コラム

気候変動や銃規制の問題に立ち向かうには「子供のようにならなければ......」(パックン)

2019年10月19日(土)13時10分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
気候変動や銃規制の問題に立ち向かうには「子供のようにならなければ......」(パックン)

Today's Young Prophets / (c) 2019 ROGERS─ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<世界の大人たちに気候変動への「本気」の取り組みを求めた16歳のグレタの訴えは、大きな話題を呼んだ>

ロン毛にひげ。といえばイエス様だね。風刺画のセリフは新約聖書のマタイによる福音書からのお言葉。Truly I say unto you(はっきりと伝えておこう)と弟子の耳を引き付けてから、unless you change and become like little children(心を入れ替えて、小さな子供のようにならなければ)と続く。聖書では、この後は You will never enter the kingdom of heaven(決して天国に入ることはなかろう)となるが、風刺画では You're all screwed!(おまえら、とんでもない目に遭うぞ)と、少し下品な俗語で警告している。ほら、だてに比較宗教学部を卒業していないよ、僕は!

イエス様のそばには「地球を救え!(Save Our Planet!)」とか「銃の暴力を今すぐ終わらせて!(End Gun Violence Now!)」と呼び掛ける子供たちがいる。三つ編みの少女は16歳のスウェーデン人活動家、グレタ・トゥーンベリちゃんっぽい。彼女は9月の国連気候行動サミットでスピーチしたことや、そのために飛行機より環境に優しいヨットで大西洋を渡ったことが大きな話題を呼んだ。小さな話題を呼んだのは、ヨットの乗組員はニューヨークに着いたら飛行機で帰国したことや、復路担当の乗組員がニューヨークまで飛行機で来たこと。結局、子供の船旅のために複数の大人が飛行機に乗っているのだ。

眼鏡の子はおそらくフロリダ州パークランドの高校生。彼らは昨年2月の銃乱射事件で17人もの仲間が撃ち殺された後、全国に広まる運動を起こした。グレタと同じように、同志の学生を集めて、銃規制を求める大規模なデモ行進をワシントンで行い、多くの州法改正につなげたといわれる。

グレタの影響は世界中に及ぶ。ストライキを呼び掛け、平日の昼間に185カ国で数百万人規模の「不登校デモ」を起こした。温暖化の真の被害者である若者にとって、大人の意識を高めながら、学校もさぼれる最高の運動だ。

少しちゃかしている僕だが、子供の運動家を心から応援している。イエス様もそうだろう。上記の言葉の直後に「子供をつまずかせる者は、大きな石臼を首に掛けられ、深い海に沈められたほうがましだ」と言っている。宗教に関係なく、グレタたちが成功するように祈るしかない。彼女たちがつまずいたら、石臼を掛けられなくても海水面の上昇でみんな沈んじゃうかもしれないから。

銃による被害は地理的に限定されるが、規制強化を願いたい。でも、アメリカの銃愛好家は手ごわい相手。彼らが言うには、自己防衛のために欠かせない。イエス様だって銃を持っていたら磔(はりつけ)にはされなかった、とか言いかねない。

<本誌2019年10月22日号掲載>

20191022issue_cover200.jpg
※10月22日号(10月16日発売)は、「AI vs. 癌」特集。ゲノム解析+人工知能が「人類の天敵」である癌を克服する日は近い。プレシジョン・メディシン(精密医療)の導入は今、どこまで進んでいるか。


プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

ニュース速報

ビジネス

インド政府、エア・インディアで全株式売却を計画

ワールド

トランプ米大統領弁護団スター氏、「政争の具」と弾劾

ワールド

弾劾裁判でボルトン氏招致の可能性高まる、共和党4議

ワールド

NZ首相、9月19日の総選挙実施を発表へ=現地紙

MAGAZINE

特集:私たちが日本の●●を好きな理由【中国人編】

2020-2・ 4号(1/28発売)

日本と縁を育んできた中国人一人一人の物語── 本音の「日本論」から日中関係を見つめ直す

人気ランキング

  • 1

    国境を越えた柴犬人気、しかし問題も

  • 2

    「空白の8時間」は何を意味するのか?──習近平の保身が招くパンデミック

  • 3

    中国が新型ウイルスに敗北する恐怖

  • 4

    新型コロナウイルスでも台湾をいじめる中国

  • 5

    パンデミックが世界を襲ったとき、文明再建の場所と…

  • 6

    習近平「新型肺炎対策」の責任逃れと権謀術数

  • 7

    「中国人」とひとくくりにする人たちへ──日本との縁…

  • 8

    アウシュビッツから75年、ホロコースト記念碑で新た…

  • 9

    【動画】NBAがコービー・ブライアントに捧げた唯一無…

  • 10

    新型肺炎の最大の犠牲者は中国の貧困層

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 3

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗の強さの根源は同族経営にあり

  • 4

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、ア…

  • 5

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 6

    日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

  • 7

    ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日…

  • 8

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 9

    「王室離脱」騒動の只中にメーガン妃の「ダメ父」が…

  • 10

    人種差別と偏見にまみれたイギリスから、ヘンリー王…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!