コラム

GoToは全廃が筋

2020年11月21日(土)21時00分

実際、人気のある高級旅館は、100%とはいかないが、8割方客は戻っており、GoToのおかげで、優良顧客の常連さんが、混んでるなら行かないということで、GoToの客に押し出されてしまって迷惑をこうむっているという声は強い。人気がやや劣る高級旅館は助かっており、日本人が行かなくなった安いだけのインバウンド向けの宿などは、GoToで一息つけて大変ありがたがっている。そういう構造だ。

飲食も同じで、人気店は予約がとれなかったのが、予約が取りやすくなり、普通に回っていたのだが、GoToで余計な客が押し寄せ、客単価が下がって迷惑している。一方、人気店が予約でいっぱいなので仕方なく人々が行っていた二番手の飲食店は、コロナで、人気店に行きたい人が行けるようになって、流れてこなくなり、悲鳴を上げていた。そういう店は、GoToで客が戻り、非常に喜んでいるそうだ。

地味な高齢の常連さんで細々やっていたところは、何をしようがあまり変わらない。人々の感情的には、そういう店こそ助けたいのだが、そこにGoToは関係ない。あざといサイトとチェーン店とさらにあざとい客が税金の恩恵を受けているだけだ。


そもそもが間違いだった

第三に、もともと、GoToという政策が間違っている。4月に、適切に恐れ、適切に対応すれば十分なのに、緊急事態宣言を知事たちとメディアが求め、それに人気取り政策で政権が応じてしまったことが間違いで、もともと、あそこまで自粛する必要はなかったのだ。

しかし、日本国民は従順で臆病だから、知事とメディアとそれに登場する、欧州やニューヨークの例を挙げる間違った有識者に(まちがった知識を持っている人も有識者だ)、脅され、おびえて、自粛に励んだ。

しかし、この自粛カードは一回しか通用しなかった。

これは、欧米でも同じで、もはや全面ロックダウンはどのような状況になっても、人々は受け入れず、だから、政治もそれを実行はできない。

日本もまったく同じで、自粛要請は人気取り政策として意味がなくなったから、どの知事も言わなくなった。

過度にリスクを警戒しすぎたが、基本的には自分たちの立場で感染症のことだけ考えてバランスの悪い提言をし続けてきた専門家たちは、今度も感染対策を最優先として提言する。

このアドバイスを政権が聞くはずもないし、メディアに押されて部分的に聞き入れたアリバイ作りをするだけだろう。

プロフィール

小幡 績

1967年千葉県生まれ。
1992年東京大学経済学部首席卒業、大蔵省(現財務省)入省。1999大蔵省退職。2001年ハーバード大学で経済学博士(Ph.D.)を取得。帰国後、一橋経済研究所専任講師を経て、2003年より慶應大学大学院経営管理研究学科(慶應ビジネススクール)准教授。専門は行動ファイナンスとコーポレートガバナンス。新著に『アフターバブル: 近代資本主義は延命できるか』。他に『成長戦略のまやかし』『円高・デフレが日本経済を救う』など。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

太平洋の警察活動に「中国の役割ない」、豪担当相が表

ワールド

政治資金パーティー、首相在任中は開催せず=岸田首相

ワールド

タイ製造業生産指数、1月は16カ月連続の低下 自動

ビジネス

日経平均は続落、米株安や日銀正常化を警戒 底堅さも
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行される

  • 2

    中国株の暴落が止まらない 外国人投資家はほぼ撤退

  • 3

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で犯した5つの失策

  • 4

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 5

    在日外国人と日本社会の共生努力を後退させる右派の…

  • 6

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 7

    NATO軍とロシア軍がウクライナで直接衝突する可能性…

  • 8

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 9

    生涯賃金から見える日本の学歴格差、男女格差、地域…

  • 10

    ゾンビ映画の父ジョージ・A・ロメロは「ホラーで社…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 3

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中国のあまりにお粗末な防災意識

  • 4

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 5

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 6

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 7

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 8

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行…

  • 9

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 10

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑…

  • 1

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 2

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 3

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 9

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story