コラム

スマホ越しの悪魔祓いもあり 現代の「エクソシスト」のリアルに迫る

2017年11月17日(金)16時30分

フェデリカ・ディ・ジャコモ監督『悪魔祓い、聖なる儀式』(c)MIR Cinematografica – Operà Films 2016

<これまで外部に閉ざされてきた悪魔祓いの儀式。悪魔祓い師と悪魔祓いを求める信者の姿の向こうに今が見える>

現代のイタリアで前時代的な儀式と思われていた悪魔祓いが広く普及していることは、だいぶ前から伝えられていた。ヴェネチア国際映画祭のオリゾンティ部門最優秀作品賞に輝いたフェデリカ・ディ・ジャコモ監督『悪魔祓い、聖なる儀式』は、そんな現代の悪魔祓いに迫るドキュメンタリーだ。

女性監督ディ・ジャコモは、シチリア島のパレルモにある教会で行われている悪魔祓いの儀式を映し出すだけではなく、悪魔祓いを求める何人かの信者とその家族を追い、彼らの日常にも目を向ける。この映画にはナレーションもテロップもない。その解釈は観客に委ねられているが、構成や編集からは独自の視点が浮かび上がってくる。

押し寄せる多くの信者たち

映画は儀式のシーンから始まる。教会の一室で、こちらに背を向けて椅子に座る女性に対して、神父が祈りの言葉を唱え、聖水を振りかけ、首にかけた紫色のストラ(頸垂帯)を女性の頭にかける。すると彼女が呻き声をあげ、「彼女は私のものだ」と叫ぶ。その光景は、私たちが映画『エクソシスト』などから想像する悪魔祓いに近い。しかし、そんな儀式のイメージはすぐに揺らいでいくことになる。

私たちが次に目にするのは、教会の受付で集まった信者たちが、神父との面会の予約をめぐって揉めている光景だ。教会側は、パレルモ以外の遠方から来た信者を優先すると説明するが、早朝から教会に来て待っていた信者たちは納得できない。この教会は、押し寄せる多くの信者たちに対応できなくなっている。

その後に始まるミサも、明らかに普通のミサとは違う。神父は、信者のなかに憑依された人が数人含まれているが、兆候が現れても祈りをつづけるようにと前置きしてミサを始める。神父が悪魔を追い払うための祈りの言葉を唱えると、実際に何人かの信者が呻き声をあげたり、暴れ出したりする。すると他の神父や助手がそんな信者に駆け寄り、十字架をかざす。

そして、もっと驚かされるのが、電話による悪魔祓いだ。神父は、電話の向こうから冒涜的な言葉を吐く信者に対して祈りの言葉を唱える。この神父にとって、そのような悪魔祓いは必ずしも珍しいことではないように見える。なぜなら、自ら儀式に区切りをつけて、相手に「よいクリスマスを、君の夫にもよろしく」と告げて、電話を切るからだ。

悪魔祓いから解放の祈りへ

では、ディ・ジャコモ監督は、こうした奇妙にも見える儀式を通して、なにを掘り下げようとしているのか。そこで参考になるのが、トレイシー・ウイルキンソンがジャーナリストの立場からイタリアにおける悪魔祓いに迫った『バチカン・エクソシスト』だ。本書ではまず、最も有名なエクソシストとされるガブリエーレ・アモルス神父の話を足がかりに、悪魔祓いの儀式が検証されていくが、そこに以下のような記述がある。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

ニュース速報

ワールド

緊急事態判断、「強いメッセージ」必要と専門家が指摘

ビジネス

ホンダの今期、営業益横ばい見込む 販売回復も原材料

ビジネス

第1四半期末の中国投信販売残高、アントが首位=業界

ビジネス

暗号資産、マスク氏ツイートで乱高下 ビットコイン週

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 2

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大学などの研究で判明

  • 3

    インドのコロナ地獄を招いた張本人モディの、償われることのない重罪

  • 4

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 5

    コカ・コーラ、マッキンゼー、ソニー...... ミャンマー…

  • 6

    インドで新型コロナ患者が、真菌感染症(ムコール症…

  • 7

    インドの空港倉庫に国際支援物資置き去り 「どこに…

  • 8

    米物価上昇が意味すること

  • 9

    「話すことが苦手だった」メンタリストDaiGoの人生を…

  • 10

    バブルを生きた元証券ウーマンが振り返る日経平均の3…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 4

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 5

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 6

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

  • 10

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中