コラム

中間選挙で、もし上院が与野党同数になったら?

2018年11月06日(火)19時00分
中間選挙で、もし上院が与野党同数になったら?

民主党の選挙運動にはオバマ元大統領も駆り出された Mike Blake-REUTERS

<上院が50/50で与野党同数になった場合、次の選挙までの2年間、トランプ大統領は困難な議会対策を迫られることに>

アメリカの中間選挙は、下院が民主党多数という情勢の一方で、上院の過半数を与野党のどちらが取るかが焦点になっています。非改選議席を含めた投票直前の情勢としては、様々な世論調査や、その平均値を公表するサイトなどの見解を総合すると、

▼民主党......ほぼ固めた議席47、やや優勢3
▼共和党......ほぼ固めた議席48、やや優勢2

という状況になっていると考えられています。

このうち、民主党の「やや優勢」は、

▽ネバダ州......共和党現職のヘラーと、民主党新人のローゼンが接戦、最終段階ではやや民主にモメンタムか。

▽アリゾナ州......新人女性候補の一騎打ちは互角の接戦。最後に来て、シネマ(民主)が、マクサリー(共和)をやや上回ったか?

▽ニュージャージー州......ベテランのメネンデス(民主)は安泰と思われたが、選挙への関心が高まるにつれて「汚職事件の灰色決着」が嫌われ、支持が低下中。但し、地盤としては強固なので逃げ切りか(?)。

共和党の「やや優勢」は、

▽テネシー州......新人同士の戦い。当初は民主のブレデセン優位でスタート。最高裁判事への保守派指名でブラックバーン(共和)が逆転。今回の小包爆弾やユダヤ教礼拝所襲撃で、再び民主党が追い上げ中だが届かないか?

▽テキサス州......元大統領候補の現職テッド・クルーズ(共和)に、起業家のビト・オルーケ(民主)が猛追。一度も追いついたことはない中で届かず終戦か?

となっています。その他にも、フロリダ、インディアナ、ミズーリなど、民主党優位が伝えられている州でも予測は困難です。個人的な感触としては、地元ニュージャージーで民主党現職(メネンデス)落選というサプライズの可能性が否定できないので、予想というのは大変に難しい状況です。

それはともかくとして、上記の「やや優勢」がそのまま結果につながった場合には、「どちらも過半数が取れない」つまり、最終の議席数が50/50という可能性は否定できなくなって来ました。とりあえず、その「与野党同数」という場合になったら何が起きるのかを考えてみたいと思います。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

ライトハイザーUSTR代表、対中関税保留発言報道を

ビジネス

英ポンド急落、ブレグジット懸念で円とドルに安全買い

ビジネス

米小売売上高、10月は0.8%増に急回復 ハリケー

ビジネス

米利上げ、慎重に進めるべき=アトランタ地区連銀総裁

MAGAZINE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

人気ランキング

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    BTSはなぜ「原爆Tシャツ」を着たのか?原爆投下降伏…

  • 6

    人肉食が予防した不治の病

  • 7

    期待の中国でも販売シェア半減に 韓国現代自動車は…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 10

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 1

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓国大法院判決全文の熟読で分かったこと

  • 2

    【動画】本当に飛んだ、ドバイ警察の「空飛ぶバイク」

  • 3

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 4

    金融庁も激怒した、日本の投資信託のイケてなさ

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 8

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    離陸前のインドネシア機から乗客脱出 荷物室にあっ…

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 3

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 4

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    安倍首相はよく耐えた!

  • 7

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 8

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!