コラム

弾劾訴追でもトランプ再選は可能性大、米民主党ではあの人物が立候補へ?

2019年12月27日(金)11時15分
弾劾訴追でもトランプ再選は可能性大、米民主党ではあの人物が立候補へ?

KEVIN LAMARQUE-REUTERS

<無能で腐敗したトランプに再選の可能性が高まっているのには、2つの理由がある。そして12月、米民主党候補として世論調査でバイデンを上回る支持率を得た人物がいた――。本誌年末合併号「ISSUES 2020」特集より>

弾劾訴追を受けたアメリカ史上3人目の大統領になったというのに、ドナルド・トランプの再選の可能性が急上昇している。トランプが相手だと、理屈も政治力学も通じない。いまブックメーカーは、トランプが2期を務め上げる連続で4人目の大統領となる確率を50%近いと見積もっている。
2019123120200107issue_cover200.jpg
普通ならば考えにくい話だ。トランプは大きな過ちを犯している。ただ無能というだけではなく、歴代大統領には並ぶ者のいない私利私欲だけの腐敗した人物であることも露呈した。それでも今日選挙が行われたら、トランプはおそらく勝つだろう。

トランプ再選の可能性が高いとみる根拠は、2つ挙げられる。第1にアメリカ経済が好調であることだ。株式市場は上昇を続け、失業率は低下を続け、消費は増え続けている。高くあるべき指標は高く、低くあるべき指標は低い。

景気拡大期に行われた直近の12回の大統領選では、現職大統領が常に2期目を目指し、常に勝利を収めている。経済がこのまま好調を続ければ、民主党がトランプを退けることは極めて難しい。

トランプ再選の可能性を支持する第2の根拠は、民主党がトランプに優る選択肢を提示できていないことだ。

いま民主党の大統領候補指名争いの先頭集団には、4人の有力候補がいる。ジョー・バイデン前副大統領は全米の支持率調査で首位を維持しているが、77歳と高齢であることの深刻な弊害を露呈している。選挙活動で訪れている州の名を頻繁に間違えたり、討論の最中にとりとめのない発言をしたり......という具合だ。

magSR191227issues_trump-2.jpg

高齢の弊害が見えるバイデン BRENDAN MCDERMID-REUTERS

最近、アイオワ州での集会でバイデンの危うさを示す出来事が起きた。息子がウクライナで高給の仕事に就くためにバイデンは何をしたのかと質問した出席者を、バイデンはつい「デブ」と呼んでしまい、腕立て伏せで勝負しようと持ち掛けた。

アメリカ人は前任者とは反対のタイプを大統領に選びがちだ。このところバイデンは、トランプに似てきている。

トランプと真逆の候補を挙げると、予備選が行われる最初の2州で支持率首位のピート・ブーティジェッジがいる。年齢は37歳とトランプの半分で、7カ国語を話す現代で最も優秀な候補といわれるインディアナ州サウスベンド市長だが、彼もつまずき始めた。

民主党の特にリベラル派が、ブーティジェッジの弱点に切り込み始めているのだ。アフリカ系の有権者に人気がなく、20代のときに大手経営コンサルティング会社に勤務し、裕福な投資家たちから献金を受けているといったことがやり玉に挙げられている。

magSR191227issues_trump-3.jpg

ブーティジェッジも人気に陰り BRENDAN MCDERMID-REUTERS

【参考記事】中国「皇帝」習近平は盤石ではない、保守派の離反が始まった

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

ニュース速報

ワールド

OPECプラス、8月から協調減産縮小へ=サウジ・エ

ワールド

新型コロナ「エアロゾル」感染リスクを検証=欧州疾病

ビジネス

カナダ、コロナ前への景気回復「22年以降」 中銀が

ワールド

欧州委、インフル予防接種呼び掛け コロナとの混合リ

MAGAZINE

特集:台湾の力量

2020-7・21号(7/14発売)

コロナ対策で世界に存在感を示し、中国相手に孤軍奮闘する原動力を探る

人気ランキング

  • 1

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続200人台、検査数に加え陽性率も高まる

  • 4

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 5

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 6

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 7

    世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カ…

  • 8

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 9

    新型コロナの起源は7年前の中国雲南省の銅山か、武漢…

  • 10

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!