コラム

香港学生リーダーを捕まえる「邪悪な竜」の長い爪

2016年10月13日(木)17時50分
香港学生リーダーを捕まえる「邪悪な竜」の長い爪

<香港の学生運動のリーダーがタイ入国の際に警察に拘束され、国外追放となった。最近、中国共産党は弾圧の手をタイにまで伸ばしている>

「雨傘運動」で活躍した香港の著名な学生リーダー黄之鋒(ジョシュア・ウォン)が、バンコクで76年に起きた学生運動の40周年記念活動に出席するため当地に向かったのは10月4日のこと。ところが思わぬことに、バンコクの空港に到着すると彼はたちまちタイ警察に拘束されてしまった。

 全世界が注目する中、12時間の拘束の後、ウォンは国外追放処分になった。香港に到着後、ウォンは記者に対して拘留時にタイ警察から「どのようにでも処分できる」と威嚇されたことを明らかにした。国外追放にあたって、タイ当局は出入国に関する法規によってウォンの入国を拒絶し、すでに彼をブラックリストに入れた、と文書で告知した。

 ウォンの拘束を知った時、私がまず思ったのは「彼は中国に送還されて、中国中央電視台(CCTV)で謝罪させられるのか?」ということだった。事件の展開を見るに、タイ政府のやり方はまるで中国政府による反政府派の弾圧のコピーだ。

 ここ数年来、タイは中国政府と協力して悪事を繰り返してきた。タイに逃れた数人の反政府派中国人は、国連高等難民弁務官事務所で政治難民の登録をしているにも関わらず、中国に送還される運命をたどった。香港・銅鑼湾書店の店主も中国警察によってタイから拉致された。

 今回、ウォンは中国当局に捕まえられ、中国のテレビで罪を認めさせられることはなかった。しかし、中国共産党という邪悪な竜の爪はすでにかなり長く伸びている。次に彼が捕まらないと、誰が保証できるだろうか。

プロフィール

辣椒(ラージャオ、王立銘)

風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

ニュース速報

ビジネス

トヨタとKDDI、新たな資本・業務提携に合意

ビジネス

日経平均は5日続落、2万3000円割る 米感染者最

ビジネス

三井物産、コロナの収益下押しは当初見込み比3割減 

ビジネス

村田製作所、営業利益予想を上方修正 スマホ「巣ごも

>

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    菅首相は安倍首相に続き自滅か

  • 2

    米総領事館に亡命申請にきた十代活動家を香港当局が拘束、米側は亡命を拒絶?

  • 3

    日本で研究不正がはびこり、ノーベル賞級研究が不可能である理由

  • 4

    日米豪印「クアッド」に走る亀裂──多国間連携で「反…

  • 5

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の…

  • 6

    新型コロナ感染の後遺症で脳が10歳も老化する?

  • 7

    新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

  • 8

    キリスト教福音派で始まった造反がトランプの命取りに

  • 9

    コロナ第3波で冬を迎える米国、シカゴの飲食店ではこ…

  • 10

    中国共産党化する日本政治

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 3

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 4

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    菅首相は安倍首相に続き自滅か

  • 7

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

  • 8

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 9

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 10

    新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!