注目のキーワード

コラム

ニューヨークの治安回復に苦闘するアダムス新市長

2022年04月27日(水)10時50分

治安回復の期待から昨年11月の市長選で当選した警察出身のアダムス市長 Andrew Kelly-REUTERS

<警察出身のアダムス市長なら、治安回復で成果を出してくれると期待されているが>

ニューヨークでは、20世紀末に2期8年を務めたルディ・ジュリアーニ市長(共和党)が警察力を徹底強化し、一気に治安を回復させました。その成果をベースとして、21世紀初頭にはマイケル・ブルームバーグ市長(共和党のち無所属)が3期12年の間に、再開発やテック系企業の誘致など大規模なプロジェクトを推進し、経済的な繁栄を実現しました。

その後は、民主党左派のデビット・デブラシオ市長が2期8年を完走しましたが、デブラシオ市長はBLM(黒人の生命の尊厳運動)を強く支持し、むしろ警察予算の抑制などを主張して警察当局とは対立が生じました。デブラシオ市政の末期は新型コロナのパンデミックが発生、同市長は左派らしく徹底した感染対策を行いつつ、NYの都市経済の低迷に直面しながら任期を終えました。

その後に登場したのが、今年元旦に就任したエリック・アダムス市長(民主党)です。アダムス市長は、同じ民主党の市長でありながら前任のデブラシオ市長とは全てが反対です。デブラシオ市長は「白人、党内左派、警察力抑制」でしたが、アダムス市長は「黒人、党内穏健派、警察出身」だからです。

では、どうしてそんなアダムス氏が市長に当選したのかというと、ニューヨークではコロナ禍の影響で治安が極端に悪化する中で、警察出身で黒人である同氏ならば、治安回復の陣頭指揮に立ってくれるという期待があったからです。

コロナ禍で悪化した治安状況

そのアダムス市長ですが、現時点では悪戦苦闘しています。治安回復への期待と言っても、1993年にジュリアーニが市長に就任した時とは次元が異なり、大変に厳しい現状があるからです。

2020年3月にパンデミックが本格化すると、ニューヨークの昼間人口は激減しました。同時に地下鉄におけるクラスターが発生し、住民は地下鉄乗車を避けるようになり地下鉄の治安は悪化しました。一方で、2020年の夏から秋には、全市において無差別の銃撃事件が横行しました。犯行の背後にはパンデミックの閉塞感があると見られています。

2021年になると、警察のパトロールが徹底した結果、銃撃事件はやや沈静化しましたが、経済的な困窮を背景とした万引事件が多発するようになりました。多くの場合、実行犯には世情への怒りはあっても、自分の行動への反省はなく、多くの容疑者が犯行を繰り返していたと言います。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシアはエネルギーを武器として利用=独首相

ビジネス

インフレ見通し悪化を懸念、大幅利上げを決定=FOM

ビジネス

ドイツ、エネルギー供給不足で景気後退入りの恐れ=経

ワールド

英首相の信任投票、今週は行われず 保守党議員委の幹

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界のエリートが学ぶ「権力」の授業

2022年7月12日号(7/ 5発売)

他人を動かす「パワー」は権力者の専有物でない。ハーバード大学MBAの人気講義で学ぶそのメカニズム

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【動画】女王を食ったあの日のルイ王子を一気見

  • 2

    生魚の寄生虫アニサキス、古今東西の日本に見る予防対策

  • 3

    トルコが丸のみさせた「NATO拡大容認」と引き換えの仰天要求

  • 4

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を…

  • 5

    【映像】キプロスのタランチュラ、スーツケースに紛…

  • 6

    アメリカ国民の4人に1人が不買運動を実施中 ショッ…

  • 7

    【映像】ショーの最中、荒れ狂うイルカがトレーナー…

  • 8

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 9

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイ…

  • 10

    ルイ王子のやんちゃな1日、再生1800万回の大ヒット

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 3

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 4

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を…

  • 5

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 6

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    【映像】韓国ユン大統領、NATOにまさかのNGカット掲…

  • 9

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 10

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 3

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 10

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中