取り役」なき世界経済はどこへ


プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米政府がサル痘対策強化、国家備蓄のワクチンを州に配

ビジネス

独VWのディースCEO、半導体不足緩和で下期の業績

ワールド

トランプ氏「議会向かえ」と要求、警護隊ともみ合い=

ワールド

米FDA諮問委、ワクチンの見直し勧告 オミクロン株

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

人気ランキング

  • 1

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴、キスする姿も

  • 2

    食料品がこんなに高い!?インフレが止まらないNYの実態

  • 3

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 4

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 5

    「中の人」の視点で終わった『東京2020オリンピック …

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR…

  • 8

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 9

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 10

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 4

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 5

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 6

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴…

  • 7

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 10

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中