コラム

アメリカ大統領の支持率とペットの不思議な関係

2022年02月09日(水)11時02分

ホワイトハウスにやって来た「ウィロー」はバイデンの救世主になる? ERIN SCOTTーTHE WHITE HOUSEーHANDOUTーREUTERS

<バイデンがホワイトハウスに猫を迎えたが、ワシントンには支持率とペットの関係を裏付ける歴史的事実がある>

アメリカの大統領にとって、ペットは人気上昇の秘密兵器なのかもしれない。支持率の大幅な落ち込みに悩む現職の第46代バイデン大統領も、「モフモフ」に望みを託した。

なかなか収束しないパンデミック、ウクライナ国境でのロシア軍増強、議会工作の失敗まで、無数の困難に直面している大統領は切実に「リセット」を必要としている。

大統領一家は昨年末にジャーマン・シェパードの「コマンダー」を、今年初めに猫の「ウィロー」をホワイトハウスに迎えた。猫と同居する現職大統領は、9回の選挙で7回再選を果たしている。この選択はバイデンにとって吉兆だ。

真面目な読者の皆さんにこんなネタを書いて、と思うなかれ。大統領のペットと支持率の関係には歴史的事実の裏付けがある。アメリカの首都は世界で最も魑魅魍魎とした街で常に権謀術数がはりめぐらされている。そのためか、「支持が必要なら犬を飼え」と、ワシントンではよく言われる。

実際ホワイトハウスに住んだ最初の大統領ジョン・アダムス(在任1797~1801年)を筆頭に、大統領はほぼ全員がこの助言に従ってきた。大統領在任中にペットを飼わなかったのは、ジェームズ・ポーク(1845~49年)、アンドリュー・ジョンソン(1865~69年)、そしてトランプ前大統領の3人だけ。

米議会から弾劾訴追される不名誉を経験した3人の大統領のうち、ジョンソンとトランプの2人がペットを飼っていなかったのは偶然ではない。残りの1人、クリントン元大統領は「偽飼い主疑惑」に直面した。

クリントン家は大統領の不倫騒動の渦中に「バディ」というチョコレート色のラブラドール・レトリバーを飼うことにしたが、すぐにある噂が広まった。写真撮影のために飼っているふりをしているだけで、本当の飼い主は地下室で犬と一緒に暮らし、クリントンがホワイトハウスの芝生を歩いてヘリに乗るときだけ貸しているのだ、と。その直後、クリントンは弾劾訴追された。

ペットは大統領を政治的危機から救ったこともある。

フランクリン・ルーズベルト(1933~45年)が異例の4期目を目指す選挙で苦戦していたとき、大統領がスコティッシュ・テリアの「ファラ」をアリューシャン列島に置き去りにし、連れ帰るのに2000万ドルもの税金を使ったという噂が広まった。ルーズベルトは「私は自分が攻撃されても憤慨しない。家族もそうだが、ファラは許さない」と演説で明言。結局、選挙戦は楽勝に終わった。

ニクソン元大統領は上院議員時代の1952年、共和党の副大統領候補に選ばれたが、不正な政治資金を隠しているという疑惑が浮上した。ニクソンは演説で疑惑を否定しなかったが、代わりにこう言った。「確かに選挙後『贈り物』を受け取った。テキサスから送られた木箱に入った小さなコッカー・スパニエルで、黒と白の斑点があり、6歳の娘トリシアが『チェッカーズ』と名付けた」。ほとんどの有権者は犬のイメージしか記憶に残らず、スキャンダルはすぐ沈静化した。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

東京都で2万0401人の新型コロナ感染確認、30人

ビジネス

アングル:復調する米株、強気相場開始と決めつけられ

ワールド

来夏以降の電力の安定供給のため、さらなる原発再稼働

ワールド

韓国政府、サムスントップ李副会長に特赦 「危機克服

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 2

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 3

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 4

    【動画】露軍基地の大爆発と逃げる海水浴客

  • 5

    【映像】多指症の猫、25本の指で毛布をこねこね

  • 6

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 7

    他の動物のミルクを飲むヒトの特殊性と、大人が牛乳…

  • 8

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 9

    25本の指を使って毛布をこねこねする猫

  • 10

    インドで手足が4本ずつある赤ちゃんが生まれる

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 3

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 6

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 7

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 8

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 9

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 10

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中