最新記事

シリーズ日本再発見

日本でキャンプ人気再燃! 今度こそ「大丈夫」と期待される理由

2019年07月23日(火)16時50分
高野智宏

キャンプ場の18%が「外国人が増えた」

この好機を逃すまいと、キャンプ場もさまざまな仕掛けで新たなニーズを掘り起こそうとしている。

埼玉県の「長瀞オートキャンプ場」は、女性専用のシャワールームにオムツ替え&授乳所、女性専用のパウダールームも設置するなど、女性がキャンプ場に対して抱いていた不満を解消。さらには女性限定の「ガールズキャンプ」を開催するなど、女性キャンパーの開拓に余念がない。

また、茨城県の「大子広域公園オートキャンプ場」では、子育てが一段落しキャンプを休止していた50代以上の世代に向け「オヤジキャンプ」を提案。3年前の初回は20組程度の参加者だったが、今年は100組以上が参加と人気イベントに成長しているという。

加えて、昨年ついに過去最高となる3000万人を超えた訪日外国人だが、キャンプ場にも徐々にその影響が出始めている。日本オートキャンプ協会に加盟するキャンプ場の18%が「外国人が増えた」という印象を持ち、昨年は1施設当たり平均して約60人の外国人客が訪れたというのだ。

さらには今年9月、キャンプの世界的組織であるF.I.C.C.の世界大会が福島県の羽鳥湖高原で開催される。「世界中からキャンパーが集結します。福島が震災から着実に復興していること、そして、日本には観光地だけでなく素晴らしいキャンプ場も各地に存在することを世界にPRできる、絶好の機会となるはずです」と、堺さんは期待を寄せる。

約20年ぶりに訪れたキャンプブーム。自然とその不便さを楽しむアナログな行為を醍醐味とするキャンプの魅力を、動画投稿サイトやSNSといったデジタルなツールが広めているのは、ある意味では皮肉だろう。しかし、その爆発的ともいえる拡散力が、第一次ブームをしのぐ規模のアウトドアムーブメントを創造するかもしれない。

japan_banner500-season2.jpg

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそも日本が「4月入学」になった理由とは?

  • 3

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 4

    経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で…

  • 6

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 7

    コロナ禍で予想外なほどルール遵守のイギリス人に驚き

  • 8

    「検査と隔離」もウイルス第2波は止められない 米専…

  • 9

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 10

    ノーベル賞受賞者が異を唱える──政府は、疫学者の予…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 10

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!