コラム

銃乱射事件が続くテキサス州で、規制緩和が進むのはなぜか?

2019年09月03日(火)18時20分
銃乱射事件が続くテキサス州で、規制緩和が進むのはなぜか?

銃乱射事件が続いてもテキサスの人の意識は変わらない Callaghan O'hare-REUTERS

<テキサスの人にとっては、事件があるから銃を持ちたいし、持ちたい人の権利を剥奪するのは死ねと言うこと>

8月31日、テキサス州のオデッサ市近郊で再び銃乱射事件が発生しました。夏の終わりを告げる「レイバーデー(労働者の日)」の連休中、映画館の駐車場で起きた惨事は、現時点で7人の犠牲者を出しています。

このオデッサは、22人が犠牲となった銃乱射事件の起きたエルパソ市と同じテキサス西部にあります。8月4日の事件からまだ1カ月も経っていない中での惨事に、全米は衝撃を受けており、現在予備選レースの真っ最中である民主党の大統領候補たちは、一斉に銃規制強化を主張するツイートをしています。

ところが、このオデッサでの銃撃事件の数時間後に、テキサス州は銃規制論議に逆行する「銃の規制緩和」を実施しました。すでに州議会を通過して知事が署名している州法とはいえ、乱射事件の直後に施行するというのは、いかにも無神経に見えます。

その内容ですが、
「学校の駐車場において銃ならびに弾薬を保持した車両の駐車を禁じてはならない」
「賃貸アパートなどの家主は、借主が銃ならびに弾薬を持ち込むことを禁じてはならない」
「教会等の礼拝中における銃の携行を禁じてはならない」
「災害避難民に対して銃の携行を罪に問うてはならない」

といったものなどです。それぞれが別の州法となっていますが、全体的に銃の携行についてより幅広く権利を認め「携行を禁止することを禁止」する内容となっています。

惨事が続く中で、例えばアメリカ東海岸やカリフォルニアなど、銃社会ではない地域では、こうした規制緩和はまったく理解できないわけです。もちろん、アメリカ国外でも同様だと思います。これではまるで、銃による犯罪を助長しているように見えますし、それゆえに「NRA(全米ライフル協会)」などの「ガン・ロビー(銃保有者の権利を代弁する政治圧力団体など)」に対して怒りの声が上がるのも当然だと思います。

では、いったいテキサス州の人々は何を考えているのでしょう。実は、銃社会の論理というのはまったく正反対なのです。

銃社会の外側では「乱射事件が起きたから銃を規制しよう」と人々は考えます。

ですが、銃社会に生きる人々は「乱射事件が起きて怖いから銃を持ちたいし、持ちたい人の権利を剥奪するのは死ねということだ」という発想をします。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

香港の抗議デモ続く、外出禁止令発令との憶測も

ビジネス

ドイツ第3四半期GDP速報値、前期比+0.1% 景

ワールド

米中、第1段階の合意巡り踏み込んだ協議している=中

ワールド

欧州委員会、発足さらにずれ込みか 英国が委員の指名

MAGAZINE

特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

2019-11・19号(11/12発売)

政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

人気ランキング

  • 1

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

  • 2

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 3

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の漁船員2人を強制送還

  • 4

    アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

  • 5

    中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

  • 6

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 7

    韓国、アイドルオーディション番組「PRODUCE 101」ヤラ…

  • 8

    雨が降ると植物はパニック状態になっていた:研究結果

  • 9

    債券バブルが崩壊したら株式市場はどうなるか

  • 10

    女性の着替えやトイレを監視──入管が組織的セクハラ

  • 1

    日朝戦争なら韓国は北朝鮮の味方、日本はいつの間にか四面楚歌?

  • 2

    文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の漁船員2人を強制送還

  • 3

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

  • 4

    韓国通貨危機の裏側を赤裸々に暴く 『国家が破産する…

  • 5

    香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

  • 6

    母親に育児放棄されたチーターが、犬の「代理きょう…

  • 7

    200万年前の氷が採取されて2年、地球の気候変動に関…

  • 8

    文在寅政権の「自滅」を引き寄せる大統領側近らの忖度

  • 9

    ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった…

  • 10

    中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

  • 3

    「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

  • 4

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 5

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 6

    「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

  • 7

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 8

    ラグビー場に旭日旗はいらない

  • 9

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 10

    アメリカが韓国に「最後通牒」......日本との安保対…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!