コラム

脱原発と排出ガス削減をめぐる、日本の2つの選択肢

2019年12月12日(木)17時00分
脱原発と排出ガス削減をめぐる、日本の2つの選択肢

福島第一原発の事故をきっかけに、日本の世論と政府は脱原発へと大きく舵を切った(写真は今年2月、廃炉作業にあたる東電の作業員) Issei Kato-REUTERS

<震災以降、原発稼働を停止し石炭火力を増設することが暫定的な国策となっているが、選択肢はそれだけではない>

スペイン・マドリードで国連の気候変動枠組み条約に基づく第25回締約国会議(COP25)が開かれています。石炭火力発電に依存しているばかりか、さらに増設の計画を進めている日本に対して、国際的な批判が集中しています。会議の前には「化石賞」、つまり化石燃料に依存している状況を皮肉った賞が贈られるなど散々なありさまです。

そんななかで、小泉進次郎環境大臣は同会議の閣僚級会合で演説しました。小泉大臣は、「石炭政策について世界的な批判は認識している」としながらも、石炭政策に関しては「新たな展開を生むには至らなかった」と述べています。また特に国際的に批判が大きい「石炭火力発電所の輸出」について、自制するという発言も見られませんでした。

環境派というイメージを売ってきた小泉大臣ですから、まるで変節をしたようにも見受けられます。ですが、この発言はある意味では当然と言えます。なぜならば、これが国策だからです。

2008年に発足した民主党の鳩山政権は「2020年までに温室効果ガスを、1990年との比較で25%削減を目指す」ことを「鳩山イニシアチブ」として国際社会に約束しました。どうして、そんなことが可能になるかと言うと、民主党政権は原発の新規建設を進めるとともに、稼働率を高める計画だったからです。

ところが、震災後に旧民主党勢力はまったくの方針転換をして、原発への拒絶感を持った世論に迎合して「原発ゼロ」を主張するようになりました。また、世論を恐れるということでは、自民党の側も同様であり、再稼働には極めて慎重になっているのは事実です。政策以前の問題として、地域での同意を得ることが難しくなっています。

この流れの中で、一気に火力依存となったのですが、同じ火力の中でも天然ガス火力の場合は、円安政策のためにエネルギーコストの抑制が難しいことから、石炭火力の増設が暫定的な国策になっています。国として、本当は安全な原子炉は稼働させたいのですが、政治的リスクが取れないので、電力の安定供給のためにやむを得ず取っている方針と言えます。

もちろん、再生可能エネルギーですべてを置き換えればいいのですが、風力の場合は景観や低周波公害の問題が、太陽光の場合は天候を含めたコストの問題があり、一方で日本の場合に豊富である地熱の場合は自然保護の観点からの難しさがあります。ですから、総合的に見ればコスト的にも短期間で100%の置き換えは不可能です。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

サウジ原油輸出、11月は日量737万バレルに増加=

ビジネス

ドイツ経済、19年は欧州債務危機以来の低成長=中銀

ビジネス

世界成長率見通し、20年3.3%に下方修正 印など

ビジネス

台湾輸出受注、12月は14カ月ぶり増加 通年ではマ

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 3

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは? 韓国に広がる男女間ヘイトの炎

  • 4

    世界の富裕層上位2100人が最貧困層46億人より多くの…

  • 5

    ヘンリー王子「王室引退」への不満と同情と

  • 6

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 7

    ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にい…

  • 8

    ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

  • 9

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 10

    ゴーン「逮捕翌日、フランス大使から日産の陰謀を知…

  • 1

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 2

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 3

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは大荒れの予感

  • 4

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 5

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 6

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃さ…

  • 7

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 8

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機…

  • 9

    韓国でトゥレット障がい者のユーチューバー、「演技…

  • 10

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    韓国の自動車が危ない?

  • 5

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 6

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 7

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!